奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その322)

2017-07-12 14:20:16 | 奈良・不比等
歴史ファンタジー小説・北円堂の秘密

「国文祭・障文祭なら2017」の公式ガイドブックが7月より奈良県内の主な文化施設、各市町村役場、近鉄主要駅、JR奈良駅等で無料配布されている。-------
「第32回国民文化祭・なら2017」も「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」も開催まで2ヶ月を切った。------
嘗ての博覧会などの催しの派手さに比べてその内容の貧しさに驚く。でもこの時節、「平城遷都1300年祭」でも苦労されたことを考えれば、致し方ないのだろう。財源がないところへ持ってきて企業からの寄付もない。文化庁は特に弱小官庁である。言って見れば、小学校の学芸会か高校の文化祭といったイメージとそう変わらないだろう。こうした催しが意味を持たなくなれば廃止すれば良いのだが中々に一度国が始めたことは都道府県からは言い出し難い。-------
奈良県の場合、県北中部の京阪神へ通うサラリーマン家庭のベッドタウンの100万人と郡部の40万人の旧村の在来農村人口が噛み合っていないところへ持ってきて、「国文祭・障文祭なら2017(9月1日〜11月30日)」の個々の内容を自由裁量として、市町村に丸投げしているかの奈良県庁の姿勢にも疑問は感じるが、仕方がないのだろうなと同情を禁じ得ない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都奈良・修学旅行と世界遺... | トップ | 古都奈良・修学旅行と世界遺... »

コメントを投稿

奈良・不比等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。