『コダワリの女のひとりごと』

鉄道&ご当地グルメ研究家。世界遺産と食べ歩き地酒とワイナリーが好きなフードアナリスト&温泉ソムリエの日常の記録。

JR只見線復旧応援ツアー⑤奥会津・只見町深沢温泉『季の郷・湯ら里』と鉄分の多い「むら湯」

2017-04-22 | 旅 福島県

奥会津・只見町では只見町・深沢温泉の宿泊施設『季の郷 湯ら里』に宿泊しました。
今は不通となっているJR只見駅からも近い場所です。



季の郷・湯ら里は館内にも温泉があるのですが、徒歩で3分ほど離れた場所に日帰り温泉「むら湯」があり、そちらも利用することができます。
大きな窓があり、露天風呂の感覚で温泉に入れるのが魅力でした。
道路が見えるので、湯船も外からぼんやり見えるのかもしれないなと思いつつ解放感ある温泉がなかなかよかったです。
深沢温泉の源泉は鉄分と塩分が豊富で赤茶色をした温泉は身体を芯から温め、万病に効果があるそうです。

道路から見たむら湯です。

深沢温泉むら湯
営業時間 
入浴受付9:00~20:30(19:30)
入浴時間 9:00~21:00(20:00)
定休日 毎月第3水曜日 食堂営業 11:30~20:00(19:30)
入湯料 600円こども200円

 

館内の温泉もまた露天風呂もありなかなかいいお湯で、食事の前に二つの温泉へ入ってまったり。
スケジュールがまったりゆっくりしているので温泉でゆっくりできる時間ができて嬉しかったです。
お部屋には「湯ら里まんじゅう」が用意されていました。 

 


お食事はお部屋ごとで大広間で。


・先付 小付三品
・刺身 ニジマス
・陶板 トマト風味の豚すき焼き
・煮物 郷土の味 お平
・蒸し物 茶碗蒸し
・焼き物 岩魚の胡桃味噌焼き
・揚げ物 えび天・野菜
・食事 ごはん(お茶漬け)味噌汁



只見は水が豊富なのでトマトも名産なんですね。トマト風味の豚のすき焼き美味しかったです。

 

お食事の後も館内の温泉でまったり♪

 


2日目


朝ももちろん朝風呂。
露天風呂で雪景色を眺めながらの入浴。

お風呂から上がってきたら朝日が


朝日をロビーから眺めました。
朝日を眺めながらモーニングコーヒーです。
ドリップコーヒーの自販機があって嬉しい。

  

 

朝ごはんはブッフェスタイルでいただきました。

 朝ごはんの後は、雪そりと「かんじき体験」。



かんじきは初めてですが、雪が深くても沈まずスイスイ、アメンボが水面を歩くように歩けて楽しい。

 この只見線が走る風景をリアルでみたいなぁ。
ポスターの只見線が美しく、撮影の場所が気になって仕方ありません。

季の郷 湯ら里
福島県南会津郡只見町大字長浜字上平50
TEL:0241-84-2888
http://www.yurari.co.jp/

 

JR只見線復旧応援ツアー★奥会津の旅 ダイジェスト&目次
まとめの記事はこちら

 

 

食べログ グルメブログランキング   

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタバのアメリカンチェリー... | トップ | オリジナルパンケーキハウス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅 福島県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。