ごんごんの   遍路のみちは一歩から 同行三人

リタイア後、近場のウォーキングで健康増進に努めています。計画先行の四国遍路をいずれ果たそうと思います。

車で四国遍路 同行五人1の⑥

2017-04-04 12:01:27 | 四国遍路 二巡目その1

6日目 2015年4月18日(土)晴れ 

 

 当初は早朝の参詣後の朝食を予定していたが、食事をとってからの出発とした。

 

 週末の三十八番金剛福寺は大勢のお遍路さんが詣でていた。ホテル同宿の方のお顔も見える。境内は前回工事中の池も完成し、緋鯉も泳いでいた。この寺は補陀洛の東の門ともされ、観音信仰のいわれがある。次回のためにロウソクや納札を購入する。

 

 お寺をあとに、国道321号を打ち戻って三原の里を抜ける道を辿る。途中狭い林道のような県道21号をほとんど車と出会うことなく走る。四国開創1200年の記念の押印もいよいよ最後の寺三十九番延光寺となる。境内に入ると梵鐘を背負った赤亀が目に留まる。山号の赤亀山はこれに由来する。白衣に亀の御朱印をいただく。これで、右に鶴、左に亀の御朱印が並ぶことになった。

  

     

   車遍路ではあるが、遍路修行の道として古来からのいわれの通り、今回は金剛福寺から打ち戻って延光寺から篠山神社を詣ることにする。季節も丁度良い時期で、篠山山頂付近はアケボノツツジがこれから満開時期を迎える。

 国道56号で宿毛を抜け、愛媛との県境を右折し、県道332号を道なりに1時間弱。篠山神社駐車場に着く。

 

 神社・山頂までは1km、高低差330m、カミさんは随分苦しいようで、上りには約1時間を要した。ハイキング登山者や山仕事の2組と遭遇。お詣りを済ませ山頂で記念撮影。

  

  

 昼時だが、弁当もないので、バナナで腹ごなし。一服していると地元の方が登ってきたので、お話を伺う。笹が少なくなり、ツツジの樹勢が無くなり、花芽も少ないとのこと。中腹には鹿防護柵が張り巡らされ、以前よりは笹も回復したとのこと。花は全山満開の華やかさとは程遠かったが、少し時期が早すぎたようでもある。

 帰りは同じ道を辿って宿毛から平田の街へ。平田駅の近くの「天下茶屋」で昼食を考えていたが、生憎の休業であった。2時も過ぎて空腹に耐え兼ねて近くのコンビニで小腹を満たす巻き寿司を買い求める。

 国道56号のバイパスを走り四万十市を抜け、国道56号へ入り高知道へ向かう。高知道の南国SAでトイレ休憩。高知道から川之江東JCTで徳島道へ入り、新しくできた徳島JCTを経て、淡路SAで小休止を兼ねて夕食のラーメンを食す。

 一休みして明石海峡大橋を渡り、少しばかり遠回りだが山陽道を経由し、新名神へ。ナビに導かれて自宅に戻ったのは、10時半であった。平田のコンビニから600km弱、8時間弱の長丁場であった。無事の帰宅に感謝。合掌。

 

6日目(9,832歩) 走行距離 720.8km

 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車で四国遍路 同行五人1の⑤ | トップ | 閑話つれづれ 花鳥風月③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四国遍路 二巡目その1」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。