バス・船舶硬券切符ジャーナル

主として民営バス・船舶・ケーブル等、普通の鉄道以外の古い硬券切符情報です

硬券追究0041 函館乗合自動車

2017年05月14日 | 硬券追究

函館乗合自動車

渡島・桧山地区のバス事業者は戦前から既に多かったが、太平洋戦争による物資の不足を受けて、北海道の統合要綱に基づき、
乱立14事業者統合により昭和18年に函館乗合自動車㈱が設立されました。実際の営業開始は昭和19年6月からでした。
昭和26年に、函館バスに改称されます。

函館乗合自動車の年代に合致したものではないのですが、あまり売れない区間だったのか、旧社名の残券を使っているものがありました。


昭和33年 B型硬券 赤PJR地紋 区間式  旧社名残券 旧字

社名変更後7年も経過して、「函館乗合自動車」の残券を訂正せず使っていました。
通常券だとは思いますが、運賃表示もありません。

実際は「函館バス」時代のものです。たまたま。これだけありました。

次回は、その「函館バス」を特集します。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 硬券追究0040 小川久回漕部 | トップ | 硬券追究0042 函館バス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。