藤竹金属工業所、ホームページ(仮)へようこそ!。

藤竹金属工業所ホームページ(仮)です。
初めてのご来店の方は、カテゴリーの「はじめに」からどうぞ。

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画①。

2016年07月11日 | XT500
大変ご無沙汰で御座います・・・。

「たしか・・・まだ雨期、でしたよねぇ・・?」 なのに、この太陽・・・。
                サンマの季節が待ち遠しい・・・。 八月生まれの夏ギライ・・・ フジタケです・・・。

暑い。→ アイス食う。→ ノド乾く。→ 何か飲む。→ バテる。= 夏バテ。 の法則、
最近 気が付いちゃったっす・・・。

・・・・さてさて。
ちょびちょびと、当ブログにて紹介して居りました、 「TT500・足長計画」 も、ほぼ(?)完了~。 
という事?で・・・。  今回から、より細かく、紹介させて頂きます~。

元々、オーナー様は、SRベースの車両で、VMX(ビンテージモトクロス)されておりましたが、
新たなステップ(?)と致しまして、 純血なオフローダー・TT500ベースで、車両を制作してゆきます~。

車重も、きっと軽くなる・・・ハズ・・・。

世界的ブーム(?)、でもあります(?)、「HL500」風味。 で 進めて参ります~。


という訳で、入庫の際は、ほぼSTDな TT500 でありました・・・。
コレはコレで、とてもイイ雰囲気です・・・・。   TTオレンジは、とってもイカシますな~。


さっそく、ぎゃんぎゃん 進めます・・・。
オーナーズ希望にて、ホワイトブロス製・S/Aを、少々長く致します・・・。

一言で「長くする。」ですが・・・。 
ドコでドオ長くするか・・・?。 飛んだり跳ねたりの強度は・・・?。 イロイロ考えましての、こんな結論・・・。

きっと、ちぎれ飛んで行く事は・・・・無いはず・・・。 


最後に、横に補強の板を貼まして・・・。 フタして、完成~。

一度、前後を切り離してしまうので、治具も、それなり(しっかりと!)に、寸法と合わせます・・・。


次~。
スイングアームにあわせて、リアホイールの取り付け作業、進めます~。
ベアリングも交換いたしまして・・・。

新品のリム。新品のスポーク・・・。  ああぁ~とっても、キモチがイイ~。


アクスルシャフトの径に合わせて、カラー類を製作~。
コノ年代のリアブレーキは、パネルがフローティングマウントなので、ソコの軸は、鉄で製作・・・。
「やっぱフローティングマウントしたい!」の要望に対応できる様にしておきます・・・ 念の為・・・・。


そして完成~。   
厳密には、その後、サスのマウント位置を変更。 致しますんですが・・・・。


次に前足を、長くします。
元々の、TT500と、今回装着します、YZ250のステム周りの寸法が、ものすごく近い・・・という・・・。 
ヤマハ・あるある。 でございます・・・。

前周りは、ステムさえ合わせてしまえば、比較的らくちん。 になっております・・・。
あとは、タンクに合わせて、ストッパー位置を調節・・・です。

しっかし・・・。  ほぼ、フレームとエンジンにしか、用は無い・・・ という・・・。


長さ方向だけの、調節用「カラー」を制作しまして、  無事完了~。
定番(?)の 83’(たしか…)の、YZ250、前周りを装着。 
ツーリィーディングのドラムパネルも、もれなく付いてきまして、とて~も カッコよろしくなります・・・。


持ち込んで頂いた、レバーホルダー、ワイヤーを、合わせますと、ど~やっても 引き切れないので、
ひっぱりアダプターを SUSで製作・・・。 

細かい作業が、地味ーに時間が掛かります・・・。  ちゃ、りーん・・・・。


さ、気を取り直しまして・・・。    どんどん進めます~。
HL500レプリカを 造る時での定番~。  古~いYZ125、アルミタンクを加工致します~。
まずはマジック・ラインで 裏蓋を大胆に、カット 致します・・・。


「パカッ」と・・・。   今のうちに、 オモテ面の 凹みを 内側から叩いておきます~。
あとは、フタして完了。


フレーム側の、「取り付けステー類」はこんなカンジ・・・。
エンジンのマウントプレートに、 マッチ棒の 先っぽのような ゴム足を付けまして、
タンク、左右の 傾きを 規制いたします・・・。


そして、装着完了~。  
振動のある車両だし・・・。 と、 アルミタンクだし・・・。 で、ラバーマウントしちょります・・・。
きっと安心~。


という訳で、今回は以上で・・・。

まだまだ 続きます~。
ではまた次回・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の「藤竹金属工業所」、その105。

2016年06月16日 | その他。
毎度? でございます・・・。

雨期に入りましたね~・・・。

出不精には、「こんなイイ天気なのに~・・・」ってな罪悪感が、 和らぐ期間・・・。
                              基本、 引きこもり・・・。 フジタケです・・・。

天気の悪い週末は、諦めもついて・・・。 内職が はかどるはかどる・・・。


さてさて・・・。
今回は、少々おひさし? な、 「最近の~」 でございます・・・。

実は、 毎日。 ひそひそ・・・と 働いております・・・・。
そんな 結果報告。 な、今回。 でございます~・・・。


前に作業させて頂きました、勝手に命名「マチレトン」号。 再び、入庫でございます・・・。
前のレースで判明いたしました、「ネガ」部分を、手直し してゆきます~。

そうやって少しづつ、完成度が高まって行く・・・。 わけですね~。
細かい積み重ね・・・。 なんですね~・・・。


大きな部分では、 まず ステップ位置を、限界(?)まで 下げます・・・。
ので、 プレート部を 造り直します・・・。

バー位置が下がると、ペダルの「踏んづける位置」も、変わりますので、
そこんトコロも調節範囲内に納めつつ・・・。


シフトペダルは 少々問題アリ・・・。   
ペダル軸と、バーの位置関係が あまり良くないカンジに、なってしまいまして・・・。

踏んづけると近くなり、蹴り上げると遠くなる。 という・・・。 
「タッチ」は少々クセがありそうな・・・?。  ありそうな・・・!。

特に旧車は、シフトのストロークが長め(遊びが無くなってから、ガッチャン!とギアが入るまでが。)な、
事もありまして、踏むトコロを、二階建て方式。にしてみました・・・。

ここも、実際走ってみて、イイ塩梅。なトコロを調整してゆく・・・というカンジでしょうか・・・。


ステップ下げ。プラス、 シート座面も上げて、ヒザの曲りを最小に・・・。 作戦です~。

いいインプレ が聞ければ良いのですが・・・。    はてさて。


続きまして・・・。
883、マフラー製作させて頂きました~。
エキパイのラインは、「こんなカンジで!」の資料を頂きつつ・・・。
サイレンサーも、持ち込んで頂いて、 で、コンナ塩梅でございます~。

なかなかシンプルで、いいライン・・・では、ないんかいな? と…


リアバンクのエキパイ長が、 自己最短記録、更新でございます・・・。

性能をあまり考えない(?)、 デザイン重視の マフラー形状って、 もう無限大だな~・・・。  
ってしみじみ・・・。   ドキドキ・・・。  わくわく・・・。


次に、 テンプターのダブルパネル から、 カンリンさんに 変更作業で御座います・・・。
ホイールカラーのみ で終了~。

ドラムブレーキって、 やっぱり(ど~やら)カッコエエ・・・・   な。


キャリパーサポート、製作致しました~。
最近の私的トレンド・・・?。  剛性を少々考えまして、肉厚、厚め。で、こさえとります~。

基本、丸っこいモノがスキ。なので、 金属なサポートも、Rをつけて丸っこく、柔らかいカンジで・・・。
って イメージ。 なのですが・・・。


取り付けて、こんなカンジです・・・。
ホンダ系(?)の ボトム形状のサポートは、 少々~やっかい で御座いますね・・・。

でもでも。  仕事なので、ガンバルのみ なのでございやす・・・。



以上、そんなこんな な、 ここんトコでございました~。

ではでは、 また次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デモSR、製作記⑦。

2016年05月30日 | YAMAHA-SR
毎度でございます。

全くもって 個人的・・・。  ガソリン の値段 って、 ほぼほぼ 気にしたことが無い・・・かな~?
な、 クルマはレギュラー。  バイクはハイオク。  人間はビール・・・(?)。  下戸・フジタケです・・・。

だって、 高くとも、 ガソリン入れなきゃ 走らないのだもの・・・。    って、スタンス・・・。

・・・・・さてさて。
今回は イベントに向けて、連休中にガンバってました、「デモSR・製作記」でございます・・・。

フロントの、ゼッケン周りを こさえてみました・・・。  という訳で、デモ車は、クローズドコース、専用車です・・・
そんなこんなで、今回は「言い訳。」多めで 参ります~。

これからの、「羽話し。」 性能には 一~切、効果はございません・・・。
単なる 「重量化。」話で、ございます・・・。


まずは、「なんで?羽付き?」という お話から・・・。

四輪の足回りでは、けっこうポピュラーな、エアロチューブ(翼断面)パイプ・・・。
昔から・・・「単車のドコかに、つかえねっかな~?」とは、日々考えつつも、時は流れ・・・。

オートバイって、上下。前後。には、長ーいモノはあっても、横方向に ながーいモノって、サイドカー以外、
そうそう出会わなかったもので・・・。ええ。

そして、そしての、ここんトコの MOTOGP・・・。 あれ? 羽生えてるじゃ~ないですか!。 ・・・と。
「そっか。 んじゃ アタシのSRにも 羽、生やそう~!。」
という、とっても「ライト感覚。」で、 作業、スタートでございます~。


まずは、フレームにボスを 製作・溶接。 
ステムシャフトの干渉も考えつつ、 いちいち メンドクサイ(?)工程を踏みます・・・。
デモ車。な、もんで・・・。


そこに、イイ感じに 「S字」コイてる、 クロモリパイプを メイン骨組みにします~。
あえて、重たい「鉄」 で造る・・・。  デモ車。な、モンで・・・?え?。


「羽、可変にしたら、っぽくないか~?」 という訳で、可変軸を こんなカンジに・・・。
マジメに、悪ふざけ します・・・。   デモ車。 な、もんでい。


振動の多いオートバイなので、 先端の プルプル加減を 考え、一応 ラバーマウンチにて・・・。
羽の、段々さ 加減も、昔のF1 っぽいイメージで・・・。


ロットエンドで、 無段階・可変へ~。    
確実に、 重くなってゆく・・・・予感・・・。


金属加工屋なもので、 ゼッケンベースも アルミで製作しました~。
フチの 型紙 造りが、けっこう苦労・・・ 致しました・・・。 ココだけの話・・・。


そして、メーターのステー。  ゼッケンベースのブラケット・・・。
骨格を 鉄に してしまったモンですから、 こちらも鉄で製作・・・溶接・・・。
確実に、 重くなってゆく・・・・確信・・・。


メーターの「マイクロン5」の 電池を考えまして、ゼッケンベースは、 ゴムで 「ぷりっ」と、
刺さる仕様にしてみました~。    工具いらず・・・。  
どこか、飛んで行っちゃいそうでしたら、後でRピンを 刺しとく事にします・・・。


おおよそ、付けるモノも 着け終わりましたので、気合いを入れて、 軽量加工に 励みます・・・。
ガンバった割りには・・・。  劇的には・・・。  世の中、そんなに・・・。


ついでに、 ハンドルストッパーも こさえます・・・。  二階建て方式にて・・・。
こちらも 鉄で・・・。


羽・話し。 に、戻ります・・・。
ダウンホース← を、マシマシ にする為、 サブ羽(?)を 造ります~。
ここは、端材の チタン板にて・・・(ここに来て、急に「軽さ」に目覚める♪。)


縦の 風きり板を 止める用に エアロチューブ内に ねじを切った板。 を搭載・・・。
あ~も~。 どんどん 重くなるわ~。  と・・・。


そしてそして。   縦板を、こさえて、ひとまず 完成~。
ヘンなの、できた~♪。。


んで、こんなカンジです・・・。  どうなんだろ・・・?。
ま。 新たな チャレンジ。 という事で・・・。


メーターは、「マイクロン5」で、行ってみます・・・。
マイクロン、3~4 を、知っているヒトは、 「5」の 高性能(?)っぷりに、「感動~♪」している様で、ございますが、
「5」が「初めて♡」な、ワタクシ・・・。  感動は 少なめ・・・ となっております・・・。
我ながら・・・。
何時、動くんだろうな~? と・・・。 「6」が出る前には動かしたい・・・ナ。とおもう、今日この頃・・・。  
そんな、お話・・・。


という訳で、長々と書きましたが、 こんなん、 造ってみました・・・。 報告でございました。

前にも書きましたが・・・。  
ヒトそれぞれの、いろんな「カッコイイ」がありまして・・・。

「カッコイイ」モノを 造るって、  むずかしいな~・・。と、毎度、感じつつ・・・。
でもまぁ、 自分の中にある「カタチ」しか、 発想できないし、造れもしないので・・・。

ままま。  実験的に、イロイロやってみます・・・。


そんなコンな な、事後反省もしつつ・・・。    今回は以上で~。

では、また次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SRミーティング2016 in 静岡・デイトナ、テストコース~。

2016年05月24日 | YAMAHA-SR
毎度(?)でございます。  ・・・きっと。

最近のワタクシめ。  気が付きましたら 乾電池、ですら~、 アマゾん・・・で・・・。
                                   ぽちぽッチ・中毒・・・。  フジタケです・・・。

あー。  ちゃんと、地元に お金、落とさなきゃだわ・・・。


・・・さてさて。

今回は、毎年恒例であります、「SR・イベンツに行って来ました!」の巻。で御座います。

今回より、会場が、静岡県の周智郡。変わりまして、関東チームは、1時間ちょっと、遠くなってしましました・・・。
んが、
道中の 新東名のサービスエリア群が、キレイで、とてーも充実しておるので、 まぁ、ヨシとしましょう~(?)。 

そんなこんなで、快適に会場に到着・・・。
天気も良く、 まちがいなく イベント日和な、日曜日。 で ございました~。


そして、手慣れたカンジで、設営完了~。 
看板のポップ書き。 も終らせ、来場者を待ちます~。   
「やかまし~ぃ!。」のが、どんだけ来るのかな~?と・・・。


そして、もわっと、集まってきています~。
テストコースだけありまして、コース上に、キレイに、車両が並びました~。


一台一台、車両の、 ダメだし チェック。 しやすそうですね~。


コッソリ造ってた(?)、サムソンブルーさんトコの車両・・・。
「イメージを形にする」って、労力だけでも、アッパレ!です・・・・。
あたらしい事、してますね~。  イイじゃないですか~。


メーターも、がんばってる!。 ステキ!。 (載せときましたよ~。若!。)


そして、おひさしブリー・・・な、 「マーベラス号(仮)。」 
オーナーさんとも お久しぶりで、近況ばなし、ナドナド・・・  話がつきません・・・。

そんな、「おひさしぶりです~!」 ってのも、 イベントの楽しみドコロの、ひとつ。でもありますね~。


そんな、「マーベラス号(決定)。」の、オーナー様と、 ご来場車両、言いたい放題・パトロールで、御座います・・・・。

まずは・・・。
ヒュエールホースが、ステキです・・・。   昔、こんなストローがあったような・・・???。


あとは、「セパハン」がとても、多い気が・・・。 した様な・・・???。

しかも!。    スゲー、ハンドルが低い・・・。
さらに!。    シボリ方が、 ハンパない・・・。
おどろきの!。  ハンドルの切れ角・・・・。

「ああぁぁ~。  若いって スバラシイ~・・・。」  という、結論・・・。

写真の車両は、 
「そのブレーキ周りに、17インチが、ステキ。」 が、ポインツです・・・。


わたくし事・・・。
今回の出し物は、デモ車両の「フロント・ゼッケン周りを、造ってきました~。」 です。
「ワルふざけ。」のウイングは、後日、詳しく 言い分けさせて頂きます、ゆえ・・・。

「イベンツ」という、「おけつ」があるからこそ(?)、作業が進んでいる・・・てか、
進めざる得ない? な、カンジなので・・・。 
自分の「おけつ」を 叩くには、「SRイベンツ」、 いい~機会です・・・。


ダメだし← パトロールも、 2~3週しまして、毎度「ほったらかし」の、自分のテントに帰還し、ひと休み。
で御座います・・・。

そんなこんなで。
おひ様も、西に傾きまして、楽しいイベンツも、 撤収タイムで御座います・・・。
また来年。 ですね~。

そしてそして。 毎度毎度、 主催者さま、並びに関係者さま。 今年も、大変お世話になりました。
お疲れ様でございました~。

きっと来年も、またお世話になってしまいます~。  宜しくどうぞ~。


という訳で、今回は 以上で。

ではまた次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IT490、直して乗るぞ、計画、②。

2016年05月09日 | その他。
毎度でございます。


今ごろの季節・・・。
日々、どのタイミングで 「ヒートテックを脱ぐか?」と、葛藤しちょります、
                「さむいよりは・・・若干、汗ばんだ方が イイんじゃん???」派、 フジタケです・・・。

なので、まだまだ 装着中~。  の身。


・・・さてさて。

今回は、番外編と致しまして、ブログ・ネタ不足の為、 フジタケの、モノ持ち自慢にお付き合いくださいませ・・・。

という訳で、ヒソヒソ。 ぼちぼち。 コソコソ。 ルンルン♪。 と、進めて参りました、
「IT490、 できました報告。」でございます・・・。

少々(?)、独り言が続きます・・・・。   です。      しばしの・・・・。


まずは、 ワタシの所に、お嫁に来た状態・・・。  今考えますと、そんなに程度は悪くなかった(?)です~。

「IT490直して乗るぞ計画、①」 を書いたのが、 2010年の 2月。 という事が判明・・・。
んま~。 時が経つのは・・・・。


そんなこんなで・・・。
わたくし、ばいくイジリに 飢えていたのか・・・?。  突然、スイッチが入りまして・・・。
そのままで、ほおっておけるスペースを確保。 致しまして・・・。 ばらし始めます・・・。


みがいて、うるおい与えて、油替えて、ゴム替えて・・・。    部品、ヤマハに注文して・・・。
なんつって、楽しい ひと時 であります・・・。


「ITの490と言えば、 白リム、だよな~・・・。」 なんて思いつつ・・・。
我慢できずに、 黒く染めてしまいました・・・。    

わたくし、 スポークリムは 組めませんので、 バイク屋さんに、お願いします・・・。
ついでに、 大大大・・・・ 不得意の、  ビードストッパー + チューブの、タイヤ組みも 
お願いしちゃいまして・・・。

未だに、組む順番を把握しておりませんでして・・・。 「おぼえようとしていない。」とも言う・・・。


さっそく、装着致しまして・・・。
「やっべ~、 黒リム、チョー カッコエエぜ~!   むふふふふ・・・。」
と、独りで テンション上げまくり。 であります・・・。  とんだ「しあわせヤロー」な わたくしめ。


ここからは、 本職を 生かしましての 修理であります。
まずは、べコベコに へコみ、歪んでおります、 チャンバーを 修理してみます・・・。
自分のだし・・・実験実験~。   ダメなら イーベイ・パトロールだぜ~。  精神です・・・。


ひとまず、 溶接ラインで カットしまして、 芯金入れて、 ハンマーで、 ペコペコ叩きます・・・。
穴が開いちゃいましたら、溶接で 土木工事です・・・。


そして、 車体で合わしつつ、 溶接しまして、一応 完了~。


次にサイドスタンドの 根元を、修理します~。
なんで? こうなるのかしら・・・???。    サイドスタンドを 引きちぎるほど、の 爆走・・・?。

土地が無いので、  溶接で チビチビ、 盛りつつ、 「面」を こさえます・・・。
強度的に、サイドスタンド状態で、「ハングオン!」とか、 ムリなので、 優しく使うコトにします・・・。


ウイリーして、 ひっくり返ったのか?。
シートレールが  とんがったモノで、 ぐいぐい修正されちょります・・・。
ここも、 切開修理・・・。


塗りは、 缶スプレーにて・・・。  
「ツヤ有り」 は、やっぱ ワタシに向いてない。 と再認識・・・。   ビバ! ツヤ消し。
クリーナー・ボックス周りも、 バラしつつ、 磨きつつ、 組み立てる・・・。 
という、 バイクいじり を 満喫いたします・・・。


リアサスも オーバーホールから 帰還~。   バンプラバーは  ホンダのを 流用しました~。
イロイロ、何とか なるモンです・・・。


そして、可動部に うるおいを 与えつつ、組み立て。
「おおぉぉ・・・ モノサスの 動きって、スバラシイな~。」と 感動・・・。
ま。  30年前の 車両なんですけど・・・。


そして、 風化して 白っちゃけた外装を シコシコ 磨きつつ・・・。
ステッカーを 貼る。 という、  超~楽しい ひと時・・・。
と、同時に、 「あ~、 完成しちゃうな~・・・」 という センチメンタル・・・。


そしてそして、 GW明けに、 部品が 無事 届きまして、 オール・フニッシュ! でございます~。


GW中は、 別件で 全開作業しておりましたので、 まだ エンジンは かけておりませんが・・・。

2ストロークのクセに、 みょーに 長い、キックアームに、ビビッております・・・。
「どんな、ケッチン くるんだろ~?。」と・・・。
右足だけ、ちゃんとブーツを履いて 踏んでみる事にします・・・。

ワレながら、ついつい やりすぎちゃいまして・・・。
「なんか、ヨゴレるの、 イヤだな~・・。」 なんてな、感情も・・・  正直・・・。

まま。  汚れたら 洗えばイイや~。   と・・・。


以上、「IT490、 キレイに直しました~。」 報告でございました~。

ご清聴、ありがとうございました~。

後日、 「IT490、乗ってみました~。」 報告も できれば、と・・・。

「IT490、どシロウト には、ムリムリ!」 報告。 になるかも・・・???。


そんなこんなで。

ではでは。

また次回~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加