『コダワリの女のひとりごと』

鉄道&ご当地グルメ研究家。世界遺産と食べ歩き地酒とワイナリーが好きなフードアナリスト&温泉ソムリエの日常の記録。

羽入サ―ビスエリア上り線の鬼平江戸処のおすすめスイーツ『一本うどん風くずきり』『人形焼き』『苺クリーム白玉しるこ』

2016-10-18 | 旅 埼玉県

鬼平江戸処は鬼平犯科帳の鬼平が生まれた1745年からの江戸の街並みを再現しているそうです。

『鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう)
池波正太郎の時代小説。略称は鬼平。
「オール讀物」に連載された。実在の人物である火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物帳。

池波正太郎は戦後を代表する時代小説・歴史小説かであるととものに、食通でもありグルメについて語ったエッセイは私の愛読書でもあります。鬼平犯科帳は代表作のひとつとなり、江戸時代に実在した長谷川平蔵をモデルに池波正太郎が創作した人物が「鬼平」です。

 

何度か羽入上りPAに立ち寄ったことはあるけれど、夜しかないので、いつお閉店ギリギリとか閉店後とかで、昼間に立ち寄ったのは初めてでうれしいです。
 
 鬼平江戸処の厳選土産物


★文楽焼本舗 「笑門来福」 480円

 



個々の鯛焼きはお好み鯛焼きが人気だそうですが、私は餡子大好きなのこれはなかなか好き💛

 


★一本饂飩風くずきり 
秘伝の黒蜜に黄な粉とゴマの風味がマッチしてなんとも言えないおいしさ。

沖縄県波照間産の黒糖と数種の糖を独自にブレンドし煮詰めた「秘伝の黒蜜」と、強めに煎り、粗めに引いた香り立つきな粉
船橋や1805年創業当時から一貫して作り続けてきたくず餅。
こだわりの製法でお餅の適度なやわらかさとしなやかな歯ざわりを引き出しているそうです。

 


★苺クリーム白玉しるこ/480円
船橋屋自家製のお汁粉に、甘酸っぱい苺のピューレを合わせた
2層のお汁粉に白玉とアイスをトッピング。
新しい味わいをお楽しみ頂ける新感覚のお汁粉。

 

ほかにもいろいろ食べてみたいのがありました。
また営業中に立ち寄りたいな💛休憩スペースも江戸風でミニ江戸テーマパークは楽しいので東北自動車道上りを利用の際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

船橋屋 鬼平江戸処店甘味処/ 羽生市その他)
 東北自動車道 羽生PA(上)
〒348-0004
埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
【お問合せ】048-566-1215(羽生マネジメントオフィス)
【営業時間】9:00~17:00


食べログ グルメブログランキング 

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生ローゼルで淹れるフレッシ... | トップ | ひょうごの別品旅☆東播磨三都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。