奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その341)

2017-07-31 02:02:37 | 奈良・不比等
歴史ファンタジー小説・北円堂の秘密

「聖徳太子の真実(大山誠一編著・平凡社2003刊)」を読んだ。「大山誠一(おおやませいいち1944生れ・東大国史学科卒・同博士課程満期退学)」氏は2014年に70歳にて中部大学教授を退官された。「長屋王家木簡と奈良朝政治史」のタイトルにて東大・文学博士(1999)を授与されている文系特有の遅咲きの学者である。------
奈良県の「世界遺産・法隆寺地域の仏教建造物」に関係する重要な学説を提唱されており、奈良県職員ならば「聖徳太子の真実」は必読の書と云えるでしょう。-------
梅原猛氏が「隠された十字架・法隆寺論(1972)」にて世間を騒がせてより31年を経過しても、学界の反応は今一つであったが、「聖徳太子の真実」は重鎮とも云える日本史学者が述べている事であり、真摯に受け止めなければならないだろう。-------
奈良県の記紀プロジェクトの説明も「聖徳太子」に関しては、最新の学説を尊重する必要があるようだ。------
聖徳太子は後世、太子信仰の対象とされ、多くの事柄が後付けで仮託されてきた経緯がある。浄土真宗など浄土教では太子信仰を布教の手段に使ってきた歴史もあり、救世観音はキリスト教の救世主であり、厩戸皇子が既に聖書の内容と被(かぶ)っている。梅原猛氏の「隠された十字架」の中で十字架への説明は無かったが、浄土教が中国で成立した際にキリスト教が仏教スタイルをとって布教されたと見ることができ、戦国期に来日した宣教師たちは浄土教の一向宗はキリスト教と変わらないと感じたようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都奈良・修学旅行と世界遺... | トップ | 古都奈良・修学旅行と世界遺... »

コメントを投稿

奈良・不比等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL