藤竹金属工業所、ホームページ(仮)へようこそ!。

藤竹金属工業所ホームページ(仮)です。
初めてのご来店の方は、カテゴリーの「はじめに」からどうぞ。

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画⑤。

2016年08月21日 | XT500
まいどでございます。

どうしてこうして・・・。    なんだかんだ・・・。     けっきょくやっぱり・・・。
                                      五輪寝不足・・・。 フジタケです・・・。

あっ! ちゅ~間に 終わっちゃうんですね・・・。    って感想・・・デス。

・・・・・さてさて。
そんなこんなで。 今回も、「TT500、足長計画。」で、ございます・・・。

今回で、ほとんど完成しちゃいます・・・。   ので、もう少々お付き合いくださいませ~。
では~。


という訳で、エアーフィルターを「囲うカベ」を、アルミ板でこさえます~。
一応、競技車両なので、軽さを考えまして、 薄めのアルミ板を 成形していきます・・・。

板に張りを持たせる為に、面にはリブ出し、 フチ部分は ちも~ち 折り曲げます・・・。
するとソコソコ、張ってくれます・・・。   そこそこ・・・。

止め方は シンプルに ウェルナットで・・・。    締めれば、ラバーマウンチ。ですし・・・。
「とりあえず、止まってて。」レベル(?) の所には、けっこうベンリ。でございます・・・。


そして、性格上、 ふたつを並べたくなってしまう。 訳で~ございやす・・・。

そんなに、取ったり外したり、する所では無い所には、 バンド締めでなく、けっこう好んでワイヤーで
縛りますワタクシ・・・。    
コレは昔~し、雑誌で見ました、AMAのダートトラック車両の、HDワークス・マスィーン。 の、まねっこです・・・。


「尾」が重くなるので、上から吊り下げます・・・。 
L字の細パイプは、 吊り用。 &~今後、CDI化するときの 電装取り付け用・・・・。の予定・・・。  
予定は未定・・・。


ゴム板で、「泥んコ避け」を 造りまして・・・。


OILラインに、 「泥んコ」が、バシバシ当たるのも忍びないので、ちっちゃい、アンダーガードを・・・。


ブレーキペダルの先端を、可倒式にし・・・。


んで、サイドの ゼッケンサークルを 造ります~。 
やわらかアルミなので、 とっても言う事を聞く(成形しやすい)、 おりこうさん。 でございます・・・。

フチ折りは、 ペンチで シコシコと・・・。


そして、フレーム側に、サークルを止めるステーを 製作、取り付けです・・・。
ここにも M5のウェルナット、3ヶ所止で ございます~。    便利便利~。


PP板を使いまして、 泥んこ侵入を 防ぐ カベを製作・・・。
きっとコレで、少々なマディ~でも、 ダイジョウV? な予定・・・。
予定は未定・・・。


そすて、 シートも載せまして、 完成~です。
シートのスポンジ、外皮は、 オーナー様手配。になっております・・・。

正確には 細かい部分を残しておりますが、 まぁ ヨシよしましょう~。
あとは、実際に走らせてみて、不具合がでれば、手直し・・・。 というカンジでしょうか・・・。

先日、オーナー様の元に、ペイントの為、タンクとサイドゼッケンを送りしましたので、
近々よりカッコ良くなった(!)車両を、紹介予定でございます~。

そんなこんなで、 一旦、「TT500・足長計画。」は完了。 で御座います・・・。
長々と、お付き合い ありがとうございました~。


ではまた、次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画④。

2016年08月13日 | XT500
まいどでございます。

「あるある」ネタが思い浮かばない・・・。   ので、ブログの更新が遅れぎみ・・・?。
                           んな程、 あるある・ネタ不足・・・。   フジタケです・・・。

ネタが無い事をネタにする・・・。    相当~重症? カモカモ・・・。


・・・・・さてさて。

前回同様、「TT500・足長計画。」の巻、進めて参ります~。

たぶん・・・あと2回は、「足長計画。」 予定でございます~。

もうしばらく お付き合いくださいまし~。

ではでは・・・。


という訳で、 前回からの続き、マフラー製作を 進めて参ります・・・。

こんなカンジ! の イメージと にらめっこしつつ、 筒径、長さ、取り付け時の雰囲気。を 妄想しつつ、
カタチを決めて行きます~。  

キライじゃない。結構たのしいヒトトキ・・・。


そして・・・。 
決めたサイレンサー位置に合わせつつ、 タイヤとのクリアランスを考慮しつつ、
テールパイプを繋げてゆきます・・・。

いつも思いますが・・・。 マフラー造ってると、腕が二本じゃ足りない・・・ぞと。
マフラーを凹まさずに、何とかイケそうです・・・。   えがった。


んで、パイプ類を先に本溶接しまして・・・。
イメージの様に、サイレンサーは「地面と水平なカンジ。」と、 シートレールの 「斜めに上がっていく感じ。」
に合わせまして、 サイレンサーの納まりは こんなカンジ・・・。


そしてそして。 
三角なスキマができたので、 ソコに、フレームをまる~くエグリまして、
ラバーマウント用のカラーを装着~。   そして、補強の三角板を前後に~。

純正っぽい 一体感が できたかな~???。


そうしまして、 本体にステーのBKTを くっ付けます~。 
  
本体を造るよりも、こういったステー類を造る作業が、けっこう~アタマも使いまして・・・
時間も、かかります・・・。     ガンバリどころです~。


そしてこんなカンジです~。    ビンテージ感、増して参りました~。
一応、振動の多い車両なので、ラバーマウントしときます・・・。


「狭いクリアランス」で通しましたんで、ぷるぷる振れて、フレーム類に干渉しない様に、
2か所で止めときました~。   きっと安心・・・。

これでマフラーは 完成~。    サビない様に、うるおいを与えておきます・・・。

さ~次、次~!。


スロットルのホルダーと グリップの間に、PPでスペーサをこさえました~。

個人的、スロットルは、離した瞬間に「スパっ!」と 勝手に戻ってほしい・・・派。 でございやして・・・。


そして、キャブレターに、ケーブルを繋ぎまして・・・。 
パワーフィルターを装着し、 次に、「フィルターを囲う、カベ。」を こさえて参ります~。

まだまだ、続きます~。

でも、あともう少し・・・。

ではまた次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画③。

2016年08月05日 | XT500
毎度でございます。

わ~い! ガリガリ君が 当たった~♪・・・。  
                 イヤまてよ・・・。 クルマを走らせて、替えに行く 時間とコスト・・・。  
                                  なんてゆー、  個人事業主脳・・・ フジタケです・・・。

ああぁぁ・・・。  少年のココロ は、いづこへ・・・。


・・・・・さてさて。
そんなこんなで、今回も「足長計画。」の巻でございます・・・。

刻みます・・・。
では、さっさとGO!~。   ポ・・・・・  GO~。


という訳で、シートとリアフェンダー周りの作業を進めます・・・。
タンクが長くなり、取り付け方法も、変わりましたんで、最悪、ベースをファイバーか、アルミで 
造りかえかなぁ~。 と覚悟しておりましたら、

意外と小加工でイケそうな雰囲気です・・・。  さすがノーマル・・・。


そんなこんなで、さすがに ステー部は 新造ですが、イイ感じに収まりました~。

さすがノーマル・・・。        自分のも そうしよう・・・。


シートが決まれば、フェンダーの納まりも決まる! っつ~事で、  
シートに合わせまして、レールを 叩き切ります~。


叩き切り後、改めて見渡しますと、 左右のレールの連結が、なんだかサミシイ・・・。

2本サスで、レールが縮こまる方向な、チカラが働くんでしょうから、板・補強しときました~。
メーカーは、 あえて その「しなり。」 も、サスの一部? と、考えているのかしら・・・???。


いざ、フェンダーを装着します・・・。   
横っ側は、パイプ先端の フタも兼ねてのステーで、位置は、さらっと決定・・・。

んが、うしろ側 2点の止め方で、少々悩みます・・・。


と、申しますのも、シートベースの 納まりが、あまりのも良い(ノーマルだから当り前?)ので、
んま~、スペースが ない・・・。  スキマなら、何とかある・・・。 
そんな状況でございやして・・・。


そして、シートベース・裏の スキマをくぐり抜けまして、 細みのパイプで、こんなカンジ・・・。  

あえての うしろ、1か所止め・・・。    補強の三角も 入れときやした。


取り付けて、こんなカンジ・・・。  
タレ下がらないRフェンダーは、 「モトクロッサー感。」が、マシマシでございます・・・。

そして・・・。 意外と、ビンテージOFF界に「黄色いYAMAHA。」 が、とても多い・・・。  という 事実・・・。


つ~わけで、ドンドン進めます~。
次、 マフラーを進めます・・・。   イメージと、にらめっこ しつつ、 イメージに 近づけます・・・。
ちかずくかな・・・???。

今回は、音質も考えまして、 鉄で進めます~。(オーナーズ希望)


タイヤの通り道も 確認しつつ、前から順に 伸ばしてきます~。
なんとか・・・パイプ、凹まさなくても イケそうです・・・。

という訳で、 まだまだ、続きます~。  

車両を 1台造るって、イロイロやる事。あるなぁ~・・・。        しみじみ・・・。

ではでは。また次回~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画②。

2016年07月28日 | XT500
毎度、ご無沙汰で御座います・・・・。

寝床に、 蚊、一匹 居るだけで、 も~睡眠不足・・・。
               食われた痕は、ツメでバッテン世代・・・  フジタケです・・・。

ああぁ・・。 蚊に食われた位では、微動だにしない、図太い神経がほしい・・・わ。


・・・さてさて。

おひさしブリーフな今回も、「TT500・足長計画」の つづき・・・。 でございます・・・。
ネタは沢山有ります♪ので、 だらだらと、ながながと、細かくご紹介できれば・・・思う~とります・・・。

という訳で、さっそくGO~!。


YZ250の、前足を生やしまして・・・・。 
「何だか、みょ~にチョッパーしてて、カッコよろしくナイ!←」、という事で・・・。

車両を表に出しまして、遠くから眺めつつ・・・。 オーナー様と、車高会議でございます・・・。
「こんなもん?、っじゃないすかね~?」 という、超お堅い、マジメ会議で、決定~。

しかし・・・。  超微調整可能な、パンタジャッキ、最高~。


そして、スイングアーム、サスの取り付け位置を変更しまして、こんな車格です・・・。

こんな決め方で・・・イイのかな・・???。
(つまりは、オーナー様がブッチギリで走れば、ソレが正解なのである・・・・ の?。)


続きまして~。 ステップのプレート部を造りかえます~。

アメーリカから帰って来た(?)コノ車両・・・。
STDのステップ部が、とってもアメリカンな修理が成されておりまして・・・。   
だもんですから、全部フッとばしまして、新規にHL500風味でつくり変え、でございます・・・。

一応、軽さも考え、中空カラーにて・・・。  中空部が無くなっておりますけれども・・・。


そして、バチバチっと くっ付けます。  シフト側は、オフセットが大きいので、板補強しておきます・・・。


ブレーキ側は、オフセット少なめ・・・です。
なので、多少ラク・・・。 多少・・・。


そしてそして、今回の最大の難関・・・。  リアのブレーキ周りを進めます~。
海外のサイトをパトロールしましても、HLレプリカ系の車両は、みなさん苦労が伺える感じでございまして・・・。

まず、シンプルに!。 んで、踏み応えもイイ感じにしたい!。を 考慮しつつ、手持ちのいろんな部品を
持って来て、あ~でもこ~でも考えます・・・。


んで、メドも付きまして、進めます・・・。
ブレーキのペダル。 ペダルの軸。は STD+追加工で進めます・・・。

さすがSTD!と・・・。 
ケースカバーを巧みに避けてる形状(当たりまえ)なもんですから、あえて新規に造らず、
追加工にしました~。
ストッパーを付けつつ、  戻しのスプリングは裏側へ・・・。


そして、フレームに、ブーツでわちゃわちゃ引っ掛からない様に、バンパーを装着しまして、ほぼ完了~。

いろんなOFF車両を見てみましたが、ペダルの引っぱり棒の軸部分と、スイングアームのピボットが、
どの車両も 近いんですよね~。  
コレは、ストロークした時に、距離感が変わって、勝手にブレーキが掛からないように? なのかし? らん? 
と、勝手な解釈で、コノ車両も、近づけときました・・・。   

一応、イロイロと考えながら、造っております・・・。   なので・・・ちゃ、り~ん。


踏みタッチを考えまして、 引っぱり棒は、まっつぐ引きたい・・・・。 
の願いが、ギリギリセーフ(?)でございます・・・。
の代わりに、 パネルのアームを、 ぐにゃんぐにゃん に曲げております・・・。

ちなみに、引っぱり棒は、 SUZ'純正のワイヤー式・・・。  古い部品が、まだ出る、スズキに、ちょっぴり感動~。


そんなこんなで、最大の難関は、完了致しましたが、まだまだ細かい作業が続きます・・・。

ので、もうしばらく お付き合いを・・・。


という訳で、 今回は以上で・・・。

ではまた次回~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nkg様、YAMAHA・TT500、足長計画①。

2016年07月11日 | XT500
大変ご無沙汰で御座います・・・。

「たしか・・・まだ雨期、でしたよねぇ・・?」 なのに、この太陽・・・。
                サンマの季節が待ち遠しい・・・。 八月生まれの夏ギライ・・・ フジタケです・・・。

暑い。→ アイス食う。→ ノド乾く。→ 何か飲む。→ バテる。= 夏バテ。 の法則、
最近 気が付いちゃったっす・・・。

・・・・さてさて。
ちょびちょびと、当ブログにて紹介して居りました、 「TT500・足長計画」 も、ほぼ(?)完了~。 
という事?で・・・。  今回から、より細かく、紹介させて頂きます~。

元々、オーナー様は、SRベースの車両で、VMX(ビンテージモトクロス)されておりましたが、
新たなステップ(?)と致しまして、 純血なオフローダー・TT500ベースで、車両を制作してゆきます~。

車重も、きっと軽くなる・・・ハズ・・・。

世界的ブーム(?)、でもあります(?)、「HL500」風味。 で 進めて参ります~。


という訳で、入庫の際は、ほぼSTDな TT500 でありました・・・。
コレはコレで、とてもイイ雰囲気です・・・・。   TTオレンジは、とってもイカシますな~。


さっそく、ぎゃんぎゃん 進めます・・・。
オーナーズ希望にて、ホワイトブロス製・S/Aを、少々長く致します・・・。

一言で「長くする。」ですが・・・。 
ドコでドオ長くするか・・・?。 飛んだり跳ねたりの強度は・・・?。 イロイロ考えましての、こんな結論・・・。

きっと、ちぎれ飛んで行く事は・・・・無いはず・・・。 


最後に、横に補強の板を貼まして・・・。 フタして、完成~。

一度、前後を切り離してしまうので、治具も、それなり(しっかりと!)に、寸法と合わせます・・・。


次~。
スイングアームにあわせて、リアホイールの取り付け作業、進めます~。
ベアリングも交換いたしまして・・・。

新品のリム。新品のスポーク・・・。  ああぁ~とっても、キモチがイイ~。


アクスルシャフトの径に合わせて、カラー類を製作~。
コノ年代のリアブレーキは、パネルがフローティングマウントなので、ソコの軸は、鉄で製作・・・。
「やっぱフローティングマウントしたい!」の要望に対応できる様にしておきます・・・ 念の為・・・・。


そして完成~。   
厳密には、その後、サスのマウント位置を変更。 致しますんですが・・・・。


次に前足を、長くします。
元々の、TT500と、今回装着します、YZ250のステム周りの寸法が、ものすごく近い・・・という・・・。 
ヤマハ・あるある。 でございます・・・。

前周りは、ステムさえ合わせてしまえば、比較的らくちん。 になっております・・・。
あとは、タンクに合わせて、ストッパー位置を調節・・・です。

しっかし・・・。  ほぼ、フレームとエンジンにしか、用は無い・・・ という・・・。


長さ方向だけの、調節用「カラー」を制作しまして、  無事完了~。
定番(?)の 83’(たしか…)の、YZ250、前周りを装着。 
ツーリィーディングのドラムパネルも、もれなく付いてきまして、とて~も カッコよろしくなります・・・。


持ち込んで頂いた、レバーホルダー、ワイヤーを、合わせますと、ど~やっても 引き切れないので、
ひっぱりアダプターを SUSで製作・・・。 

細かい作業が、地味ーに時間が掛かります・・・。  ちゃ、りーん・・・・。


さ、気を取り直しまして・・・。    どんどん進めます~。
HL500レプリカを 造る時での定番~。  古~いYZ125、アルミタンクを加工致します~。
まずはマジック・ラインで 裏蓋を大胆に、カット 致します・・・。


「パカッ」と・・・。   今のうちに、 オモテ面の 凹みを 内側から叩いておきます~。
あとは、フタして完了。


フレーム側の、「取り付けステー類」はこんなカンジ・・・。
エンジンのマウントプレートに、 マッチ棒の 先っぽのような ゴム足を付けまして、
タンク、左右の 傾きを 規制いたします・・・。


そして、装着完了~。  
振動のある車両だし・・・。 と、 アルミタンクだし・・・。 で、ラバーマウントしちょります・・・。
きっと安心~。


という訳で、今回は以上で・・・。

まだまだ 続きます~。
ではまた次回・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加