キャラメルミルクティーのような日々

杏の気ままなブログです。
お気軽に遊びに来てください。コメント大歓迎です☆

キャラメルミルクティーのような日々を読んで下さった皆様へ

2017年03月21日 | 斎藤工
皆様、「キャラメルミルクティーのような日々」をいつも読んで下さりありがとうございます。

心温まるコメントやご心配のコメントなど頂きながら、お返事が書けなかったことをお許しください。

これから、皆さんに辛いお知らせを致します。

突然ですが、「キャラメルミルクティーのような日々」を4月中に閉鎖することにしました。

ブログを始めて12年。

斎藤工さんのファンになり、彼のことを綴り始めてから、

皆様と出会い、たくさんの言葉を交わしてきました。

皆様が、相手を尊重し、エールを送りあい、心温まるコメントを重ねて下さったおかげで、

私も、このブログも成長し、

始めは一桁だったアクセス数が、今では、毎日何千アクセスになっている状況でした。

これからも、更なる成長を楽しみにして、ずっと続けていくつもりでした。



しかし、予期せぬ非常事態が起きました。

夫が事業に失敗し、今までの穏やかで幸せな日常生活が、この数日間でいきなり破綻してしまいました。

私たち家族を思って心配させてはいけないと

明るく振る舞ってた夫の苦悩に気づいてあげられなかった無力な自分が情けないです。

突然のことで、私も、家族もこれからどうなるのか、どうすればいいのか考えられない状況です。

未だに、この現実がドラマのように嘘なんじゃないかと思いたいです。

しかし、子供たちの将来を思うと何とか親として、必死で働くしかありません。

生きること、食べていくだけで精一杯ですが、人生の出直しです。

そんな状況で、ここまで育ったブログを続けることは、心身共に無理だと判断しました。

そして、これまでのように工くんを追いかけることはできなくなると思います。

これからは、たった一冊の雑誌を買うことさえ簡単には出来なくなります。

能登に行く夢さえも幻になってしまいました。

皆様、どうかあなたの日常の中には、

私が望めない幸せがたくさんあると思い、大切に過ごして頂きたく思います。

しかし、私がこんなことになっても決して、斎藤工くんのファンをやめるわけではありません。

彼は、私の希望の星です。

彼の活躍こそが私の喜びであることに、これからも変わりはありません。

例え、これまでの距離で応援出来なくても、工くんを応援していくつもりです。

斎藤工ファンの皆様、どうか私が出来ない分、工くんを見守って応援してあげて下さい。


原田知世さんファン、村上虹郎くんファンの皆様、本当にありがとうございました。

特に、知世さんファンの方は、私にとって、現代に住む過去からの使者でした。

彼女のおかげで、ギリギリ、知世さんの名盤をいくつか手にすることが出来ました。

この名盤を、きっとこれからも生きる支えにして生きていくつもりです。

村上虹郎くんは、次世代スターになるはずだと確信しています。

工さんと一緒に映画界を盛り上げて欲しいです。


斎藤工さんファンの皆様、今まで本当にありがとうございました。

お一人お一人に最後に、感謝の気持ちとお詫びを言えなくて本当にごめんなさい。

皆様と語り合った日々こそが、私にとって正にキャラメルミルクティーのような日々でした。

ここは、私の心でした。皆様が、私の心のオアシスでした。

こんなことになってお別れすることは、非常に無念です。

けれども、見上げる空で、皆様と心は繋がっています。

私は、お互い言葉を交わし紡いできた日々を絶対に忘れません。

空を見上げた時に、皆様を思い続けると思います。

皆様も、ふとした何かで、私を思い出してくれると嬉しいです。


斎藤工さん。

あなたをここで、たくさん綴れてよかった。

あなたが、私にたくさんの方との出会いを繋げてくれました。

これからも、あなたが世界中で、一番好きな俳優、クリエイターです。

本当にありがとうございました。


「キャラメルミルクティーのような日々」はこれが最後の更新です。

お返事が出来ませんが、どうか事情を察してお許し下さい。

皆様、お元気で。

そして、これからのご多幸を心からお祈りしています。

本当に今までありがとうございました。

「キャラメルミルクティーのような日々」は4月中に閉鎖いたします。

閉鎖以降は閲覧が出来なくなりますので、よろしくお願いします。



管理人・杏
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虹郎くん、Happy birthday!  | トップ |   
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
散々迷いましたが (スイーツ)
2017-03-21 20:49:33
短くではありますがコメントさせて頂く事にしました。
勿論私の一方的な思いなので返信は不要です。

そしてこのコメントがカンに触ったら削除して頂いて構いません。


一人暮らしをしている時、勤めていた会社が突然倒産し、路頭に迷った事があります。その後も色々大変な事ばかり。今は何とか超低空飛行で生活している私です。

人生って本当に辛い事の方が多いかも知れません。

それでもいつの日か、ちょっとでも心に余裕ができたなら、また杏さんと大好きなあの人の事、話せたらいいな。


私も今胸がいっぱいで上手くコメントできなくてごめんなさい。涙が止まりません。また杏さんに会えると勝手に信じてます。それでは。
残念です (クマ)
2017-03-21 21:24:17
杏さんそんな事が有ったなんて軽い言葉かもしれませんが人生何が起こるかわからないですね
普通で入れる幸せに噛み締めていきます。わたくしは役2年といった交流ですが杏さんのブログに癒されていました。本当にありがとうございます。きっと又交流出来る日を信じて、さようならは言いません又逢いましょう。本当に本当にありがとうございました
有りがとうございます。 (みこ)
2017-03-21 21:49:59
杏さん、杏さんに、お礼を、言わせて
下さいね。今まで、本当に有りがとうございました。杏さんに、会えて
どんなに、救われたか・・・・本当に、有りがとうございます。工さんの事・
日常生活の事・・等
杏さんの事 忘れませんので、又
会いましょう。何時の日か・・・
又、杏さんに会いたいです。
宜しくお願い致します。
待っています。
約束して下さいね。
サヨナラは、言いません。
涙が止まりません! (さむこ)
2017-03-21 23:09:52
何て言っていいか言葉が出てこないです。
ご家族の皆さん体調大丈夫ですか?

人生ってなんでしょうね。時に過酷なものですちょっと、迷ったんですが、実は私、病気持ちなんです。仕事辞めたのは職業病的なもので。かなり良くなったと思ったら去年夏から、今度はあまり歩けなくなり、近くの映画館や
書店に行くのも無理。孫を抱くのも困難で夜中に情け無くて泣くこともありました。夫と車でレンタル店に行くことが楽しみでした。

そんな時、杏さんのブログに出逢い、四ヶ月前に思いきって初コメントしてから、私のドンヨリとした毎日が明るくなり、私の癒しの場になったんです。
杏さん、私の方こそいつも暖かいコメントをいただきお礼、感謝いたします。

工くんを見るたびに杏さん、皆さんの事を思い出します。そして、けいさんの事も。車で時計台を見かけた時、ご家族で遊びにいらしたことを思い出します。これからも工くんを応援します

人生+-でバランスと、
工くん言ってましたよね。私も思います。

ご主人、元ラガーマンは根性あります
杏さん、優しくて頼りになります
娘さんは知的で賢いです
息子さんは剣道で武士道をわかっています

かげながら応援します。必ずブラスが来ることを祈ります。
混乱してて、よく判らないコメントで
ごめんなさいね。
杏さん、本当にありがとうございました。
そしていつか会える日を信じて……またね!
ありがとう (えみどん)
2017-03-21 23:49:06
こんな時までも 誠実にコメントを
して下さる 杏さん
本当に 今まで 楽しかった
色んな事を 語りあえて 嬉しかった
大好きでした
杏さん の 事を絶対に忘れません
感謝です・・ありがとうございました。 (こじ)
2017-03-21 23:49:09
杏さん

本当に びっくりしています。寂しいです・・・

私は 昨年秋からの短い期間ですが このブログに助けられてきました。知っての通り 私も事業をしておりますが、ここ数年は思うようにいかず 色々悩んでおりました。銀行からの借り入れだけでなく 不動産の処分などして 生き延びている状態です・・家族に心配をかけまいと気丈にふるまっておられた旦那さんの気持ち 痛いほどわかります・・・
「似た恋」 を通して 杏さんのブログに出会い 人の情の大切さ心の機微など 改めて見つめなおすことができたことで 己の至らなさに改めて気づき 今は なんとか出口らしき明かりが見えてきたところです。ほんとに このブログを通して色々な方の意見を見させていただき、一人一人に丁寧に返信される杏さんの心温まる文章にどれだけ勇気と元気をもらい続けたことか・・今までの私は 見るドラマといえば歴史ものや金融関係のものが中心で 人間らしいドラマには目もくれませんでした、それが 杏さんのブログがきっかけで 色々なドラマを見るようになったり 音楽を聴くようになったり 自分でもわかるくらいにやさしい感情というものが自然に出るようになってきたんです・・本当に感謝です。

今は年度末で新入社員も迎える時期も重なりバタバタしていて 落ち着いて杏さんにコメントを投げかけることができずにいましたが、もう少ししたら 「種をまく人」
や 先週 CSで放送していた「医師たちの恋愛事情」を見た感想を投稿しようと思っていたところでした・・(泣)

来月は 待望の 「似た恋」 のDVDも発売されますね また「似た恋」談義が このブログでできることを楽しみにしていました・・(泣)

私は散々 杏さんから勇気と元気をもらったのに こんなに杏さんがつらい時に何もできない私の無力に絶望します。本当に 申し訳ありません・・

またいつの日か ブログを再開されることを切に祈ります。今 現時点で涙で私の文章も 何を記しているのかわからない状態です・・・

今思いました!別れを悲しんでも仕方ないので 後日
普通に「種をまく人」や「医師たちの恋愛事情」の感想を今まで通り送りますので 見てください。プレゼントといえばおこがましいですですが せめてもの感謝の気持ちを込めて感想を送らせていただきます。

くれぐれも お身体はご自愛くださいね・・
ありがとうございます。 (nami)
2017-03-22 00:46:43
今回の記事を拝見し、込み上げてくる涙を、抑える事が出来ません。
お伝えしたい言葉は沢山ある筈なのに、上手く文字に出来ず、何度も画面を閉じました。
このような状態でコメントし、失礼があったら、本当に申し訳ございません。

杏さんのブログに出会って半年余り、そして、コメントをさせて頂くようになって、3ヶ月近く…杏さんの、工さんやご家族への、深い愛が溢れる記事や、温かいコメントに、心癒される毎日でした。

そして、杏さんに、工さんの事を色々教えて頂いた事をきっかけに、素敵な作品にも沢山出会う事ができ、工さんを応援する気持ちも、益々深まりました。
杏さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

杏さんのブログからは、いつもご家族の強い絆が伝わって来ました。
これからも、その絆を、大切になさってくださいね。

それから、どうかご無理は、なさらないでくださいね。
体調を崩されたりしないよう、くれぐれも、ご自愛くださいね。

そして、杏さんが仰られる通り、見上げる空で、杏さんや皆様と、これからも、心は繋がっていると、信じています。
杏さんが見上げられる空、皆様が見上げられる空、私が見上げる空、そして、工さんが見上げられる空…。
例え、どんなに遠い場所であっても、全部全部繋がっていますもんね!

私も、ここで杏さんや皆様と交わした言葉を、絶対に忘れません。

皆様と共有した想いを大切にして、これからも、マイペースながらも、工さんを応援していきたいと思っています。
工さんのご活躍を見る度に、杏さんの事が、思い浮かぶと思います。
工さんが、これからも、杏さんのお心の支えになってくださる事を、信じています。

気持ちが混乱していて、上手く言葉に出来ず、取り留めのないコメントになってしまい、申し訳ありません。
そして、杏さん、いつも本当にありがとうございます。
何度、お礼の言葉を重ねても、伝えきれない程、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつかまた、杏さんと、お話出来る日が来る事を、心から願っています。
心から感謝と、有難うございました。 (ニャンキチ)
2017-03-22 02:39:03
杏さん・・・

3/6頃でしたか・・私が最後にコメントしたのは・・・・
あの後、私の方も色々あってなかなかこちらへ
寄らせて頂く事が出来ませんでした・・・。

やっと少し余裕が出来たので再び寄せて頂いたら何と
悲しいお知らせが飛び込んで来て
正直、少しパニックている状態です。(スミマセン)

いつも楽しみにしていた場所が・・・
寄り所にしていた場所がまたなくなってしまう・・・・
そして、杏さんやご家族の事を思うと涙が止まりません・・・。

昨年の「運命に、似た恋」をきっかけに思いっきって
こちらのブログへ飛び込んでみたところ、
とっても優しく暖かく迎えて頂き
凄く嬉しく思っていました。

毎度毎度私の独りよがりなコメントに
常に誠実で優しく、温かい
お返事をして頂き有難うございます。

杏さんが、私との出会いは「必然だった」と仰って頂いた事はとってもとっても
嬉しくて心から私自身もそう思っていました。
だから杏さんの事は忘れるなんてことはありません。

今回、私が紹介した知世さんの洋楽カヴァーアルバム
「カコ」。
これが最後のご紹介となってしまいましたが、
杏さんのコメントを読ませて頂きました。
写真家の故・植田正治氏・・・
杏さんお好きだったなんて、驚きました。
こんなところでまた繋がってたなんて・・・・

最後に「カコ」のジャケットについて補足しておきますね
ご存知かもしれませんが、あのジャッケトの女の子は
植田正治さんのお子さんでカコさんと仰います
幼きお子様と懐かしい楽曲、「カコ」と「過去」を掛けて
いるらしいです。

最後に、このアルバムをご紹介出来たのは
本当に偶然ですが、やはり必然だったのかな・・・。
杏さんに喜んで頂けて本当に良かったと心から思っています。

そして、度々知世さんの事を取り上げて頂いて本当に
有難うございました。

私たちは青春時代を共有してきた同士です!

その反面
最近では、杏さんと会話をするのが当たり前のような
感覚に陥っていて、嫌な事や苦しい事があっても
杏さんの優しいコメントで元気を頂いていました。
これからそれが出来ないのかと思うと非常に残念でなりませんが
ここに集った皆さんの思いの様に、
この先また、再び杏さんに出会える事を信じています。
だから、私も「さよなら」は言いません。

そして、陰ながら工君の事も応援していきます。

どれほどの感謝をしても伝えきれませんが、
本当に楽しく素敵な時間を割いて頂き
ありがとうござました。

いつの日か、きっと再開してくださいね・・待ってます。
どうかその日まで、ご無理をなさらずお体に気を付けください。









再会を~ (ひこちゃん)
2017-03-22 10:37:36
杏さん 1年ほどの間でしたが 密度の濃い時間でした。
楽しい会話をありがとう!!

今1番お辛いでしょうが 夢は捨てないでくださいね(^^♪
工くんはもちろん 能登旅行も~
夢を叶えようと頑張ると 気が楽になり 元気がでます。

また 睡眠をきちんととることも大事!!
眠れないと マイナスに考え 体調を崩します。
自分の経験もアドバイスに入ってますので~

4人の理想的な家族~皆の力で乗り越えられると信じます☆

「さよなら!」は言いません!!
また いつの日か再開できますように~祈りつつ。
杏さんへ (けい)
2017-03-22 11:05:46
ご無沙汰しております。

私は、何も 心配しておりません。
杏さんですもの。

杏さんの ご家族には、杏さんが
寄り添っていらっしゃる。

私は、杏さんを 信じています。


杏さんの 工さん愛を、これでもかと見せつけられ とても 心地良かった。

世界に 羽ばたくであろう 工さんを
杏さんの、愛ある言葉で 見届けたかった。

そして、工さん きっと、杏さんのブログ 見ておられたと思うんです。

工さん、杏さんと共に これからも
ずっと 応援するよ!

さむりん、
お久しぶりです。
今年、還暦ですね。
おめでとうございます。

杏さん、さむりんと 3人での、楽しい語らい、忘れない。
私の 宝物です。

涙が 止まらない。

キャラメルミルクティーのような日々よ 永遠に
杏さん (MICHILU)
2017-03-22 13:30:46
杏さん、こんにちは。
最後のコメントだなんて…

私がこちらにお邪魔して、まだ、10日ほどでしたが、いつも丁寧なお返事を頂きました。

杏さん、まさか、自分がこんなことに対面するなんて。と、今、混乱していますよね。

杏さんのコメントはどの方に対しても、やさし
く、丁寧に、何よりも工さん愛に溢れてます。

勿論、家族の皆さんにも
沢山の愛情を注いで来られたのもスゴく伝わってくるブログです。


神様はその人に乗り越えられる試練を与えると
言いますよね。

杏さん、ご家族の皆さま、お体に気を付けて
、一緒に乗り越えられる事を祈っています。


また、いつか‘工さん愛’のお話しが、出来る時をお待ちしています。

では、また、お邪魔させてください。
ありがとうございました。 (ケイ)
2017-03-22 15:24:35
そんな大変な事が起きていたなんて、なんと言っていいか・・・
本当に驚いています。

ブログにコメントを書くのは杏さんが初めてで
本当に心優しいお返事をいただけて日々の楽しみでした。
こんなに素敵なブログは、なかなか無いと思います。
工くんや知世さんの姿を見るたび、曲を聴くたび杏さんの事、思い出すと思います。
一日も早く穏やかな日常が戻ってきますよう陰ながら祈っています。
そしていつかまた再会できることを願っております。
ご無理などなさらないようご自愛ください。
本当に本当にありがとうございました(__)



溢れる愛を、ありがとうございます (香りん)
2017-03-22 16:02:41
杏さん…
昨夜のお知らせの後、私自身が放心状態となり、すぐにコメントを書くことが出来ませんでした。
何度も読み返しては、画面を閉じたり開いたり…

何と言ってよいのか、言葉になりません。
杏さんとご家族のご心痛を思うと、涙が止め処なく出て、何もして差し上げられないことが悔しくてなりません。
せめて、このブログに集う方々で、杏さんを抱きしめて差し上げられたらと…

杏さんのブログに出逢って5ヶ月、初めてコメントさせて頂いて間もなく2ヶ月…
いつも愛が溢れる記事と、心暖まる優しいお返事と。どんなに私が癒されていたことか。濃密で、夢の様な時間でした。このブログは、杏さんの愛情たっぷりの言葉と、集われる皆様の素敵な言葉がキラキラと輝き、宝石箱の様でした。
何の趣味も、特別な楽しみもなかった私の生活が、杏さんと皆様で、工さん愛や様々なお話をすることで、普段み見える景色でさえ、色鮮やかに感じておりました。杏さんの記事を読み、皆様のコメントを読み、投稿するコメントを考え、お返事に心躍らせる…それが私の何よりの楽しみとなっておりました。それ程、杏さんの存在は大きく、このブログは私の心のオアシスでした。

杏さん、こんなに素敵な時間を、本当にありがとうございました。私の感謝の気持ちを表す言葉が、存在しません。言葉に出来ません。

杏さんが希望の星、と仰る工さんを、これからもずっと応援していきます。もちろん、杏さんを常に心に抱いて。杏さんと一緒に、工さんの今後の飛躍を見守り続けます。

杏さんが、皆様が、そして工さんが見上げる空が繋がっていることを、決して忘れません。
杏さんと皆様と、一緒に過ごした時間を、絶対忘れません。

そして…
杏さんが、一番心を痛めておられる時に、私の独りよがりな我儘な気持ちを、ゴメンなさい。
どうか、いつか…
いつの日か、杏さんが「私の心」と仰った『キャラメルミルクティのような日々』を再開して下さい。大きなファンブログなどでなくていいですから…杏さんが「ただいま」と、言葉を紡がれましたら、ここに集った皆様と「杏さん、お帰りなさい」とお迎えしますから。
いつの日か…お待ちしてます。
だから、お別れなんてしません。サヨナラなんて言いません。

優しくご理解のある、懐の深い旦那様、聡明でいつも杏さんに寄り添うお嬢様、頼もしくて茶目っ気のある息子さん…
杏さんとご家族の強い絆は、何物にも負けません。その絆は、どんな事も乗り越えられると信じております。
どうぞ、杏さんもご家族も、お身体、ご自愛下さい。

杏さん。
素晴らしい宝物の様な時間を、体験をありがとうございます。

いつの日かまた、この場所でお逢い出来る事、心から祈っております。
やっぱり (クマ)
2017-03-22 17:24:33
杏さんそして皆さんのコメント読みました
実際体験していないものがおこがましいですがやっぱり昨日から何回もブログにアクセスしては現実ー受け止められない自分が…こんな状況になるまでお子さん達の就職等もう少し後少しだけてもこの事態が後になればと思い日々ほんの小さな喜びを糧に頑張っている人になんて事するんだろ生きることは辛いですね
自身も50代になり人生の終演はいったいどうなるんだろと何度も自問自答しました
ご主人様も凄いですねきっと随分前からの重圧もあり取り乱したくなる時も有ったでしょうがそれを御家族にみせないで闘っていたんですねこのコメントが杏さんに重荷になったらどうしょうと想いながらも又来てしまいました
生きてりゃいいさ! (ぶたねこ)
2017-03-22 17:48:09
杏さんお久しぶりです。
突然のお知らせ、ご主人の事、家族の事、これからの事、とってもお辛いですね。
昨秋の運命に似た恋の 初期以来です。
ご無沙汰というより、気持ちが沈み、読ませていただいてても、書くことが出来ずでした。
少し、明るい気持ちになり、たまっていた、事や思いを書かせて頂こうかなという時でした。
知世さんの「私をスキーに連れってて」の舞台、志賀高原でこの冬スキーをして、撮影場所を確認し、青春の知世ワールド等も語りたいと思っていました。

足掛け2年ほどでした、良い時間を、良い思いをいっぱい頂きありがとうございました。
工くんの事、それにまつわる日常生活から、過去の事等々、共有させていただきありがとうございました。
知らないこともいっぱい教えて頂き、工くんへの思いも膨らみ、充実の時でした。
杏さん一家の家族愛が素晴らしかったです。書道をされるお姑さんとのことも忘れられません。
元気で、生きていれば、いつかこの体験をしみじみ語れる時が来ると信じています。
優しいご主人大変でしょう体に気を付けてください。
杏さんも以前大病をされたとかありました、心と体に気を付けてください。
若い子供さん達、利発で元気で、辛抱強く粘り強い方のようです、人生の肥やしとなるよう頑張ってください。

偉そうなことばっかり言ってごめんなさい。実は私は心弱虫なので、自分に発破掛けています。
杏さんに刺激を受け、虹朗君の舞台行きます。4月29日(土) 2階2E列24です。観劇に来られ、その気になられたらお声かけてください。
ご存じとは思いますが、最寄り駅は阪急神戸線西宮北口です。
JRからの最短は、甲子園口駅北出口からタクシー10分ぐらいです。
斉藤工をキーワードにつながった杏さんと皆さんの輪中に少し入れていただき良かったです。
又キャラメルミルクティ再開することを切望しています、初めて出会ったときのティーカップの壁紙なら最高!
有難う

Unknown (よっちゃん)
2017-03-22 20:14:34
こんばんわ、杏さん
突然のことで、びっくりと淋しさで・・
去年の夏、虹郎くんファンになりコメントさせていただくようになり、虹郎くん情報や工くん情報や献立、楽しみなブログです。
ブログ更新、待ってます。
また出会える日を‥ (夏萌)
2017-03-22 22:07:41
杏さん、突然でびっくりして、どうお声をおかけしたらいいのか‥
何も出来ず無力な私がもどかしいです。

今まで幾度となく杏さんのお人柄に癒され優しさを頂いてきました。
これからも何も変わりなく、心地よい杏さんのブログで杏さんや皆さんとお話しできると当たり前の様に思っていました‥

只々、杏さんの投稿を読みながら涙が溢れます。
杏さんやご家族が心配で心配でたまりません。
どうか、お身体を大事になさって下さい。

皆さんが言われる通り、私もさよならは言いません。決してお別れではないと信じています。
杏さんや皆さんに出会うために、これから私は今まで以上に空を見上げます。

杏さん、たくさんの優しさをありがとうございました。
どうか、お身体をお大事になさってください。
またっ!じゃっばい! (まー)
2017-03-22 23:46:20
杏さん、こんばんは。
ブログを読んで胸、傷みました。
けれど、人生生きていれば色んな事あります。
決して他人事ではありません。

大きな出会いも、人生変える出来事も。そういうのと同じように。
人それぞれに試練があります。
形は違えど必ず。

結果は転機ですよ。生きていれば転機が1度や2度あります。この道で良かったと、多分思います。
そういう時、またこのブログで再会しましょう。
何か… (香りん)
2017-03-23 08:31:23
何か出来ないか…と、この寂しい出来事以来、ずっと考えてる。
何も出来ない。私は無力だ。
杏さんの、ご心痛に涙し、ご健康を祈り、いつの日かの再開を願うだけ。


私は元々、新しい事に踏み出すことが苦手。既にお膳立てされた事や、誰かの呼び掛けに応じることは大好きだけど…
特に趣味もなければ、特別に興味あることもないし、豊富な話題も持ってない。
だからこそ、杏さんのブログは、輝いて感じた。
杏さんが綴る言葉は、活き活きとし、読む人をワクワクさせ、心が暖かくなり癒されるた。
お人柄がにじみ出て、優しさが溢れてた。

そんな杏さんと、「空」だけではなく、何処かで繋がっていられる方法なはいのかな…

何かないのかな…
私自身が、日々感じたこと、工さんのこと、そして一方的でいいから杏さんへのメッセージ、などを呟ける「場所」
ブログ…
この場所と同じ、gooブログを開設すれば、何か、繋がりを保つ「場所」にならないかな。
いつか、気が向いた時、皆さんや杏さんが、気軽に覗いてもらえる「場所」にならないかな…
杏さんが、いつの日か、また言葉を綴りたくなる日まで…
掲示板としての「場所」を、確保しておけるかもしれない。
そんな事を考えてる。
私が新しい事を考えてること自体が、極めて珍しい。

私はネットとかが大の苦手。それなのに…
でも、何か、出来ないかな…

わからない。出来ない可能性も大いにある。
1ヶ月先か、3ヶ月先か、1年先かわからないけど。やってみようかな…
そもそも、昔から日記など続いたためしがない。
だから、杏さんの12年には、とても驚かされた。
やってみたいけど…
でも、もしもやるなら、ブログの名前だけは考えた。
『シナモンロールとミルクティ』
もしも、ブログを開設する時、私のブログだと認識していただけるよう、名前だけは決めておこうと思う。

そんなことを、ただただ考えるだけの、ここ数日…胸に大きな穴が開いたよう

こんなこと書いてゴメンなさい。失礼は承知の上です。
何度も、書き始めては消し、なかなか投稿するには至らなかったけど…
どうしても、繋がりを続けられないかと…
『サクライロ』に感謝の想いを乗せて…。 (nami)
2017-03-23 21:32:44
こんばんは。
杏さんがお辛い思いをされている時に、度々のコメントは、杏さんの重荷になるかも知れないと思い、何度も迷いましたが…どうかもう1度、コメントさせてください。

杏さんのお陰で巡り会えた『サクライロ』のショートムービーを、観る事が出来ました。
こんな時に、独りよがりで申し訳ないのですが、この作品に導いてくださった杏さんに、改めて感謝の気持ちを、お伝えしたかったのです。

ショートムービーでは、工さんが描かれた『サクライロ』の世界に浸る事が出来ました。

晴子が、光の腕時計を覗き込むシーン等『サクライロ』の歌詞にリンクする部分がある一方で、歌の印象とは全く違う世界が、そこには広がっていました。

水彩画を描く工さんの眼差しは、とても美しく、それでいて、とても鋭い印象でした。
それは、希望と不安が入り混じる、夢や将来を見据える眼差しのようにも感じられました。

そして、工さんが描く水彩画は、どれも素晴らしく、光の感情が宿っているようでした。
『サクライロ』の絵の具からは、光の晴子への想いも感じ取れました。

そして、特に印象に残ったのは、光が藤本の作品を、燃やしてしまうシーンです。
親友だけが、入選した事への嫉妬。
自分の愛する人を、親友も密かに愛していた事を知った、複雑な感情。
どんなに努力しても辿り着けない、夢への焦り。
色んな思いや葛藤が、あの炎の中に、宿っている気がしました。
普段と変わらぬ様子で、淡々と親友の絵を燃やす行為は、とても残酷で、人の心の奥にある闇を、浮き彫りにしているようでした。

画家という同じ夢を追っていた3人は『どうしようもなく未熟なところが似ていた僕ら』であり『同じ悲しみを持っていたはずだった』けれど、最終的には、3人がそれぞれの道を歩いていく。

愛する人との別れを選び、画家としての夢を叶えた光。
画家としての夢は諦め、新しい幸せに辿り着いた晴子。
親友の裏切りに気付きながらも、夢から身を引いた藤本。

3人が、対照的な未来を歩む事になり、切なく感じられましたが、最後の桜の水彩画に、心が救われました。
白いキャンパスに描かれた桜は、本当に美しく、身を引いた藤本も含め、3人の心に、完璧ではなくとも、穏やかな春が訪れたのだと、感じさせてくれました。

このような奥深い作品に出会えた事を、心から感謝しています。
杏さんのお陰で出会えたこの作品は、私にとって、これからも大切な宝物です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。