奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その129)

2016-12-31 10:12:46 | 奈良・不比等
奈良県知事・荒井正吾(あらいしょうご)氏の県政を眺めると、第一期(2007.4~2011.3)では、前任者(柿本善也氏)の置土産(寄付金ゼロの状態)の「平城遷都1300年祭(2010)」を税金の無駄遣いもせず立派にこなされた。(バトンタッチしてより時間的余裕が十分だったことと計画を縮小することも後任者としては可能だった。更には東日本大震災と時期が重ならなかったことは不幸中の幸いであったし、荒井知事の運の強さを示しているとも云える。)また、不備だった奈良県の「妊産婦周産期医療システム」を改善された。第二期(2011.4~2015.3)には、東北大震災により日本中大混乱の中、奈良県でも鳥インフルエンザ(2011.2)や、紀伊半島大水害(2011.9)が発生し県職員の先頭に立ち大変ご苦労なさった。一方「平城遷都1300年祭」以後落ち込んだ観光客数を増加させるために「記紀・万葉」を材料として観光立県を目指すと宣言された。しかし外国の有名ホテルを誘致する計画なども第二期中に進展は無かった。第三期(2015.4~2019.3予定)は、対抗馬に生駒市長・山下真(やましたまこと)氏が挑戦してきたこともあり、当選してからは、部分的(防災・観光文化振興)に関西広域連合に参加することを表明したり積極的な面も見せている。第三期目も略(ほぼ)半分を経過したが、平成28年末の定例記者会見では県政に地道に取り組んできた成果が漸(ようや)く少しずつ芽吹いてきたとの実感を話されていたように思った。------
奈良時代の聖武天皇ならば中国の天子の如く、災害は人災は当然にして自然災害にしても不徳の致すところであると自嘲していたくらいだから、首長は辛いものであり、荒井正吾知事ならずとも、紀伊半島大水害などの災害は勘弁して欲しいところだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その128)

2016-12-30 10:04:45 | 奈良・不比等
「奈良県知事・荒井正吾(あらいしょうご)」氏の北陸新幹線への考え方が、定例記者会見で次のように述べられた。「北陸新幹線が京都駅から新大阪駅に向かうルートについて京都駅から南下して僅(わず)かに奈良県を掠(かす)めて、その後西進して新大阪駅に繋(つな)げる案については、奈良県は北陸新幹線の分担金だけを払って、将来のリニア新幹線の奈良駅との連携は位置的に取れないのでメリットが余り無く、無理に奈良県を掠める案は要(い)らない。」------
北陸新幹線については新大阪駅から更に関西空港まで延伸する案があり、荒井正吾知事としては関西空港から新幹線規格で和歌山を繋ぎ、紀ノ川沿いに五條まで進み後は、北上して「古都奈良」に出来るリニア新幹線の奈良駅へ、更に北上して北陸新幹線の「京都駅」と連絡する鉄道を敷いて欲しいと要望を挙げたいと将来の抱負を話された。外国の国際空港は何れも都市部と空港を高速鉄道で連携しているが、関西空港は在来線だけであり、高速鉄道の敷設が望ましいのだが、奈良県としては京奈和ルートを高速道路だけでなく高速鉄道も走らせたいと考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その127)

2016-12-29 17:51:13 | 奈良・不比等
平成23年の紀伊半島大水害をへて、「五條新宮道路(国道168号線)」は地域高規格道路として整備されることが具現化して来ており、大阪方面から紀伊半島を反時計回りに海岸沿いに走る「近畿自動車道(紀勢線)」と京都・奈良・和歌山を結ぶ「京奈和道路」を「五條新宮道路」は南北で直接に繋ぐことになり、紀伊半島の西を構成する和歌山県、東を構成する三重県と中央の奈良県が緊密な人・物の流通を促進できるようになり、完成すれば将来の経済効果は大きい。奈良県知事・荒井正吾氏は期待を込めて定例記者会見でそのように語っている。-------
戦後の国鉄華やかなりし頃、「五新線(五條市と新宮市を繋ぐ単線の鉄路)」の建設が進められ、五條市から谷に橋が架けられ天辻峠の下にはトンネルが掘られ猿谷ダムまで完成していたが、国鉄解体でJRになり「五新線」の計画は雲散霧消した。その後、モータリゼーションが進んだことを鑑(かんが)みればもっと早くに高速道路でも通せれば良かったのだが(五新線が逆に作用したのかも知れない)、日本経済のバブル崩壊とそれに続く沈滞もあり今に至るまで紀伊半島の中央部を縦断する道路計画は常に後回しになってきた。-------
平安時代から熊野詣(くまのもうで)を楽しんできた歴史を考えれば、京都から南に一直線に、古都奈良を経由して熊野まで通ずるルートを確保出来れば同じルートを戻る必要がなくなり紀伊半島をパノラミックに俯瞰でき、将来の観光振興には打って付けとなる。即ち、世界文化遺産も山の自然も海の自然も更には温泉が沢山あるのだから最強の観光地化すること請け合いである。これらの道路網はリニア新幹線の完成までに是非とも完成させて貰いたいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その126)

2016-12-28 19:18:05 | 奈良・不比等
世界遺産・古都奈良の地元首長の一人である奈良県知事・荒井正吾(あらいしょうご)氏は奈良新聞(?)の年末インタビュー(定例記者会見)に答えて、2016(平成28年)の感想は漢字一文字にすると「学(がく)」であり、奈良県庁が行ってきた仕事の全てが一つ一つ計画し検討し実際に進めていく中で「学んでいく」ことが重要であると云う事を実感した。特に印象に残るのは「マリオットホテルの誘致」が決まったことであると語(かた)った。-------
1990年代にバブル経済が崩壊してより(就職氷河期以降は特に)、公務員人気は続いており、とても優秀な人材が国家公務員だけでなく都道府県の地方公務員にも流れ込んだ。奈良県庁でも今や団塊世代が姿を消す中で、その優秀な人材が県庁を動かす時代になってきた。従って、荒井正吾知事は県政運営の方針決定のアドバイスをして貰えるブレインを職員の中から選抜するには事欠かないだろう。否(いや)既に荒井正吾知事のこれまでの県政に於ける取り組みは若い職員たちの知的能力を汲み取ったものと成って居るのかも知れません。------
昨今の奈良県職員(荒井正吾知事は東大ご卒業だが、他にも東大・京大など有名大学卒の職員が当たり前に居られる。)の偏差値は中央省庁の国家公務員に決して引けを取らない程優れている。奈良県は特に大学進学率も高く将来に向けて奈良県の運営を任して大丈夫な国内的にもとても優れた人材が集中しているのが実態であり、是非、リニア新幹線が奈良まで開通するまでに県内を住み易く暮し易い地域にしておいて戴きたいものである。この優秀な頭脳を使うのは荒井正吾知事の力量に掛かることであり、他の府県の知事には羨(うらや)ましいことだろう。民間が経済を縮小したり、ブラック企業だけが繁盛したりするのも、公務員の人材には好影響が及んでいるのであり、是非適材適所に配置し、古代世界の律令政治ではないが、大唐帝国から学んだばかりの制度を日本に布(し)いていったのも平城京の役人だったのだから、その意気込みで奈良県を全国一の良い県にして頂きたいと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その125)

2016-12-27 15:33:46 | 奈良・不比等
近鉄奈良駅に到着する近鉄電車の乗客は歳末の押し迫った今日(12月27日)この頃、朝から雨が降っていたこともあるのか日本人観光客は略(ほぼ)ゼロに近いが、外国人観光客はそれでもチラホラ見受けられる。-------
年間を通して外国人観光客が遣って来るのは、東大寺大仏殿と毘盧遮那(びるしゃな)大仏、奈良公園の鹿が知れ渡っているからだろう。私達がピラミッドやモンサンミッシェル、マチュピチュ、アンコールワット、さらにはタージマハルを写真グラフ誌で見たことがあるように、きっと外国人観光客も毘盧遮那仏や鹿の写真を見たことがあり、特に東南アジア地域の経済発展が進んだ国では余裕が出来れば距離的にも近い日本に旅行をして実物を観たいと思って来ているのだろう。-------
近畿地方では、和歌山県の高野山が宿坊に外国人観光客を泊めて精進料理を体験してもらうなど、結構繁盛しているようだ。翻(ひるがえ)って、古都奈良では特色のある日本料理はない。奈良の朝粥(あさがゆ)程度である。真言宗や禅宗系の寺院では精進料理を提供するところがこれまでも多いようだが、古都奈良の寺院では、歴史的に遡(さかのぼ)るので、王朝料理・宮廷料理となるのが相場だろうが、京都なら別だが古都奈良ではその伝統は絶えて無い。畿央大学などでは古代食を復元する研究もしているようだが、ヒットするようなレシピはまだ完成していないようだ。矢張り、外国人観光客にしても伝統的な日本食を一度は食したいと思うだろうから、古都奈良でもそれを用意したいものである。別に気張る必要はないので、古都奈良の庶民の料理も参考にすれば良い。ただ無闇(むやみ)に、値段だけ高くて美味しくないのは宜しくない。リーズナブルな価格設定は物価の高い日本では特に大切だろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加