風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

老犬ジュリーのデイサービス

2008-05-02 12:59:23 | Weblog
5月2日(金)曇り【老犬ジュリーのデイサービス】 (昨日撮った写真)
近所の老犬ジュリーが寝込んでから、かれこれ3週間がたった。ジュリーの飼い主はあまり面倒をみてやれないので、ご近所の美容院の人が、昼間はお店に運んできて、世話をしてくれている。 この美容院は二人の美容師さんがいて、二人とも、いつも烏たちに餌をやる姿を見ていたので、動物好きの方たちだと日頃から思っていた。この度のジュリーを世話する様子を見ていて、動物が哀れなのを見逃すことができない方たちであると、あらためて感心した。

朝、 お店に出て来ると、先ず、ジュリーを飼い主の家から運んでくる。褥瘡ができてしまったので、かかえてくることはできない。タオルを敷いた段ボールの上に、ジュリーを乗せ、前と後 を持って20メートルほどのところを運ぶ。そして、お店のソファの上にジュリーを寝かせて、夕方の閉店時間まで、食事をあげたり、水を飲ま せたり、ときどき向きを換えたり、下の世話まで面倒を見てくれるのである。
ジュリーがもう一度立てたら嬉しいね、散歩に連れて行ってやりたいね、などと話しているのだが、果たしてその日は来てくれるだろうか。今朝は少し弱々しい 感じで、二人とも心配していた。 しかし、このジュリーはこのようなお二人がいてくれるお蔭で、最晩年のひとときを穏やかに幸せな日々を送ることができている。近所中の人たちも、ジュリーを見 守っている。私も時間があれば、日頃は縁のない美容院に覗きに行って、ジュリーの様子を見に行ったりしている。美容院のお客さんもジュリーを大事に見 守っている。これほどに周りの人に愛されている犬も少ないだろう。
「ジュリー、少しでもよくなってね」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法を識る者は懼る | トップ | ジュリーのデイサービス、その2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きだけでは出来ませんね (春女)
2008-05-03 09:05:05
ジュリーの目には愁い、不安、うつろ、少しの安堵などが入り混じっていますね。食欲がないのでしょうか、痩せて見えます。
それにしても美容院の方々は偉いですね。犬が好きだけでは出来ません。盲導犬の最後を看取るボランティアがおられますが、同じような考えをお持ちなのでしょう。
ところで紹介のあった青目海さんのブログに早速行ったのですが、風月さんが後から来て、紹介の承諾を求めておられましたね。私はフライングをしたかと少し心配しました。
春女さんへ (風月)
2008-05-03 10:08:48
今日は雨の中のデイサービスのお迎えだったので、少し大変でした。でも今日はとても元気なようです。このお二人には感心しています。周りの人たちも大事におつきあいしてくれていて、地域の光ですね。

青目海さんのほうは、あちこちにURLを公表していますので、大丈夫とは思いますが、一応許可を頂いた方がよいだろうと思ったのです。
犬も床ずれ? (光泊)
2008-05-04 18:09:04
写真から見ると、右ひじに床ずれがありますね。痛々しい限りです。そんなに老犬とも見えませんが、どこが悪いのでしょうか。
食欲が回復して、嘘のように元気になることを祈ります。
光泊さんへ (風月)
2008-05-13 12:13:49
お医者さんは内臓的な問題は無いと言うそうです。少し栄養失調だったのではないかという意見があります。飼い主が具合が悪くあまり面倒を見られなかったようです。

もしかしたらまた歩けるようになるのではないかと、今朝の様子をみますと、そんな希望さえでてきました。この美容院の二人のお蔭ですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事