キャラメルミルクティーのような日々

杏の気ままなブログです。
お気軽に遊びに来てください。コメント大歓迎です☆

「運命に、似た恋」第4回「本当の嘘」の感想

2016年10月16日 | ドラマ 運命に、似た恋
「運命に、似た恋」第4回を観ました。

今回のお話は…

連絡先を交換しあい、忙しい日々の中も、

新たな恋の始まりに心躍らせるカスミさんとユーリくん。


ところが、カスミの家に、離婚した元夫・ヨージが訪ね、

息子・ツグミの大学進学のための貯金を引き出してしまいます。

金策に追われるカスミは、日中は、クリーニング店の仕事、

そして、夜間は、ビル清掃の仕事をする事になってしまいます。

おやゆび姫だったはずでしたが、

まるで、舞踏会に行けないシンデレラのようなカスミです。

息子のツグミも、母の苦労を噛み締めます。


更に、ユーリとカスミの仲を許せない、

嫉妬に駆られる怖いセレブ夫人・マホさんから、

ユーリには、本気で好きになっている本命女性がいること、

ユーリの部屋に、その女性のバレッタがあることまで告げられます。


カスミは、今の自分が置かれた現実、

マホから告げられたバレッタの女性の存在を考えると

自信を失い、惨めで、身の置き場のない気持ちになります。

そして、世界的デザイナーのユーリとのハードルの高い恋に、

自ら終止符を打とうとします。


しかし、マホが仕組んだ嫌がらせが、結果、

ユーリが、大切に持ってたバレッタが、

幼い頃、運命の人・アムロに渡した自分の髪留めだとわかり、

ユーリの部屋へと走ります。


ユーリは、自分がアムロだと認め、

改めてカスミとユーリは、運命の再会を果たし、

お互いの再会を喜び、より強い愛で気持ちを確かめ合います。

視聴者に、気になるユーリのモノローグを残して…。



工くんが、自分のブログで、

ドラマの第4回が、「二段階右折 」というタイトルにした意味が

少しわかったような気がします。

右折したラストだったと思います。


そして、第4回の台本を読み終えて、

心が震えたのもわかります。

工くんが言ってる、足し算から掛け算になって行くことの意味は、

まだ全くわからないけれど。汗


しかし、今回は、

カスミとユーリの会話でも、

「観念した。」というセリフが出ましたが、

私が観念しましたよ。笑


ラストの魂が震えるようなラブシーン。

すごく重厚感があるラブストーリーなんだという覚悟で、

これから観なきゃという感じです。


ユーリがアムロだとわかり、お互いの再会を喜び合い、

柔らかな光の中で、

ユーリから、カスミに交わした優しいキスが神々しかったです。

キスの後、ユーリが、カスミのおでこに優しく触れるところが、

愛おしさが、満ち溢れ出ていて

本当に、ユーリは、一途で、ピュアで、優しい人なんだと思ってしまって、

思わず泣きそうになりました。

気が付けば、

初回のイメージのユーリは、もうどこにもいませんでした。


2人を包みこむような音楽が、パイプオルガン、そして讃美歌だったということもあり、

美しく、優しく、神聖な雰囲気で場面を満たします。

息を呑むほど感動的なラブシーンで、本当に私が観念しました。笑


ユーリが、カスミに伝える言葉が、純度が高すぎ。

とにかく、優しい優しい落ち着いた声で、

呼び捨てで「カスミ」と言われ、

「もう離れない」

「ダメ。帰さない。」


お姫様抱っこされて、

「こんな私でいいの?」とカスミが返したら、

「世界で一人だけ。カスミでなきゃダメ。」

「観念した?」

女性なら誰でも、一番大好きな男性から言われてみたい言葉ばかりだったと思います。

本当に、これが純愛なんだと。

女性なら、誰でも言われたい素直な愛の言葉なんです!

ユーリは、ちゃんと言うから、誠実で、男らしいです。


純度が高いキスや抱擁には、優しさや神がかったオーラが溢れ出るものなのだと

今回観させて感じたことです。



カスミを演じる、原田知世さん。

回を増すごとに、どんどん彼女の虜になっています。

私も、ユーリのように、彼女にメロメロ。

あのかわいらしさ、透明感、そして、工くんも言ってたフェアリー感。

「もういいや。観念しよう。」って言った時の、

あのフェアリー感だと、

フワッと飛びそうで、ずっと抱きしめてしまいたくなってしまいます。


そして、工くんについては、

彼を抜きにした自分の日常は考えられないほど、

私は、工くんの大ファンなんですが、

ここまで純度が高いキスや抱擁を観てしまったせいで、

もっと大ファンになってしまいました。笑


今まで、仮に工くんを知らなくても、

純愛ドラマが好きな自分は、多分、どんなタイミングであっても、

斎藤工くんを好きになる運命だったような気がします。

出会うべき人だったんだと思います。



しかし、最後の最後のユーリの心の声。

「この時ついた、大きな嘘は、

それから、ずっと僕を苦しめることになったんだ」


ユーリは、アムロじゃないってことですよね?

5話の予告で、

ユーリは「僕が死ねば良かったです。」と言って、

泣いてるし。

師匠に傷つけられる言葉を浴びせられてるし。

カスミが、ユーリを今度は包み込むように抱いているし。


考えてみたら、

ドラマでは、カスミは全て包み隠さず、等身大の姿を映し出しているけれど、

ユーリは、その逆で、まだまだ謎だらけの存在。

明らかになっていけばなっていくほど、

切ない悲しくなっていく怖さが出てきたかもしれません。

正直、ここでもうハッピーエンドでもいいんじゃないかと思ってしまうぐらいです。


カスミにしても、元ダンナの素行の問題、息子の進学、

そして、息子ツグミに、ユーリのこと、どう話すのか?

親子2人で生きてきたツグミは、

大好きな母ちゃんに恋人が出来たことに、賛成するかどうか?

あの怖いマホさんが、このまま引き下がる訳がなく、

またまた2人の関係を破壊する行動に出るかもしれないし。

謎以外のハードルが、結構あったりします。



私自身は、ドラマ上の目線は、

ユーリの部下で、2人の恋のナイスアシスト・リリちゃんです。

ユーリをデザイナーとして、人として尊敬していて、

カスミにとっても、ユーリにとっても、彼女の言動が重要なキーになりそうです。

視聴者の期待に応える活躍して欲しいです☆

ちなみに、私は、ユーリとリリの掛け合いが大好きです。

「リリちゃん、返信が無いんだよね。」と相談するユーリが、

必死で、可愛い過ぎて、

リリちゃんも、ズッコケて、苦笑いしてていい感じです。



マホさんは、

意外とキレ者?出来る人?

ただのお飾りセレブ夫人じゃないでしょう。

鯛をさばいて、家庭料理も本当は作れるし、

それに、ユーリの仕事のことも、全て把握していて。

ミラノなんとか(私も、全くわからない 笑)のこともご存知で。

何となく、マホのダンナさん以上に、

ユーリのデザイナーとしての才能を高く評価している気がします。

だからこそ、自分よりも、わかってないカスミが、腹ただしいのかなぁ。


息子のつぐみは、いい息子だと思います。

「俺、大人になったら、絶対、母ちゃん楽させっから!」と言った時、

子供時代のアムロと重なった頼もしさがありました。

ウルっとくる、とてもいいシーンでした。

家族って、ありがたい、いいなぁって思います。


脚本を書かれてる北川悦吏子 さんのTwitterでは、

「運命に、似た恋」について、

私は、ユーリになって、カスミに抱きしめられたいと思う、

みんなが、そう思うはず、なドラマになっていると呟やかれてます。

やっぱり、

エンディングのように、

海底に沈みかけてるユーリを、

カスミが海に入って、救いの手を差し伸べる展開なのかもしれません。


今までの北川悦吏子さんのドラマは、

ヒロインを恋人の男性が、手を差し伸べる展開だったから、

そこも見所の一つになりそうです。

来週が、早くも、楽しみで仕方ないです。



最後に、コメントありがとうございます!

そして、私のブログを読んで下さる皆さん、ありがとうございます!

こんなにたくさんの方に読んで頂き、

工くん愛に満ちたメッセージを頂くと、

ブログやってて良かったと心から思います。

工くんに限らず、色々なことを通わせ合えるっていいことです。


しかし、こんなに読んで下さってるのは、

工くんの人気がすごいのだと思います。

そして、今回のドラマの素晴らしさ。

知世さんのとの共演、存在。


皆さんの声が、

私のブログを更に濃い中身にして下さってると思っています。

「運命に、似た恋」について、私なりに書いてはいるものの

皆さんにフォローして頂いて感謝しています。

これからも、引き続きよろしくお願いします。


たくさんのコメント、ありがとうございます☆

お返事お待ち下さいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒸し鶏と人参のもっちりサンド | トップ | コメントについてのご連絡です。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (小川圭子)
2016-10-17 03:27:52
「運命に似た恋」私も第4話を見ました。久しぶりにときめいてしまいました。けなげな原田知世さんも素敵ですが、斎藤工の愛人役の女優さんの腹黒さ全開な演技も良い味だしてますし次週の展開が気になります。「補足」来週は原田知世さんが掃除のパート現場で、あの腹黒とでくわすというストーリーのようですねどうなるのか楽しみです。息子さんのストーカー女の行動も気になります。
圭子さん、こんばんは☆ (杏)
2016-10-17 18:29:11
小川圭子さん、はじめまして☆
コメントありがとうございます!
「運命に、似た恋」の感想をありがとうございます。
第4話すごくよかったですね。
カスミとユーリの二人の恋が、とってもロマンティックでいいですよね。
ユーリみたいに誠実に優しく愛されたいですよね。
女性の願望を一気に魅せて下さった感じです。
私も、圭子さんと一緒でときめいてしまいました。
原田知世さんと工くんカップル、すごくいいですよね。
お二人とも、とっても素敵です☆

マホ役の山口紗弥加さん、嫌な役の良い味だしてますね。
他のキャストの皆さんも、いい感じですね。
次週の展開、すごく気になります。
でも、切ない展開になりそうですね。
ユーリ、泣いてましたし。
カスミは、マホに怒鳴られてましたね。
息子のツグミに、ストーカーしてる女の子は、どうも悪い子じゃなさそうですね。
ツグミくんと恋愛関係になりそうな?

また、ドラマのことで、いろいろ語り合いましょう。
コメントお待ちしてます。
第4話の感想 (ニャンキチ)
2016-10-18 01:48:12
もう・・・正直言って書きたい事だらけで
困っています。

恒例の長文で行きます(笑)

まず、前半の元ダンナさんのしたことは本来ならば許される事ではないかもしれません。

香澄さんとつぐみ君を捨て若女性と出て行ってしまってろくに仕事もせず実家にも寄り付かない、香澄さんにお金をせびりにくる最低男だと私も思います。
でも根っからの悪い人ではないと思うんです。

つぐみ君が生まれて、小学校の高学年ぐらいまでは
仕事もしていたことでしょう。
意外と子煩悩できっと香澄さんの事もすごく愛していたと思います。
カメラの仕事をしていたはずなので何らかのミスで
干されるようになって仕事が減って、次第にあんな情けない人格になってしまったのでは・・・

何故全額引き出さなかったのかの問いに、出来なっかたと言っています。
そこに、彼の本質を見たから(あるいは知っているから)香澄さんはきつく怒ったり
警察に突き出したりし出来なっかのではないでしょうか。
とんでもないDV男や飲んだくれていたりで大っ嫌いで別れた感じでもないし・・
そうでないと、ヨーちゃんとは呼べないと思います。

それに全額肩代わりってわけでもないと思いますが
少しづつでも返してもらう約束の元、
助けてあげようっと思ったのは(甘やかしではなく)香澄さんの優しさだと思います。

もし私が香澄さんの立場ならたぶん同じようにしているかも・・と思うからです。

ちなみに、「食ってけても、食ってけなくても・・」って台詞、少し荒いのに知世さんがゆうとなんか可愛い。

そんなことがあって、連絡がこなっくなって凄く心配の
勇凛・・・あの仕事熱心な人が仕事しながら
りりちゃんに「返信が来ないんだけど・・」て相談してるところ可愛くて、おまけに「ブランシェスさん」て聞いて
超慌てて駆けだし、香澄さんじゃなっかた時の落胆した表情・・・もうまるで子供みたいで、上手く表現してるなぁ~と思います。
やっぱり完璧な男前はつまらい・・・ちょっと抜けた感ある方が人間味があって男前度が増します。

・・・意図しているのかはわかりませんが
香澄さんがトイ掃除のレクチャーを受けている所で
先輩おばさんが「いっトイレ」と笑えないダジャレを言いますが、「明日もクリーニング屋さんやっトイレ」といった瞬間香澄さんが「私やります!」って場面展開するところ。なんかおかしくて何故か笑ってしまいます。

病院での親子のやり取り相変わらずいいですね~
ほっこりします。
「ダッセくない」フフッて笑うシーンはもはや香澄さんなのか、知世さんなのかわからい。
「君が年老いても僕が守る」(心の呟きです。 笑)

床の汚れを取っている香澄さんに気づいてやってくる
勇凛・・遠くても好きな人は分かるんだよね~

ここもちょっと気まずくて切ないシーンなのに
あまりにも繰り返し見過ぎたせいか、「なんで返信しないんですか」の問いに、「変~身~とぉ~」ってフレーズが浮かんで来るようになってきた・・マズイ。

まだ取れてない汚れを取ってあげる優しい勇凛。
ヘラから素手でとっちゃだめだよ・・・このあたりから
テレビの中の二人に話しかけている自分がいます。

自分のマンションへ勇凛を招き入れ別れを切り出す
香澄さん・・・
香澄さんの言ってる事痛い程わかるけど・・・でも・・
このシーンは香澄さんと勇凛のどちらの気持ちもわかるので心がヒリヒリひました。

真帆が仕掛けたバレッタが検品で出てきた辺りから承承知しているはずなのに、こっちまでドキドキしてきて・・・
もうラストまでドキドキが止まりませんでした。

勇凛の部屋に駆け込んできてからラストまでの香澄は少女の頃の香澄と大人の香澄が入り混じっているような・・なんとも言い難い可愛さ。

夕日の光の中でのキスシーンはやっぱり素敵で
どうしてこの二人のキスシーンはこんなに綺麗で
素敵なんでしょうか・・・。

でも、キスの後の
勇凛が香澄におでこを充てるところの二人が一番好きなんです!
二人がとっても可愛い!

そしてみんながメロメロになった「観念した?」
「もういいや、観念しよ」
もうこのセリフはズルイとしか言いようがない。

知世さんのあの少女のような表情と、ちょっと消え入りそうな「よ」の発音。
勇凛には悪いが勇凛を突き飛ばして抱きしめたい。(笑)

予告では真帆と香澄が言い争ってるし、勇凛は泣いてるし・・・めまぐるしい・・
勇凛を優しく抱き寄せる香澄の表情は少女ではなく
女性の表情になっている!


次回もすごく楽しみだけど、タオルいるかも・・・
それに、話数が減ってゆく悲しみが・・・

それにしても、40段ちょいある階段を一気に駆け上がった知世さんは凄いと感心。
私、このドラマが始まってから、香澄さんがいつも階段を駆け上がっているのを見て、真似て通勤途中の階段を駆け上がっていますが、そんな段数無いのに最後の1段で「よっ」とか「ふぅ」とか出てしまうんですよね・・・。

最後に、NHKさんのブログで撮影秘話観てますが
今回セットの裏話で勇凛の自宅兼アトリエと香澄の
マンションのセットを紹介していましたが、香澄は
共同住宅の13階に住んでいる設定。となっていますが実際は12階で降りてます。

次回、金曜までまた長いな~

では、また。









愛されて (クマ)
2016-10-18 03:55:56
杏さん皆さんこんばんはです。杏さんブログの管理ご苦労様です。運命に似た、恋皆さんに愛されてすごく嬉しいですね。不器用で何か影が有ってわんこの様な少年の様なユーリのキャラクターに愛着が湧きます そう言えばプレマップでも切なさと優しさにみちあふれた…といってあったので1人1人の登場人物の裏にあるドラマがしっかりと想像できるドラマなんですね。ニャンキチさんの推理も凄い暗証番号息子が生まれた時間それを覚えていたんですもんね。最後のシーンはユーリが1話ではキムタク?ばりにチャラ男だったのに、もう10代の少年と思うほど純粋でバックの音楽映像も最高で何度リピートしても美しい…ご主人はもう見られたんですか?又感想知りたいです。早くこいこい金曜日です(笑)
ニャンキチさん、こんばんは☆ (杏)
2016-10-18 21:23:00
ニャンキチさん、コメントありがとうございます!
「運命に、似た恋」第4回の感想をありがとうございます☆
素晴らしくまとめて下さってて、感激です。
きっと読まれた皆さんも、嬉しく思って下さってると思います。
長文、全然お気遣いなさらなくていいですからね。

そうですねよね〜。
元ダンナさんのしたことは本来ならば許される事ではないです。
ツグミがああいうのもわかります。

うちの夫も、ドラマ時間差で、
一人で観てるんですけど
(私達夫婦は、絶対一人きりで、このドラマは観たい考えです)
元ダンナを突き放さない態度とってるカスミに腹が立ったと言ってました。苦笑
男性からしたら、元ダンナのようなタイプすごく許せないんでしょうね。
うちの夫は、元ダンナ、ユーリに近づいて、
なんかしそうな要注意人物だと思ってますね。
きっと、夫は、カスミさんのこと心配している目線で
ドラマ観てますね。笑

その点、私たち女性は、
結構、カスミさんの方の気持ちがわかる気がします。

ニャンキチさんの仰るとおり、
根っからの悪い人ではないですよね。

本来、子煩悩で、人のいい方っぽいですよね。
離婚までの間に、何かあったんでしょうね。

全額引き出さなかったところに、人間出てますよねDV男や飲んだくれの人では、確かにないですね。笑
ニャンキチさん、鋭く観ていますね。
すごい!
ニャンキチさんの感想を頭に入れて、
また観たら、気づくことたくさんあると思います。

連絡がこなくて、凄く心配しているユーリのシーン
かなり萌えました。笑
リリちゃんに「返信が来ないんだけど・・」って
相談してるところ可愛いいですよね。
「ブランシェス」で慌てて駆けだすところも好きでした。
ユーリは、本当に少年のような純粋さと誠実さと繊細さを持ってる人だとわかってきました。
結構、何かあると顔に出るタイプですよね。笑

確かに、ちょっと抜けた感ある方が、
人間味があって男前度が増しますね。

病院でのカスミ親子のやり取りは、
家族っていいなぁと思いました。
ジンとくるものがありました。
息子って、大人になるまでは、
お母さん命なんですよね。

知世さん、ツグミといる時は、母性が溢れ出てますね。
そして、カスミは、芯が強い人だと思います。
多分、カスミのそんなところが私は好きだし、
ユーリも理解していると思いますね。

私は、カスミはビルの掃除をしている姿が、
舞踏会に行けず、家で掃除をしているシンデレラのように思えて仕方なかったです。
その姿を王子が見つけてしまったような。泣
カスミは、当然見られたくないですよね。

ユーリは、心配してたし、目の前にいるカスミがどんなカスミであっても、いつものように優しいし。

カスミの自宅で、別れを切り出すシーンは、
会話がすごく印象に残りました。
カスミさんは、ユーリにわざと突き放すように言ってたような気がしました。
言ってるカスミの方が、あれは辛いですよね〜。
本当は、ユーリのこと大好きなんだし。
でも、ユーリは繊細な人だから、
ユーリも辛かったでしょうね。
言葉選んで、感情的にならず抑えてましたね。
2人とも泣いてましたよね。
そこでウルっとしました。

でも、カスミが走るところからのラストは、もう神的シーンでしたね。
走るってシーンは、
相手のことを想う強さのバロメーターだといつも思います。
カスミが走るシーンは、すごく好きです。

ニャンキチさんが仰るように、
ユーリの部屋に駆け込んできてから、
ラストまでのカスミは、
少女頃と大人の今が、入り混じっているような可愛さでした。
私は妖精のように見えました。
本当に、可愛くて可愛くて。
そりゃ、あんなに可愛い表情されたら、
ユーリは帰さないって言いますよ。笑
離したくないですわ。笑

私も、光の中でのキスシーンは、美しく、
素敵だと思いました。神々しい、神聖なシーンというか、
純度の高さ、清らかなすごい二人のキスシーンでした。
キスの後のユーリが、カスミにおでこを充てるところ!
私も一番この場面が好きです!
二人がとっても可愛いらしいし、
ユーリの誠実さとカスミに対する愛情の深さ、純粋さすごく出てますよね。

そして、観ている視聴者までが、観念したあの流れ。
もう、こんな愛情表現出来る男性って、
この世にユーリしかいないんじゃないかと思っちゃいました。

ニャンキチさん、
知世さんの少女のような表情での「観念しよ。」
ユーリを突き飛ばして抱きしめたかったですか。笑
でも、私もあんなに可愛らしくあんな風に返されたら
抱きしめたくなりますね。

予告では、めまぐるしい・・泣ける展開ですね。
もう気になって仕方ないです。
早く金曜日来ないでしょうか。
これから、カスミがユーリを抱きしめる方になっていくのかなぁ。
すごく楽しみだけど、どんどん、2人に愛着が湧いて
切ない展開だと泣いてしまいそうです。
それから、話数が減ってゆくのも寂しいですね。

40段ある階段を一気に駆け上がった知世さんは凄いですね。
でも、知世さんなら出来る。笑
彼女の頑張りは、今も健在です。

知世さんのドラマを観てると、
彼女の頑張りが、自分の日常を意識する、変化していく。
私も、ニャンキチさんと一緒です。
ドラマのカスミのように生き生きと働きたい、
家事にしても。生き方のお手本のような女性です。
ユーリが好きになるのも無理ないです。

NHKさんのブログの撮影秘話。
ホントですね。
カスミたち12階で降りてますね。笑

また、次回も感想を語り合いましょうね。
ニャンキチさん、ありがとうございました☆
クマさん、こんばんは☆ (杏)
2016-10-18 23:14:44
クマさん、コメントありがとうございます!
「運命に、似た恋」ですけど、
回を増すごとに、いい反響の声が増えてきましたね。
ドラマの掲示板も、増えてきてますね。

元々、金曜日10時の放送枠は、激戦区ですけど、
私は、きっとNHK側は合格点出されていると思ってます。
間違いなく、皆さんに愛されるドラマになります。
クマさんと一緒、すごく嬉しいです。

そうですよね。
不器用で、何か影が有って、ワンコの様な、
少年の様なユーリですよね。
どんどん愛着が湧いてきました。
初回は、カスミのことを傷つけたから、
苦手でしたけど、今はかなり好きですね。笑

プレマップで、
切なさと優しさにみちあふれた…といってたこと、
クマさん、覚えているからすごいです!
私は、魂が震えるラブストーリーが、焼き付いてます。
まぁ、魂が震えるラブストーリーですわ。笑

それから、1人1人の登場人物の裏にあるドラマがしっかりと想像できますね。
ニャンキチさんの感想も、鋭いし、
なるほどと思うところがありました。

気がつけば…ユーリのイメージが、
キムタクじゃない。笑
初回や、第2回のユーリは、キムタクっぽさあったんですけどね。
特に、チャラい時が、キムタクっぽかったです。
あの髪型が似てるからかなぁ?
セリフとか。笑
でも、第4回のラストは、ユーリはユーリで、
全然チャラくない。
純粋で、誠実で、少年のように清らかで、
神々しかったです!
音楽、映像も最高でしたね。
何度リピートしても美しいです。

夫は、時間差で一人で観ました!
続きが気になる!すごく楽しみみたいです。
NHKのドラマは、やっぱり外れがないって言ってました。
ニャンキチさんのお返事にも書いたんですけど、
カスミが、元ダンナを突き放さず、優しくするから腹が立ったみたいです。
うちの夫、カスミの元ダンナのようなタイプ、
大嫌いみたいです。笑
ツグミがああいうのもわかるって言ってました。
私たち女性と違って、男性目線だと、
ユーリよりも、カスミが心配なんでしょうね。
それに、カスミ観ていると、
私と比べてます。
「カスミちゃん、見習って。」って言われました。笑

それから、最後の最後のユーリのセリフで、
ユーリがアムロじゃないと知って、
嘆いてました。笑
アムロであって欲しかったようです。
「じゃあ、誰なの??」って。
もう〜、うちの夫は、
boleroさんと真逆の予想してましたよ。笑

ラブシーンについては、
何も感想言ってくれませんでした。
多分、言葉に出来ないほど、
ユーリがアムロじゃないことがショックだったんだと思います。大笑

金曜日、早くきて欲しいですね〜。
プレマップ (ニャンキチ)
2016-10-20 20:43:40
今晩は。

早速ですが、ドラマ後半戦用のプレマップご覧になりましたか?

私は見れませんでしたがアップして下っていた方いらっしゃったのでそれをみたのですが・・・

耐えられません・・・もうすでに泣きそうです。
この先内容をを見るのも何だか辛そうで・・・耐えられるか不安です。
ニャンキチさん、こんばんは☆ (杏)
2016-10-20 22:53:00
ニャンキチさん、コメントありがとうございます!
プレマップですが、今日、関西でも放送があったのでつい先ほど録画を観ました。

ニャンキチさんが耐えられないって仰ったのわかりますよ。
ところどころのシーンが、観ていて観たくなかったところでした。
そのシーンが悲しくて自然と泣いてしまいました。
思ってた以上に、ラストを観るのが、怖いですよね。

多分、私は毎回これからドラマ観て泣くでしょうね。
ニャンキチさん、思ったこと言い合いましょうよ。
こういう辛さは分かち合うことが一番です。
私も聞いて欲しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。