奈良

不比等

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その346)

2017-08-05 01:37:55 | 奈良・不比等
歴史ファンタジー小説・北円堂の秘密
「興福寺・北円堂を知らずして古都奈良の歴史は語れない。」

「渡来氏族の謎(加藤謙吉著・祥伝社新書2017刊)」を読んだ。「新撰姓氏録(しんせんしょうじろく・815年編纂)」の内容を詳しく吟味して新書に纏められている。「新撰姓氏録」を見ると日本人のルーツの3分の1が渡来人であると分かる。また当然にして3分の2が渡来人でないかと云うとそうでもなく、西暦815年よりももっと古い時代に日本列島に渡って来た渡来人であるのだろう。「新撰姓氏録」の編纂されて以降は、渡来人の数が少なくなってしまい、日本人に同化していったようだ。-----
以降、各地の勢力争いをする中で、出自を源平藤橘に求めて収斂していったのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加