奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その27)

2016-09-18 16:41:46 | 奈良・不比等

古都奈良の鉄道による玄関口の一つ、近鉄奈良線・近鉄奈良駅では、改札口を出て直ぐの「タイムズプレイス奈良(土産物店)」と「カフェ・チャオプレッソ奈良駅店」に囲まれたコンコースの床をライトカラーのクッション材で敷き詰めた。この場所では、古都奈良に到着した修学旅行生が、集合して点呼を受けたり、連絡事項を聞いたりする光景を良く目にしていた。地下駅であり、しゃがむには、小奇麗な感じがするようになった。勿論、外国人観光客の好みを勘案するに際しても、カラーコーディネイトは必須でしょうけれど。古都奈良の世界文化遺産を訪れる外国人観光客が増えると、修学旅行生による経済効果とは桁違いの、効用が実際にあるということが、このような細々とした設備の改良にも投資している昨今の近鉄電車の企業行動から窺(うかが)われる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古都奈良・修学旅行と世界遺... | トップ | 古都奈良・修学旅行と世界遺... »

コメントを投稿

奈良・不比等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL