ごんごんの   遍路のみちは一歩から 同行三人

リタイア後、近場のウォーキングで健康増進に努めています。計画先行の四国遍路をいずれ果たそうと思います。

歩き遍路計画1の⑦

2017-07-12 10:47:52 | 四国遍路 区切り打ち1

第7日目  27.6km 歩行速度 4.1km/h

 

 新野駅から、由岐駅経由の南回りの海沿いの道を辿ります。前日に比較すれば、由岐坂峠も山座峠も高低差がさほどありません。本日唯一の札所薬王寺をお参りし、JR山河内駅まで進みます。薬王寺のある美波町日和佐は、今回の行程上宿泊地とはできません。徳島での連泊とします。

 早朝6:47発の列車で新野駅には8:03に到着です。案内表示はありませんが、駅からは左手すぐの馬原医院の建物の路地を抜けて左手に進み、牟岐線に並行する道を南方向に常に線路を左側にして辿ります。阿波福井駅の手前で国道55号に合流します。県道24号線も牟岐線に並行し、こちらを利用する方がわかりやすいのですが、少しでも距離が短い方を選択しました。

 国道歩道(進行方向左側)を日和佐方面に進み、鉦打トンネルを抜けたら鉦打の遍路小屋で一休みです。次の福井トンネルを抜けたら150mほど進み、案内に従って横断歩道を渡り県道200号へ右折して道なりに進みます。やがて旧国道55号の下を抜け、左手遠くに日和佐道路を見ながら川沿いに進みます。県道25号の2車線道路に左折して、今度は国道55号日和佐道路の下を抜けて、少しずつ高度を上げて由岐坂峠を越えます。単調な県道25号の上り下りを終えると、由岐駅の裏手に辿り着きます。左折して、由岐駅構内の物販コーナーか国森食堂で昼食です。

 由岐からは少しばかりアップダウンを繰り返し、牟岐線と交差しながら、1車線の道を田井ノ浜や木岐の白浜を通ります。木岐の休憩所で小休止して、県道25号と別れ防潮堤の道を進んで、1kmばかりの遍路みちに入ります。木漏れ日が漏れ、海を眺めながら登ります。やがて再び県道に合流し、少しずつ上り往くと山座峠に至ります。小休止して、再び県道25号をショートカットし、階段状の山道を下り、山裾を九十九折して恵比寿浜に下りてきます。

 恵比寿の浜を過ぎ、断崖上の県道を日和佐の海を左に眺めながら、「ホテル白い灯台」の前を過ぎます。少し進んでそのまま県道25号の遍路道を辿るか、「うみがめ荘」の脇に降りて大浜海岸経由で県道に合流です。日和佐川に架かる厄除橋を渡って右折し、市街地を進んで牟岐線の高架下を過ぎると、国道55号のさらに奥に23番薬王寺の仁王門と瑜祇塔が見えます。

 仁王門を出て、国道55号の歩道を進みます。牟岐線と高架で何度か交差し少しずつ国道を上ります。日和佐トンネルの手前からは、よここ峠道(1km、30分)があるようですが、歩く人も少なく道を失いそうですので、日和佐トンネルを抜けることにします。トンネルを注意して抜け800mほど進むと、国道歩道橋に山河内駅の案内が見えてきます。横断歩道はありませんので、歩道橋を渡ることになります。しばらく往くと駅に到着です。

 16:13発の徳島行きに乗車します。徳島には18:19着となります。小刻みなアップダウンに思いのほか時間を費やして、この列車に間に合わない場合は、次の17:56発に乗車します。

 徳島最後の夜となります。明日も早朝の出立となりますので、起床後、素早く出発できるように夜のうちに荷物を整理しておきます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話つれづれ 花鳥風月 25 | トップ | 歩き遍路計画1の⑧ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。