ごんごんの   遍路のみちは一歩から 同行三人

リタイア後、近場のウォーキングで健康増進に努めています。計画先行の四国遍路をいずれ果たそうと思います。

閑話つれづれ 花鳥風月③

2017-04-05 13:12:22 | 閑話徒然

深草の 野辺の桜し 心あらば(上野岑雄)

 

 我が家の遅咲きの椿には、朝早い時間にはメジロが蜜を吸いに来ています。春眠暁を覚えずのこの時期は、ごぶさたの日々を過ごしておりましたが、昨日は、温泉施設の遊歩道の淡墨桜の枝にとまり、しきりに蜜を吸っておりました。

  

 東京あたりでは、ソメイヨシノが満開のようですが、この地方の桜はほとんどの樹でチラホラの咲き始めです。メジロが蜜を吸っていた淡墨桜だけがやっと満開を迎えようとしていました。

 散歩の途中では、ヒヨドリやモズの姿もありました。これらの鳥は、まもなく里山から姿を消して、夏鳥にとってかわられます。そういえば、3月の終わりごろからツバメの姿を見るようになりました。桜の咲くこの時期は、冬鳥や夏鳥がしばらく競演する短かくも華やかな季節です。

2017.4.5

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車で四国遍路 同行五人1の⑥ | トップ | 閑話つれづれ 花鳥風月④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。