「遠野」なんだり・かんだり

遠野の歴史・民俗を中心に「書きたい時に書きたいままを気ままに」のはずが、「あればり・こればり」

2017 八幡神楽・子供やぶさめ

2017-05-11 08:23:35 | 郷土芸能

昨日は雨天、釜石市尾崎半島の林野火災には恵みの雨になったのではないでしょうか。

聞こえてきた昨朝の情報では、火災地域のあちらこちらの地面は、まだくすぶっている処が何か所もあるとのこと。

関係各位の皆様にお見舞い申し上げます。

 

さて、話題は5月5日に戻ります。

拙ブログにて、この日開催、遠野郷八幡宮出雲大神祭と子供やぶさめ等のタイムスケジュールを告知しましたが、

当の本人が遅刻してしまいました。

何を血迷ったのか、神事が11時と勘違い。(-_-;)

 

今、まさに八幡神楽が始まるところでした。

 

岩戸開きから始まり、いつもなら次は鳥舞のはずが、三番叟

 

この舞、初挑戦の方が演じ、きっちり演じるよりも、はるかに面白い三番叟でした。

(連休4回目の三番叟となりましたが)

 

次は、連休中、3回目となる恵比寿舞

 

こちらは安心して観られました 笑

 

権現舞

いつもであれば山の神舞のはずですが、鳥舞といい、人の都合がつかなかったのかもしれません。

 

こういうことが何度も重なり、いつしか演じられなくなることも多いようなので、

人の補充をしながら、ぜひ、来年は、いつも通りの演目構成をと願うところです。

八幡神楽さんでも、他同様に新人大歓迎だと思いますよ~!

 

恒例によりまして、最後はカミカミ 笑

 

拝殿内でやぶさめ神事をしていた参加者が現れました。

 

防寒対策が必要な年もありますが、今年は至って穏やかな一日。

 

桜の花が時折舞う中、、参加者にはスペインの方もおり、見学者にはイタリアの家族、

と、インターナショナルなやぶさめになりました。

(写真と文章が一致しませんが)

 

掛け声もヨウ~イタリア~!

 

今年は機嫌の悪いポニーもいなかったので、全て的中させる子もいたりと

おだやかなひと時となりました。

 

あやすつもりが、涙目にさせた変なおじさん画像で子供の日の日中は、終わりです。笑

 

 

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 平倉神楽 in 遠野座 | トップ | 2017 湧水神楽 in 遠野座 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (NSTABI@漁労長)
2017-05-11 09:32:50
よう、射たりやあ~
国際的です。
国際化 (笛吹)
2017-05-11 12:59:51
NSTABI@漁労長さんへ
市内で外国の方々の団体さんを見るほど、国際的な観光地ではありませんが、
人的交流から生まれる小さな輪が、広がってきているような気がします。

子供やぶさめでの「よう、射たりや~」、
イタリアの方は、「イタリア」と聞こえていたのか興味のあるところです。笑
Unknown (とらねこ)
2017-05-11 20:18:16
涙目になってましたか?
てっきり喜び過ぎてとばかり思ってました・・・笑
でも例年どおりの子供の日となりました。
涙目 (笛吹)
2017-05-11 23:16:47
とらねこさんへ
もしかしたら、喜んでいたのかも・・・
今度会ったら、本人に聞いてみましょう!笑
よう射たり屋 (NSTABI@漁労長)
2017-05-13 20:08:40
今年も全国大会のお誘いが、、
慢性的な人手不足、人がいないと担ぎ出されました。
7月から、全国大会、さんさ踊り鑑賞を兼ねた遠野撮り鉄遠征、関東でのねぷた囃子、、、夏はいつもの事ですがあっという間に来て、あっという間に過ぎていきそうです。

なんと、遠野祭りの休みをもらおうと今から画策しております、、、流石に、1泊2日になりそうですが、、

コメントを投稿

郷土芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL