奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その211)

2017-03-23 09:08:53 | 奈良・不比等
古都奈良・興福寺では今年(平成29年)丸1年間掛けて国宝館で耐震工事を行っている。そのために人気No.1の「阿修羅像(あしゅらぞう)」が拝観出来ない。今年古都奈良に来る修学旅行生や観光客に阿修羅像を観て貰える機会を作るため、興福寺では仮金堂に阿修羅像などを移して以前に好評であった「お堂で見る阿修羅像」の展示を開始した。期間は、「平成29年3月15日~6月18日」と「9月15日~11月19日」になっている。人気No.2の山田寺銅造仏頭の方は一足先に東金堂に遷座しており拝観できる。-------
近年の修学旅行は班別行動が多く見受けられ、古都奈良の興福寺・国宝館で阿修羅像を観るのは美的センス(sense)の良い女子がリーダー格のグループに特に顕著で、仏像には興味の無さそうな男子を引き連れている風景を興福寺界隈で度々(たびたび)目にした。-------
美術の教科書的には、阿修羅像の他には東大寺ミュージアムの日光・月光菩薩像を観れば十分である。後はゆっくりと昼食を取るとか、お土産を探すなどに時間を残しておいた方が良いだろう。新薬師寺や薬師寺・唐招提寺まで足を延ばすと時間が足りないことが心配される。-------
さて、人気の阿修羅像に関して、NHKドキュメンタリー番組(総合)「阿修羅 1300年の真実」が平成29年3月23日(午後10時~75分間)に放送されるとのこと。モデルは光明皇后(光明子)の娘時代を彷彿とさせる娘の孝謙天皇(阿倍内親王)なのか。-----
東大寺大仏殿の「毘盧遮那(びるしゃな)仏」と同じルーツを持つ阿修羅は取り込まれた宗教の中で若干の変容はしているが、崇高さと云うよりもどちらも人間味溢れた感じがするのではありませんか。そう云った処に人気の秘密がありそうです。一度拝観するとまた何時の日か見たくなる仏像であることは確かです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都奈良・修学旅行と世界遺... | トップ | 古都奈良・修学旅行と世界遺... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。