「遠野」なんだり・かんだり

遠野の歴史・民俗を中心に「書きたい時に書きたいままを気ままに」のはずが、「あればり・こればり」

第24回遠野郷神楽共演会其の壱

2017-01-30 22:00:43 | 郷土芸能

昨日は、遠野郷神楽共演会。今回で24回目。

第1回からの出演団体一覧表を見ると、六角牛、迷岡、柏崎、駒木、野崎の各神楽も出ていたようですが、

この中で廃絶状態にあるのは柏崎と駒木。

逆に当初は出られる状況にはなかったものの、その後、復活を遂げている団体もあるようです。

 

上宮守神楽の打ち鳴らしからスタートです

 

トップは、鱒沢神楽さん 「鳥舞」

 

来月12日には恒例となっている初舞いがありますが、

 

昨年は三人による鳥舞でしたが、今年はどうなるでしょう・・・

 

石上神楽さん 「松迎舞」

 

翁舞の裏舞という位置付けのようです。早池峰系神楽では翁面を使用するのに対し、

黒森神楽では阿吽の若者の面でした。

 

面をはずしてのくずし舞

師匠神楽となる大出早池峰神楽では、この演目のくずし舞を、まだ目にしておりません。

 

平倉神楽さん 「尊揃舞」(みことぞろいまい)

神遊びの様子を舞い納めたものとのこと

 

面を付けてのこの動作が何度も繰り返されますが、相当きついかと・・・

 

明日、あさっての筋肉痛が心配です。笑

 

涌水神楽さん 「八幡舞」

 

この日、八幡舞を演じたのが三団体あり、其々の伝播ルートの違いが舞にも現れていました。

 

湧水さんには若い男性が多いので、舞もダイナミックです!

 

という具合で、続きます。

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒森神楽北上巡行後編 | トップ | 第24回遠野郷神楽共演会其の弐 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共演会 (掛け持ち人)
2017-01-30 22:27:00
ついに共演会その1が始まりましたね⁉
1ヶ月前の石鳩岡神楽交流会でも同じ舞台で舞いましたがやはり遠野郷の神楽共演会となればやはり別物だと感じました。今回は人手が多い感じに思えましたが笛吹さんは昨年と比べてどう感じましたか?
神楽共演会 (笛吹)
2017-01-30 23:10:52
掛け持ち人さんへ
私も多いと思いました。遠野以外からも来ていたんではないでしょうか。

上手、下手は経験の差なので仕方ないことですが、
今年は気持ちの入った神楽が見られて感動しました。

ところで、直会でも神楽やったの?
もしかして、そっちも面白かったりして・・・。
その後は (掛け持ち人)
2017-01-31 18:24:02
直会では神楽はやりませんが直会の最後には神楽御祝いと言うものをやります。
直会 (笛吹)
2017-01-31 19:36:08
掛け持ち人さんへ
安心しました。
直会でも、余興で演じるようであれば、残らなければと思いました。笑

コメントを投稿

郷土芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL