風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

国民年金のススメ

2009-09-12 12:34:01 | Weblog
9月12日(土)雨【国民年金のススメ】
(お金のある方には、全く意味のないログですから、これは読まないでください。)

先日、出身の大学から卒業証明書を貰ってきました。この証明書には入学年と卒業年が記入されています。これがありませんと、年金受給資格の25年支払い義務をクリアできませんでした。2年分ほど掛け金支払いの月数が足りません。しかし、私が大学に通っていた頃の昭和40年代は、年金が義務ではありませんでしたので、その証明ができれば、なんとか年金は貰えるのだそうです。勿論掛け金支払いの年数も少し少ないですから、25年以上かけ続けている場合の金額よりは、かなり少ない金額ですが、働けなくなっても入る収入は貴重です。

「老齢年金」ついにそれをもらう「時」が、私にもやってきたのですね。さて、私も若い頃は年金なんて、と思っていました。自分に「老後」という「時」がくることさえ考えられませんでした。霞を食べても生きていけると思っているほど呑気でもありました。

そうして、国民年金を掛けても、将来は貰えないんだって、などと若い者同士言っていたことを思い出します。どうして、そのような噂が流れていたのでしょう。それは国民年金以外の年金の商品を売りたい会社が流した噂かもしれませんし、少子化の傾向を分析して、マスコミもそんなような誘導をしていたかもしれません。今もしているでしょう。

しかし、独裁政治になれば分かりませんが、政党政治が続く限りは年金は支払われるでしょう。自分が実際に貰えるときになってそれを実感しています。将来は分からないからと、また現在の若者たちは言います。過去の若者も言っていたように。厚生年金に入っている人は全く別です。フリーターとか、厚生年金のない人の中に、そういう若者がいます。そして貯金していると言いますが、それよりはやはり年金を払っておいたほうがよいのではないでしょうか。とても年金を払える余裕が無いという方もいるでしょうが、払えるときには払い、払えないときは面倒でも住民票を預けてある役所で、免除申請をしておくことが賢明です。

民主党になって、年金制度は変わるかもしれませんし、生活保護の金額より少ない金額であるのを是正されるかもしれません。しかし、現実問題としては今のところ全くわかりません。民主党はその気でも財源がどうなるでしょう。弟はスエーデンに住んでいて、年金もスエーデンからもらえますが、多額の税金を払っています。多額の税金の見返りが充実した福祉につながるのですから、消費税も上げないで、いろいろと国民にくださるという民主党の錬金術は、はたしていかがなものか、蓋を開けてみないと分かりません。

それよりも、なんとか払える人は年金を納めておく方が賢明であると思います。霞を食べては生きていけないし、人に迷惑をかけることもできません。食べることさえできれば、なんとかこの身が終わるまで、責任を持って生きていくことができるでしょう。年金というと寂しい話しだと思う人もいるかもしれませんし、お坊さんのくせに年金をあてにして、と思う方もいるかもしれません。しかし、私はできる限りのことは自力で生きていきたいのです。勿論多くのご縁に生かされている身であることは認めますが。

大学の証明書を持って、社会保険庁に行って来ました。私は改名したり、住所を変えたり、国民年金の時と、厚生年金の時と入り交じっていますが、きちんと全て記帳されていまして、保険庁の職員さんが、やはりその道のプロとして、見事にパソコンを駆使して、いろいろなデータを引き出して、コピーしてくれました。「大丈夫です。年金は支払われますよ。あなたの場合」

このログをお読みの方で、国民年金を払っていない人がいらっしゃったら、すこし参考にしてください。必ず老いは、やって来ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦いすんで | トップ | 全巌東純禅師と雪舟 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
霞みを食べることに (市堀玉宗)
2009-09-12 21:39:07
ちゃんと記載されていて良かったですね。余計なお世話ですが。私の場合は数年前調べて貰ったことがあり、未納期間が少しありました。年金への関心も低く、あちこちとウロウロしておりましたので、自業自得です。霞みを食べて腹が膨れる術をご存知ありませんか?(笑)失礼しました。合掌
切ない話ですな (うさじい)
2009-09-13 12:01:49
私はですね、欠格期間が2年ほどあります。それは最初の修行中の2年間の分。
後からその分の払い込みをしようとしたら、払い込み可能期間を過ぎていてダメ。

後4年後には退董する予定なので、その後は収入が有りません。現在の給料が180万円。当然のように退職金は無し。

住む所と収入がなくなれば、妻の実家にでも身を寄せるしか有りません。

お互い、あまり明るい老後生活は無理ですかね。
市堀玉宗さんへ (風月)
2009-09-13 19:54:30
市堀玉宗さんのご年令を知らないのですが、65歳までに25年間の払い込みか、もしくは払えない場合は免除申請をしておけば大丈夫なのですが、もはや駄目ですか。
私もウロウロとしていたのですが、なんとか25年という期間をクリアできました。
しかし市堀さんのように、お寺のお仏飯を頂ける場合は、心配ありません。
うさじいさんへ (風月)
2009-09-13 20:03:22
なんだか寂しい話しですね。それなのになんで退董なさるのか分かりませんが。

やはり考えてもちょっとその状況での退董が分かりません。いつか教えてくださいませ。

私は、結構この国民年金で明るい老後と思っているのです。「金」より「時」と思っています。勿論「金」「時」両方ならば、さらにバラ色でしょうが、そこは僧侶ですから、墨染め色ということでよいことに致しましょう。

うさじいさんも、退董などしないで、お弟子さんには別のお寺を探しましょうよ。せっかく今までさんざん手を入れてあちこちと直してきたお寺なのですから。状況は分からないのですが、是非、せめてセピア色の老後に致しましょう。
よかったね (風船)
2009-10-24 10:56:21
年金すくないすくないと いっても今の低金利時代では 数億円の金利とおなじかもしれませんよ
風船さんへ (風月)
2009-10-24 13:59:35
数億とはいかないまでも数千万の利息で食べているようなものでしょう。しかし現在のこの低金利は銀行と国の手品ではありませんでしょうか。手品というよりごまかしでしょうか。

ところで郵便局は、年金の人は定期の金利が少しよいそうです。知っていますか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事