今晩は、ふぶきです。

「CITY HUNTER」を中心に、北条司作品について語ってみます。

北斗の拳

2009-01-27 00:23:23 | その他随想
今晩は、ふぶきです。

1月が行ってしまわないうちにと、出てきました。

先日、CSのアニメチャンネルを見てましたら、「北斗の拳」が始まりました。
例の「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」です。
息子が見てみたいと言うので、神谷さんの声が聞けるわけでもないので、私としてはイマイチだったのですが、そのまま見る事にしました。

昔、雑誌で連載していた頃、少し読んだ記憶はあります。
ただ、殺伐とした話と絵だったという印象しかありません。
アニメ化された時も、こんなのテレビでやっちゃうんだ、と思ったものです。
もちろん、見たことはありません。
後に、神谷さんが主人公の声をやり、あの雄たけびが有名になったということを知っただけです。

途中、下の娘が来て、テレビを見やりました。
少し見ていると、「ねえ、この女の人の絵、北条さんぽくない?」と言います。
ちょっと感心しました。
実は娘は大学でアニメの勉強しています。
また、日頃、私に付き合って、北条作品もよく見ています。
だからこそ分かったのかもしれません。
そう、レイナの登場シーンでした。

正直いえば、私にとって、このアニメを見る価値は、レイナの絵を見ることだけでした。
彼女の見た目の印象は、AHの数々のヒロインの中の一人のようでした。
娘が見て分かったように、北条先生のキャラデザインがちゃんと再現できていたと思います。
それでいて、他のキャラの絵と、そう違和感を感じませんでした。
先生の絵が、CHの頃より劇画調になっていたからかもしれませんね。

娘には、その印象が正解であったこと、北斗の拳の作者と親しいことなどを話しました。


さて、何とか新年も書き込みができました。
もう少し書き込めるよう、テンションを上げなければ…。

「いまさら何が怖いっていうんだ?」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良いお年を!

2008-12-27 02:35:40 | その他随想
今晩は、ふぶきです。

何と久しぶりな書き込みでしょうか。
何ヶ月もご無沙汰してしまいました。
夏に体調を崩し、以来、書き込みをする気力が湧かず、放置状態にしてしまいました。
その間に、コミックスは2冊も出てしまい、感想をと思うのですが、なかなか気持ちのコントロールが上手くいきません。
でも、このままだと、年を越してしまいそうなので、何とか、こうして現れました。

CHサイト巡りもご無沙汰しています。
読んでいないお話がいっぱいあるんだろうな。消えたサイトや新しいサイトもあるんでしょうねぇ。
今は、ネタバレさんと公式の先生のメッセージをチェックするくらいです。
ああ、1つだけ行きます。何時だか書いた、あの続きが気になると言うパラレルの話のあるサイトさん、そこだけは更新をチェックしています。
あとは何だか読む気力が出なくて・・・。

来年はもうちょっと書き込みたいと思っていますが、どうなることか。
CHやAHの感想を書きたいんですけどね。

そうそう、先週、久しぶりにバンチを買いました。
AHが表紙で、ブックカバーが付いているヤツです。
リョウちゃんが凄くカッコよくて、ちょっとセクシーで、見惚れちゃいます。
買った翌日に家族で出かけたのですが、寄った本屋でバンチを見た下の娘が「リョウちゃんだよ、買わないの?」と言います。「もう、買ったよ」と答えると、変に感心されました。その後、コンビニに寄った時、今度は上の娘がバンチを見かけ、また同じ事をいいます。同じように答えると、また同じ反応です。いやはや全く、子ども達にどんな風に思われているのか。
そんな具合で、リョウちゃんな所は健在なのですが・・・。

ああ、書いていたら少し気分が上向きになってきました。
この調子で、もう少し頑張って書き込むようにしましょう。
とりあえず、今回はこの辺で。

「…逃げ足だけは早いんだから…」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜神さやか編「危険な家庭教師」(JC#1・2,完#2)

2008-07-17 02:38:06 | CH感想
今晩は、ふぶきです。

もしかして、香ちゃんのライバルとしてレギュラー化するの?と一瞬思われたさやか嬢の登場です。
で、結論を言ってしまえば、次の話には出てくるものの、どうなったのかの結論もなく、いなくなってしまった。
思うに、香の位置もまだ固まっていないのに、ライバル的に増やすのはどうか、ということだったんじゃないかな。
さやか嬢の懲りない性格、結構好きでしたけど、仕方がないか。

リョウは初め家庭教師というふれこみだったので、まあちゃんとしたカッコをして、メガネをかけて、丁寧な言葉を話します。
普段とちょっと違うリョウが結構好きです。
それに、丁寧語を話せるということは、常識があるということです。
些細なことですが、ただのやくざ者じゃないということは、大切なことですよ。

アニメじゃよく出てきた香の銃乱射。
原作では、そんなに多くはない。
この話では、さやかの男友達に襲われた時に、銃を乱射したことになっています。
これは、さやかのまともな(?)企みはリョウには通じない、たとえ香を巻き込んでも、ということを示すためのエピソードなのですが、ちょっと微妙です。
いくら男勝りとはいえ、「シティーハンター」のアシスタントになったばかりなのに、普通、不良に襲われても大丈夫だと思うかな。
香なら大丈夫という根拠は何?
そう考えてみると、初期の方が、リョウは香を素人扱いしていないのかもしれない。

同様な微妙さは、さやかのセリフにも言えます。
自分はリョウの恋人ではないと言い切る香に対し、さやかは「立派に恋人だよ」とつぶやきます。
「恋人じゃないなんていってるけど、あたしの目はごまかせない」とも言います。
そう思った根拠は何?
香はリョウの恋人となるべく存在する、ということを外から表現しているような感じです。
この頃は、まだまだいろんな部分が、不確定だったのですね。

「さ~~~て帰るか!夕メシが まってるぜ さやか!!」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二次創作サイト巡り、その後

2008-07-13 04:15:02 | その他随想
今晩は、ふぶきです。

毎日PCを立ち上げておきながら、ブログの書き込みもせずにすることは…、やっぱり二次創作サイト巡りです。
今時は、登録しておけば、そのサイトが更新されると教えてくれというサービスがあるそうですが、ふぶきは利用していないので、地道にお気に入りで巡っております。
ほとんど毎日のように更新される所や、頻繁な所、ボチボチな所、偶にな所、ほとんどない所といろいろですが、偶にな所を偶に訪れて、更新を見つけると喜びも倍増するので、地道に巡っております。

二次創作の世界はまさにパラレルワールド。
サイトの数だけ、リョウと香がいます。
それどころか、一つのサイトの中に複数のリョウと香がいるところもあります。
パラレルの中のパラレルです。
実はこれが結構面白くて、結構好きだったりします。

二次創作は基本設定は原作通りが基本ですが、手が加えるられることも多いです。
槇兄が生きてたり、子供がいたり、なんていうのはまだ序の口です。
リョウと香が「シティーハンター」でなかったり、終には人間でさえなかったりします(リョウまたは香が吸血鬼とか、狼リョウと小兎香とか、etc.)。
そうなると、もう二次創作じゃない世界かもしれません。
リョウと香である必要はどこにあるの?という考え方も出来るかもしれません。
でも、それでもそこにいるのはリョウと香だし、面白いんですよ、これが。

今一番続きを待っている話では、リョウは高校の数学教師、香はその高校の生徒、槇兄はやっぱり刑事、冴子は槇兄のフィアンセで、その妹として高校生の麗香も出てくる。
教師のリョウという設定もなかなかですが、一番の意外性はリョウの苗字が槇村だということ。
つまり、長兄が槇兄で、次兄がリョウ、その妹が香なんですね。
えっ、それじゃリョウと香が兄妹で恋愛関係が成り立たなくてダメじゃん、と思いきや、そこには深ーーい事情があって、いずれ二人は結ばれるだろうという話なんですね。
細かい内容は書かないほうがいいと思うので書きませんが、とにかく続きが気になるったらありゃしない。
ちなみに、海原や海ちゃん、ミックも出てきます。
原作のキャラの性格設定を活かしながら、ドラマは進む訳です。
言ってみれば、原作のキャラ達が別な話を演じてるような感じかな。

他に二次創作と言えば、Hもの。
一応、未成年者などの閲覧も意識して、R指定の断り付きがほとんどで、中にはURL請求制を取っている所もあります。
ふぶきは正真正銘のオバサンなので、どんな話も臆せず読んでます。
ただ小心者なので、URL請求には手を出していません。
で、思うのは、突き詰めて考えれば、これもリョウと香である必要はどこにあるのかな、ということです。
でも、思いは理解できるのです。
中途半端なままで終わった原作の二人。
ちゃんとしてあげたい、というファン心理。
二人がそんな関係になったら、あのもっこり男のことだから凄いんだろう、って。
まあ、所詮人間の三大欲の一つ、書きたくなるのも分かります。
と言う訳で、読みたい欲も抑えられない。
読みまくってます。だたし、背後を壁にしながら…。

CHが終わってもう17年以上。
閉鎖されるサイトもありますが、それを補うように新しいサイトも生まれています。
私も相変わらずリョウの虜のままで、こんなブログを書き続けている。
なんとも不思議ですが、気持ちがいい。
まだまだこんな日々は続きそうです。

「それとも ベッドシーンの リハーサルでも しようか?」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

将軍(ユニオン・テオーペ)編「将軍の罠 !」(JC#2,完#1・2)

2008-06-28 04:22:30 | CH感想
今晩は、ふぶきです。

久しぶりのCH感想です。

相棒だった槇村が死に、その妹の香を、代わりの相棒とすることにしたリョウは、二人を狙ってくるだろうユニオン・テオーペに対し、どう出るのか。
読者はそう思って、展開を待っていたことでしょう。

5週にわたって展開された話は、結構盛り沢山です。

戦いの火蓋は、自爆男をユニオンが差し向けたことで切られますが、その後は、リョウが、「守りの戦いは性に合わない」という言葉の通りに攻め立てます。
これが結構相手の神経を逆撫でするようなやり方で、根暗なんですよね。
そして、怒り心頭した「将軍」と呼ばれる男を倒すことで、ユニオンに手を引かせる事に成功します。
ただ、壊滅させた訳ではありませんから、何れネタに出来るようにはしておいた、と言う所でしょうか。

リョウのやり方は結構用意周到なんですよね。香ちゃんには秘密主義ですが、常に先の先を読んで手を打っておくような感じです。
まあ、お話ですから当然なんですが、その辺から、リョウは何を考えているか分からせない男、という定番を創り出しているという感じです。

ところで、リョウは相棒に成り立ての香にも、ちゃんと仕事をさせてますね。
依頼人とコンタクトを取るだけとは言え、もしかしたら危険人物かもしれない事を考えたら、素人の若い女の子にいきなりさせるようなことじゃないと思うけど、やらせてるのよね。
これは、香への信頼というより、リョウの自信の表現に見えます。

最後の将軍との対決の時、リョウは香を囮にします。
確かにリョウの言うとおりで、リョウが殺されれば、香も殺されるだろうから、だったらリョウの腕に賭けてみる方が生き残れる可能性があります。
とは言え、香にしてみればそれは物凄い決断のはずです。
だから、そこに命を賭けた信頼が生まれる訳です。

こんな風に、この話で、リョウの生きる世界の凄まじさとそこを生き抜くリョウの凄さとリョウに命を預けてしまう香の凄さが、実に上手く表現されていく訳です。

こんな攻撃的なリョウの話は中々ありません。
まだダークでニヒルな所が多く出ているのもいいですねぇ。
それにまだ香ちゃんにもっこりしてるし。
見所満載のお話です。

「それにしても 思わず欲情もんの 悲鳴だったなぁ 香ちゃん」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加