奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その68)

2016-10-31 08:09:26 | 奈良・不比等
世界遺産の街・ベスト5:「⑤スペイン・トレド」「④イギリス・バース」「③チェコ・プラハ」「②イタリア・ローマ」「①クロアチア・ドブロヴニク」に登場する街は、日本人から見ると素晴らしく見える。これらの街と古都奈良を較べるなんて無理だと思ってしまう。
実際、世界遺産の街・ベスト5に並ぶ街を有する国から日本の古都奈良へ観光に来てくれているだろうかと調べてみたところ、これら五カ国は全て、何れの国も個別に人数が外国人観光客として税関でカウントされずその他の国と一緒に纏められていて個々には分からないし、実際にも来日観光客は少なそうである。日本に最も多く来てくれている外国から順に挙げると、中国・韓国・台湾・香港・アメリカ・タイ・オーストラリア・シンガポール・マレーシア・フィリピンで全体2000万人の9割となる。従って、古都奈良としては古都奈良を名指しで観光しに来てくれているのではなく、日本全体を目的地にして来た中で、大阪・京都・神戸の序(つい)でに、古都奈良の世界遺産を見ていこうとしたに過ぎないのではと勘繰ってしまう。-------明治時代の岡倉天心とフェノロサの話を信じて中国を上回る素晴らしい文化が残っていると思い上がっている気もする。------
世界遺産の街・ベスト5の紹介写真を見ただけで、古都奈良が肩を並べることは矢張り無理だと感じてしまう。将来、リニア新幹線が奈良まで開通するころには、極東の列島に育まれた日本文化として、少しは見るべきものもあるのだなと、欧州の国々からも観光客が数多く来てほしいものである。それには、古都奈良にしても世界文化遺産として8箇所のリストアップされたポイントだけでなく古都奈良・旧市街地が全て、指定されて、外国のように街全体が世界遺産となれば、本物の世界遺産として自信が持てるのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都奈良・修学旅行と世界遺... | トップ | 古都奈良・修学旅行と世界遺... »

コメントを投稿

奈良・不比等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。