風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

劉暁波氏追悼

2017-07-14 21:41:28 | Weblog

7月14日(金)晴れ 今日も暑し【劉暁波氏追悼】

劉氏が、昨日、お亡くなりになりました。

劉氏が民主化を訴えて、天安門で戦っていた1989年6月4日。忘れることができません。その時私は香港にいました。

一年ほど香港に住んでいましたが、その時は船旅の途中で立ち寄ったときでした。劉氏の死を悼むことを香港の人々はできていますので、中国国内よりは自由がまだあるようですが、私が35年以上前に住んでいた頃の香港とは随分変わってしまっていると思います。

言論の自由、異なる価値観、思想、政治的見解を持てる国であることを、望んだだけのことでしたのに、劉氏は無慚にも中国共産党に殺されてしまいました。発表された死因は癌によるものでしょうが、この死は殺されたものと同じといえましょう。

多くの国において、当たり前である表現の自由。大統領に対しても、首相に対しても、自由に反対のプラカードを掲げることのできる国に住んでいると、中国の状況は許しがたい状況です。しかし、一党独裁を望む中国共産党には、反対を唱える人は、抹殺されてしまうのです。

日本にもかつて同じような時代がありました。中国にも今の日本のような時代がやってくるのでしょうか。私には、自分の地球生存中には、そのような時代がくることを想像することは難かしいですが、必ずや中国にも自由な時代が訪れることを切に願うことを、劉氏の追悼とさせていただきます。 

「私は望んでいる。私の国が表現の自由がある場所となることを。全ての国民の発言が同等に扱われるようになることを。

私は望んでいる、私が中国で綿々と続いてきた「文字の獄(言論弾圧)」の最後の犠牲者となることを。」(劉 暁波氏の2009年の陳述書より)

      *日本も、中国の植民地にならないように、気をつけなくてはならない。

      日本人はあまりに平和ボケをしていないだろうか。

 

#劉暁波氏

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正念場 | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「劉暁波氏追悼」に寄せて (玄林菴)
2017-07-15 12:59:51
こんにちは!!!

今日も亦…、猛烈な暑さですね!!!

扨て…、表題の劉氏追悼に附いての
想い…、全く同感です。
末期の肝臓癌で13日に死去した
ノ-ベル平和賞受賞者の…、
劉暁波(リウシャオポ-)氏(61歳)は…
海外での治療を希望して居ったが
支那当局は…、劉氏が服役中で
ある事を理由として認めず!!!。
叶えられずに更に容体が…、重篤化し
とうとう不帰の人と為って終った。

劉氏は死去後 直ぐに火葬施設で火葬
に付し…、海に散骨する様にと…
支那当局から要求されて居るとの由。
全く以って…、身の毛もよだつ息苦しい
支那共産党支配下の社会ですね!!!。

当局の考えは…、なまじ墓地なんぞを
作らすと…、支持者の集まる拠点と
為る事を警戒して居る由…。
実に!!! 厭な暗黒社会の支那ですよ!!!。
人権なんぞと云う感性が完全に
欠落した社会なんですねぇ~…。

時節柄…、体調管理には充分に
御留意下さいませ。

      先ずはお伺い迄
       玄林菴より

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む