「遠野」なんだり・かんだり

遠野の歴史・民俗を中心に「書きたい時に書きたいままを気ままに」のはずが、「あればり・こればり」

2017 盛岡さんさ

2017-08-05 13:49:11 | 郷土芸能

3日(木)は時々愛妻と二年ぶりに盛岡さんさへ、

開始30分前に着きましたが、座れるスペースも確保でき、口喧嘩せずに済みました!笑

 

暑すぎず、寒すぎずの天気です

 

まずは、ミスさんさを捉えようと思いましたが、標準レンズでは距離も足りず

 

前に来たかと思えば、移動ということで、なかなか上手くいきません。

 

ミス太鼓の皆さんも同様に、通過・・・隣りの席からはブレてるとダメだし・・・笑

タバコを止めたら、いいレンズを買ってあげるのに・・・

と云われましたが、あたしゃあ、レンズより車が欲しい・・・笑

 

順不同となりますが、こちらは自衛隊の皆さん、躍動感たっぷりです!

 

伝統さんさの土淵さんさ(遠野市土淵町ではありません 笑)

この盛岡さんさ踊りの見どころのひとつがこのような伝統さんさです。

 

元ミスさんさの皆さんが参加されている「さんさ華の連 with friends」

 

やはり、華がありますね~!

 

そうこうしている内に、下の娘が参加している集団が・・・

「あれ!」と娘を指差しされても、カメラからは、どこを指さししているのかわかりません。

あっという間に、通過していきました・・・

 

IBC 岩手放送の皆さん

菊池雪見アナウンサーは提灯の付いた竿を持っての登場

思わず、「ゆきみ~!」と声を出すと、「おう!」と声をかけてくれました! 嬉

目が合いましたが、誰だかわかったかなあ・・・笑

 

TVで見る女子アナたちも笑顔

 

パレードが終わると、各ポイントで輪踊り

娘を探して三千里! 笑顔いっぱいでした。

 

最優秀賞は逃したものの、優秀賞で終わりとなりました。

この後、ご苦労会かと思っていたら、翌日には試験があるとのこと。

パチンコに麻雀三昧の親父の青春とは違うようです。汗

 

明けて翌日、前夜の疲れが全く取れないまま、2日に続き、またまた同級生のお父さんの葬儀に出て、

夜は、「友、遠方より来る」で、山猫さんと乾杯です。

2カ月ぶりの外飲みということで、疲れも吹き飛びました!笑

 

ところで、

恒例になっている同級生のお盆の飲み会は、13日(日)になったようです。

 

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 塚沢夜神楽 最後に | トップ | 2017 石上神社例祭と遠野座 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とらねこ)
2017-08-05 19:27:02
盛岡さんさ、いつか必ず行こうと思っているうちに30数年が経過しております。(;^ω^)
迎撃の宴では色々と失礼しました。
思うところが色々とあって、またかみ合わないこともあって表に出てしまいしたことお詫びします。
これに懲りずにまたよろしくお願いします、謝
盛岡さんさ (笛吹)
2017-08-05 21:27:27
とらねこさんへ
夕べはお疲れ様でした!
お酒は清く、正しく、楽しく、唄うですね~!
汗もいっぱいかいたので、今朝は、すっきり起床でした。
また、飲みましょうねえ~

盛岡さんさ、とらねこさんが撮りたくなるような方が、
大勢参加しているので、お薦めです!笑
その日、ニアミス (NSTABI@ 漁労長)
2017-08-17 13:27:02
弘前ねぷたに、2日に出陣して、
3日は、盛岡さんさ見てました。
NTTのビル辺りで、
ニアミスしていますね!
夜走りで、帰って、
4日は、群馬県の尾島ねぷたの練習会に!

来月の遠野のお祭り、楽しみです
盛岡さんさ (笛吹)
2017-08-17 15:10:00
NSTABI@漁労長さんへ
盛岡さんさのNTT前、輪踊りの周りをウロウロしていました。
娘を探すのに一生懸命で、、嫁さんがどこにいるのかさえ、わからない状況で・・・。笑

尾島ねぷたは、8月のお盆時期なんですね~!
16万人もの人出だとネットにありましたが、凄い!
推定何万人の遠野まつりとは比べようもありません・・・汗

遠野も来月初めには、お祭りモードになってくると思いますが、
お盆の終わった今は、全くもって静かな町です。笑い
Unknown (NSTABI@漁労長)
2017-08-17 22:01:35
確かに、多くの観光客の皆さんに来ていただけて、とてもうれしかったです。
私は、尾島実行委員会のねぷたの囃子に出だしていただきました。
まだまだ、実行委員会の囃子を奏でる資格はありませんが、、とても楽しかったです。
秋には、北本ねぷたに出陣する予定です←あくまで予定ですが、、、
祭りって見るのも良いですが、参加するとさらに楽しいですよね?
お祭り (笛吹)
2017-08-18 15:34:57
NSTABI@漁労長さんへ
良かったですね、参加できて!
観るのも撮るのも良いですが、やはり自ら参加するのは格別ですよね!
但し、観る撮るには責任はありませんが、出るとなるとそれ相応の責任が発生し、
楽しむまでには至らず、無事やり遂げたという疲労感だけが残るのも事実です。笑
囃子 (NSTABI@ 漁労長)
2017-08-18 18:19:32
5月から、群馬県の太田市に、通いました。
弘前ねぷたにも、出陣。
今年の夏は、例年になく、充実してます。

遠野のお祭り、囃子の奏者として、参加される
笛吹さまを、心から、応援させていただきます。

もちろん、楽しんでいきましょう❗
お祭り (笛吹)
2017-08-18 20:04:35
NSTABI@漁労長さんへ
遠野まつりでは、囃子の奏者などという立派な呼び方はありません。
「おい!そこの笛、こっちに並んで、ちゃんと吹け!」ってな具合で、
あくまで色物の裏方でしかありません。笑
Unknown (NSTABI@漁労長)
2017-08-19 22:03:34
確かに裏方が目立っちゃダメですよね(笑)
最近は、どこの祭りに行っても、笛が気になって仕方がありません(^^;)
おかげで、弘前に行っても、あの勇壮で、優美な、ねぷた絵ほとんど見てませんでした(汗)
あ、それから、祭りは、隊列の後ろの方に居るので、終始見えるのは、ねぷたの見送り絵の美人画。
囃子方 (笛吹)
2017-08-20 19:29:30
NSTABI@漁労長さんへ
なんだかTwitterのようなやり取りになってきましたね~。

関東にあるひょっとことおかめが出るお囃子では、太鼓も笛もその道の上手と云われる方々が奏でるので、
ある意味芸術性を感じます。
岩手だとお囃子はあくまで裏方で、例外としては、釜石、大槌周辺の虎舞かもしれません。
漁労長を名のる以上、沿岸地域の虎舞は必見ですよ~!笑

コメントを投稿

郷土芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL