格差階級社会をなくそう

平和な人権が尊重される社会を目指し、マスゴミに替わって不正、腐敗した社会を追求したい。

国民主権、基本的人権の不可侵

2016-10-11 06:32:29 | 阿修羅コメント

国民主権、基本的人権の不可侵、法による支配等々の民主主義諸原理が「裁判所以上の存在」であることは当然です。それら民主主義諸原理を日本国の国家原理として定めている最高法規が憲法ですから、憲法に違反する一切の法令や判決は無効であり、憲法に敵対する行為の一切は国家反逆です。

したがって、アメリカの戦争への海外派兵のように日本国と日本人をアメリカの搾取に供するため日本国憲法を改悪しようとしている安倍自民党=官僚利権政府と右翼保守は、売国奴であり日本国に対する反逆者です。アメリカの犬となった売国奴の反逆者が権力を簒奪して憲法に反した政治を行っているからこそ、金も権力も特権もない普通の日本人(平民です)がいくら一生懸命働いてもまったく豊かにならず困窮化する一方なのです。

利権や贈賄や脱税や公金横領のような権力者の特権を憲法は当然許しませんが、憲法違反の政治を進める自民党=利権官僚政府は、利権や贈賄や脱税や公金横領を自らの当然の特権とするばかりか、支配する検察や裁判所を通じて、政敵には冤罪、自らには不起訴や無罪判決を行って恥じません。おかげでアメリカの支配から独立して日本人の利益を実現しようとする愛国政治家は次々と冤罪で葬り去られるばかりです。こうして日本の平民が必死に働いて生み出した日本の富は、自民党=利権官僚政府の利権によって吸い上げられた上でアメリカに献上されていきます。

これでは北朝鮮以下です。北朝鮮はおなじ国家主義ファシズムと言っても、売国奴が支配して外国に国富を献上してはいませんから。

これをもって、「現在に不正なく選挙が行われ国民主権は守られています」、「基本的人権も守られています」、「三権分立も守られています」、「公平な裁判が為されているから安心して暮らせている」と言う人がいたら、「支配階級」に属しているわけでもないのにこんな世迷いごとを平気で言えるような人がいたら、それは犬です。無知蒙昧で道義も倫理も解せず、自分で物事を考える能力がないから飼い主の言いなりの畜生です。

自民党=利権官僚政府とその政治とはこういう「犬」に支えられたファシズムです。アメリカの犬となった自民党=利権官僚政府がアメリカのために日本人を搾取する全体主義システムです。アメリカの犬である自民党=利権官僚政府のさらにその犬となった右翼保守が大好きな政治です。

家族を愛し隣人を愛し同胞を愛し日々懸命に働いて富を生み出しているまともな日本人はこれを許しません。たとえ時間がかかっても最終的には、この売国自民党=官僚利権政府を打倒しそれを支持してきた右翼保守共々日本から徹底的に駆逐することになります。

自民党=利権官僚政府の憲法違反の売国ファシズム利権政治のおかげで日本は着実に衰退しています。日本人は刻々と貧窮化しています。国家財政は破綻しています。産業は疲弊するばかりで新しい産業はまったく起こりません。原発は今も燃えています。年金は消えました。社会保障はないも同じです。もう誰も押しとどめることはできません。自民党=利権官僚政府のファシズム利権政治システムは自壊しているのです。

不正選挙も世論操作も長く続けることは不可能です。たとえ短期間この事態を糊塗することができてもやればやるほどその反動が大きくなるばかりです。終わりは一気にやってきます。その時自民党=利権官僚政府と右翼保守の一切の不正と腐敗と搾取と売国とインチキとペテンと欺瞞が誰の目にも明らかとなり、日本人の怒りは一気に燃え上り自民党=利権官僚政府と右翼保守を血祭りにあげることになるでしょう。

その日は刻々と近づいています。

私はその日のために、良いスニーカーを買い、キャッチボールで肩を鍛え始めました。

今からわくわくしています。








『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三の12月プーチン・... | トップ | 残虐な刑罰を禁止した憲法3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む