風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

百歳の食事

2017-05-26 11:23:11 | Weblog

5月26日(金)雨【百歳の食事】

この頃、母は、玄米の咀嚼をあまり十分にできなくなったようです。それでも白米よりも玄米がよい、と言いますので、今朝は少しペースト状にしてみましたところ、すべて食べられました。

野菜も、だいぶ柔らかいと私には思える野菜のおひたしや胡麻和えなどにしてだすのですが、噛めないからと言って呑み込みません。そこで、みじん切りにしてお味噌汁に入れたり、卵焼きに入れたりして、野菜を食べるようにしてもらっています。

緑野菜は血液のもとですから、どうしても食べてもらいたいですね。

お豆腐もお味噌汁に入れても、ほとんど残していますので、考えまして、お味噌汁の中でつぶして形がわからないようにして出しましたら、食べきっていました。

下の写真は、子ども時代はよく削り節を削らされていたので、鰹節を買いまして、自分で削ってお味噌汁の出汁をとってみました。まだ上手に削れませんが、削り方をいろいろと工夫してみます。そのうちにきれいに削れると思っています。横に写っている木槌は……木版用の木槌です。ちょっと代用させてもらいました。カンナの刃先が微妙に出すぎていましたので、調整しました。美味しい出汁を期待しています。

皆さんも、野菜でも何でも、おいしく食べられるときに楽しんでお食べくださいませ。

 

#百歳

#母百歳

#老老介護

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命力の強さ | トップ | テロ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (春女)
2017-05-30 17:40:09
百歳を越えられたスーパーおばあちゃんとは言え、お世話(介護?)はとても大変ですね。
公私にわたりご多忙にもかかわらず、手抜きがないこと頭が下がります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事