不勉強の覚え書き‥着信音は「君が代」

世界随一の自然災害に立ち向かう為、御先祖様は叡智を結集し、豊かな自然を創造した‥希有な国(八百万の神々・九十九神)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

在日企業の脱税システム 「 五箇条の御誓文 」

2009-12-20 21:25:39 | 反日
「 五箇条の御誓文 」と言われる 在日企業の脱税システム を御存知でしょうか?
どうぞ、ご覧下さい。


206 :名無しさん@十周年:2009/12/20(日) 02:22:13 ID:+M29DWew0

出典:宝島社「北朝鮮利権の真相」
在日朝鮮人の五箇条のご誓文ともいわれている既存特権です。

1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
5.裁判中の諸案件は協議して解決する。

これによって
①在日朝鮮人の経営する店舗は、日本の税務署と直接税金について協議する必要が無く、
②③④にかかった費用も実際なにに使ったのかノーチェック
金額もノーチェック。

税務署は、朝鮮人経営者の提出する書類に、朝鮮商工会のはんこが押してあると、もう何も言えません。
全部損金で出せば、税金は発生しません。
つまり、脱税しようと思えば簡単に出来る特権です。



229 :名無しさん@十周年:2009/12/20(日) 02:25:38 ID:x8/3hQmM0

● 在日企業の脱税システム 「 五箇条の御誓文 」

1976年10月、社会党の高沢寅男により、国税庁と朝鮮人商工会 ( 在日韓国商工会議所 / 在日朝鮮商工会 ) との間で、税金の取り扱いが決められた ( 別冊宝島 『 ザ・在日特権 』 14 ~ 15ページ )。

■ 在日企業のすべての税金問題は、朝鮮人商工会を協議窓口とし、解決
■ 朝鮮人商工会の会費は損金として認める。
■ 学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
■ 経済活動の為の第三国旅行の費用は損金として認める。
■ 裁判中の諸案件は朝鮮人商工会と協議し解決

これにより、在日企業に個別税務調査が出来なくなり、脱税し放題に!!
具体的な手口は、

(1) 在日企業が、売上を朝鮮人商工会に会費として納める

(2) 損金とみなされ、利益ゼロとなる

(3) 利益がゼロなので法人所得税がかからず、法人住民税や社員の健康保険料も安くなる

(4) その後、朝鮮人商工会から在日企業に全額返金

(5) 結果、売上が無税!

(6) パチンコ関連企業の年間売上高30兆円以上が、無税扱い


韓国はパチンコを禁止しているくせに、大統領が日本パチンコ産業の保護をミンス小沢に訴えていた。
パチンコは、日本を堕落させ、金を南北キムチへ吸い上げるための対日戦略産業だってことは、小学生でもわかる。



945 名前: マスコミ関係者だ 投稿日: 01/10/30 13:24 ID:KxRdqMlT

民団は、統一とは組織的な関係ない。
ただし、個々のレベルではわからないが。
総連は、完全に癒着してるよ。
なにしろ、トップの文と金日成はトモダチだったからな。

まったく「在日は差別されてる可哀想な少数民族だ」なんて、トンデモねえ(笑)。
これは連中が広めた最大の嘘だ。
日本最大の産業は、年間30兆円を売り上げるパチンコ産業だが、その8割を在日が握っている。

連中は、税金もほとんど払っていない。
おそらく、国民のたった0・5%に過ぎない在日韓国朝鮮人たちが年間で手にする金は、表も裏(笑)も含めて40兆円に達するだろうというのが我々の見方だ。

在日は疑いもなく「世界一リッチなマイノリティー」というのが真実だよ。
そして有り余った金を、政界にばら撒いている。

自民党や社民党の大半の議員は、完全に連中の賄賂で拘束されているよ。
だから不正融資で潰れかけた朝鮮銀行に、国民の税金1兆円を平気でつぎ込んじゃうんだ。

彼らは、韓国や北朝鮮に対して土下座外交するしかないんだよ。
哀しいかな、今の世の中、金を持ってるやつが一番強いんだな。



947 :名無しさん@十周年:2009/12/20(日) 05:08:06 ID:jnLV1U2R0

朝鮮人を擁護してる人たちは、世間を勉強したほうがいいよ。

朝鮮総連系企業に知らずに就職してしまい、悪事のかぎりを見てしまった俺が言うのだから間違いない。
それまでは、朝鮮人を差別するなんてヒドいって思ってたが、今は日本から追放すべきと思ってる。



引用は以上です。


「盗聴・ストーカー」を犯しても逮捕されない「宗教法人」繋がりの、企業リスト・その1 ・その2 ・その3です。
日々の生活に、お役立て下さい☆

読み応えのあるブログが盛り沢山です。
いつも、勉強させて頂いています。
↓   ↓   ↓
人気ブログ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽善者に惑わされない、心強き日... | トップ | 在日韓国人が参政権をほしがる理由 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL