『コダワリの女のひとりごと』

鉄道&ご当地グルメ研究家。世界遺産と食べ歩き地酒とワイナリーが好きなフードアナリスト&温泉ソムリエの日常の記録。

有田皿山通り散策、鉄道女子のツボな陶山神社や美しいトンバイ塀☆春秋航空とレンタカーで周遊する佐賀女子旅・本編⑧

2017-05-25 | 旅 佐賀県

昨年、有田のお隣の長崎県波佐見には行っているのです。
波佐見に行ってから有田と伊万里が気になって気になって仕方ない。
もともと食器が大好き!有田焼など磁器が好きなので絶対行きたい場所でした。

武雄からは20キロ弱の有田は車で30分の距離。
パワースポット武雄神社、武雄温泉、武雄図書館でスタバる☆春秋航空とレンタカーで周遊する佐賀の女子旅・本編⑦
前の記事はこちら


食器を買うわけではないけれど、大好きな日本の磁器発祥の地、有田は訪れてみたい。


有田、皿山通り散策は陶山神社から


有田の中でも歴史のある建物や老舗窯元、商家が集まる皿山通り。
江戸時代、香蘭社のある通りを赤絵町(皿山通り)ともいい、今泉今右衛門の窯をはじめ赤絵に携わる窯元が並んでいたそうです。
有田の窯元全部見る時間はないけれど、香蘭社と皇室御用達の深川製磁だけは押さえようと思っていました。



有田焼きの美しく繊細な模様と磁器独特の上品な手触りが大好き。
磁器派なので食器用洗浄機あるのに一切使わず手洗いしています。
食器好き、焼物好きとして有田は必須立ち寄りスポット。


香蘭社さんの近くにあった交番の道案内にもくぎ付けになりました。
有田だけあって道案内地図も有田焼なんですね。

有田で絶対行こうと思っていたのは、陶山神社とドンバイ塀。
まずは有田焼きの鳥居のある陶山神社へ行きます。 


陶山神社は陶工はもちろん、鉄道好きの聖地でした。


陶山神社へ行ってみてビックリポン!
鉄子ワクワク!スポットでもあるんですね!
神社へお参りするには踏み切りを超えていかなくてはいけないのです。
佐世保本線の上有田駅が近いのですが、陶山神社の参道をさえぎって通っているのです♪
なにこれ珍百景には登場したことがあるスポットだそうです。

参道の途中に踏み切りがあるのは珍しくはないですが、こんな参道の階段途中に踏切がある神社は珍しい。

鉄道好きとしても陶磁器好きとしてもツボな陶山神社です。

思わず、何時に鉄道が通過するか調べてしまいました。
が、残念なことに次はどちらも1時間後くらい。。。 知っていれば先にランチして時間を調整したのになぁという思い。
詰めが甘かったんですね。


踏切を渡る前に一枚。 
正直、陶山神社へ来るまで、なぜ自分がここに来たいのかよくわからずにいました。
ご縁に手繰り寄せらたのだと感じました。


踏切を背に記念撮影。 

第一鳥居の辺りから撮影すると踏切の向こうは階段のため何もないよう見えます。
お社に向かって踏切を渡るとさらに石段の参道があります。
鳥居はもちろん、石段の左右にある灯篭も磁器。

神社の社名も磁器の皿に描かれています。


有田!という感じでいい神社ですね。
鳥居が磁器なんてすごい💛
この鳥居に出会えるだけでも焼物好きにはたまらん♡


陶山神社 (すえやまじんじゃ)
神社名は俗に「とうざんじんじゃ」とも音読されるそうで、陶祖、李参平を祀る神社。

江戸時代に当時有田の統治と有田焼及び陶工に関する管理を行っていた鍋島藩の皿山代官の指示により造営されたそうで、「有田焼陶祖の神」として陶工たちの崇敬を集めたようです

磁器製の大鳥居は昭和31年の台風で半壊したため、香蘭社の10代深川栄左衛門が復旧を念願し、再現、大隈重信公によって書かれた題字の"深川君の碑"が建立されています。
 
 
陶山神社(すえやまじんじゃ) 
〒844-0004
佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1 
■電話番号 0955-42-3310 
■FAX番号 0955-42-3317

案内板もみんな磁器。
おままごとも磁器だったそうですよ。
そして、鳥居だけでなく、狛犬も磁器。
狛犬も陶製 明治20(1887)年赤絵町第十代今右衞門奉納 高さ82㎝
磁器製阿吽一対で珍しい形状の狛犬


☆陶製絵馬 800円
ほかに陶製花びん型お札などもありました。
絵馬は奉納せず持ち帰りたくなる可愛さ💛 

鉄道女子的には次に汽車が通るまでここで待ち構えていたいところですが、時間が足りないので断念。

陶山神社を降りたところの交差点に案内標識があり、観光案内所もあります。
トンバイ塀を見に行かなきゃ!


☆有田観光案内所 
500円で自転車も借りられます。


トンバイ塀のある裏通りをたどってみる


トンバイ塀をたどって裏通りを歩いてみます。
☆トンバイ塀
トンバイ塀登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンベイ)を使い捨ての窯道具、廃材を赤土で固めた塀。
塀に沿って歩くとかなり長い距離あって、裏道をずっと行く感じになります。


 

 塀に沿って歩いていたら皇室御用達、深川製磁の工場に出ました。


☆深川製磁工場 ※見学不可 
この建物の色合いが懐かしい!昭和の頃の私の小学校がこんな色合いの明治の建物でした。
私はその校舎を図画で描いて賞をもらったんだっけ。
低学年まえはクレヨン画だから絵画展でよく表彰されていたことを思い出しました。昔昔の話で絵心は全くありません。
深川製磁の工場をさらに進むと、深川製磁の本店がありました。


☆深川製磁本店
深川製磁製品が並んでいます。
有田だからお手洗いももしかして有田焼?
思わず、確認してしまいましたが、お手洗い製品は深川製磁では作ってないので有田焼ではないとのこと。

 

 


☆旧松本家

さらに散策すると、大好きな香蘭社に来ました。
香蘭社は30年くらい前でしょうか長崎空港で出会いました。
それまでも京都のたち吉などは好きで買い集めてましたが、有田焼との認識で出会ったのが香蘭社。


☆香蘭社古陶陳列館

香蘭社の社名
「君子の交わりは蘭の香りの如し」という中国の易経からとったものだそうです。
日本で最初の会社組織としてスタートしたとのこと。
ショールームは明治初期に建てられた土蔵造りと明治38年の洋風モダンな建物が繋がり、有田の町並みの中心に位置した老舗。
2階は香蘭社所蔵の江戸末期から明治中期の有田焼 古陶磁コレクションがあり柿右衛門・鍋島・古伊万里の3様式など約200点を展示。
2階奥には天皇家ご行幸の際や外国との商談に使われた"貴賓室"を備え、皇室ご用達として納められた有田焼の製品などがありました。


香蘭社有田本店
〒844-8601 佐賀県西松浦郡有田町幸平一丁目3番8号
TEL:0955-43-2132 / FAX:0955-43-2530
営業時間: ※季節により変更有り
午前8時から午後5時30分(平日)
午前9時30分から午後5時(土日祝日)
定休日:日祝日も営業


なんて美しい器たちでしょう。
無料で見学できるなんて素敵過ぎる!
写真NGの記載はなかったけれど、ここは私のブログ写真ではなくご自身の目で見に行かれて欲しい。


香蘭社さんも深川製磁もティールームというのがないのですね。
サービスのコーヒーを出していただくほどの器を購入はないので、有料でいい!美しい器でコーヒー飲めたら最高でしたが。


そして、なんとランチで訪問予定だったお店が臨時休業ですって。。。 
☆お食事処 本陣
ここでランチ!と決めていたのに臨時休業でした。残念。
念のため有田の観光案内所でいくつか教えていただいてたのでそちらを目指しました。

 

佐賀県の旅のまとめの目次はこちら
成田からSpringJapan(春秋航空)で行く♪レンタカーで周遊する佐賀県女子ひとり旅☆目次&ダイジェスト

    佐賀空港はSmart&Casual
成田⇔佐賀間は春秋航空が毎日2往復。LCCなので片道3520円~と格安!
 羽田からも毎日5往復で便利で意外とすぐ行ける。
SpringJapan春秋航空 

食べログ グルメブログランキング ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
#佐賀県 #春秋航空 #SpringJapan #女子旅 #レンタカー #ドライブ #佐賀県周遊

 

 
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パワースポット武雄神社、武... | トップ | すし料理専門店 亀井鮨で有田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。