旦那さまは認知症

32歳で若年性認知症(アルツハイマー)になってしまった夫との日々を綴った日記です。

せっかく笑ってくれたのに

2017年05月11日 00時31分00秒 | 日記
2月10日、夫が急性期の病院に入院。
それからちょうど3ヶ月。
本当にジャスト3ヶ月!
今日、無事転院が終わった。
3ヶ月ルールをこんなにキッチリ守るなんて(というか守れるなんて)、病院ってすごいなぁ(笑)
ゴールデンウィーク明けの月曜日に連絡をもらい、中一日を開けての今日。
展開が早すぎる~(笑)

見学の時はとても印象のいい病院だったけど、やはり「実際のところはどうなんだろう」「怖い看護師さんがいたら嫌だな」という不安もあった。
もともと私は人見知りで、知らない人・知らない場所というのは苦手。
周りに誰も知った顔がないなんて、考えただけでも胃が痛くなる…。
でも夫のために、私も頑張らないといけない。

主治医の先生・看護師さん・ソーシャルワーカーさん・理学療法士さん、代わる代わる来られて、私は緊張しっぱなし!
窓が大きく開放的な病棟だが、今日はあいにくの天気で院内も少し暗かった。
そんな灰色の空が、私の緊張と不安をさらに大きくさせていた。
一通りの挨拶や説明が終わり、私は夫の横で椅子に座り夫の寝顔を見ていた。
時間はちょうど昼食時で、ベッドを仕切るカーテンの向こうではお隣やお向かいの患者さんが昼食を食べていた。
患者さんと看護師さんが冗談を言いながらとても楽しそうだった。
普通なら「いい雰囲気の病院で良かった♪」と思うのだろうが、緊張と不安で私はなんだかすごく疎外感を感じてしまった。
「ひねくれてる~!」「病んでる~!」と思われるかもしれないが、仲間はずれにされた気分になってしまったのだ。
今日は夫が気切をして初めて笑顔を見せてくれたのに、私は空と一緒でずーっとどんよりしていた。
きっと月に一度やってくるホルモンバランスの乱れと天気の悪さ・緊張と不安・疲れ…いろんな要素が重なったのだと思う。
本当は私より夫の方がずっとずっと不安なはずなのに…。

夫のお昼の注入が終わった頃、仕事があるので私は病院を後にした。
本当はもっと一緒にいてあげたかったけど、急に転院が決まったので休みたいと言えなかったのだ。
私が帰ったあと、夫はどうしただろう。
知らないところでひとりで、寂しい思いをしていないだろうか。

なんかすごく疲れた1日だった…。
ブログの更新は明日にして早く寝ようと思ったが、このどんよりした気持ちのまま寝られそうもなかった。
明日は天気もいいみたいだし、きっと私の気分も変わるだろう。
病院に慣れるまで正直行くのがちょっと苦痛だけど、それは自分で乗り越えるしかない。
もう少し社交的な性格に生まれたかったなぁ(涙)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族面接 | トップ | おっさんとクマちゃん »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまでした (musicayorozu)
2017-05-11 15:36:28
何はともあれ 無事に転院おめでとうございます!
きっとこれから いいこといっぱいありますよ。

musicayorozuさんへ (fumii)
2017-05-11 20:40:07
ありがとうございます。
今日は天気が良かったので病室の窓が開けられていて、春の風がとても気持ち良かったです。
おかげで私のどんよりとした気持ちもどこかへ行ってしまいました!

夫は私が行っている間、ほとんど寝ていました。
もしかしたら昨日、慣れない環境で眠れなかったのかもしれません。
眠るまで傍にいてあげたかったです。
今日はゆっくり寝て、明日はしっかり起きててくれるといいなぁ…。
Unknown (くーちゃん)
2017-05-12 19:33:37
優しいふーちゃんさん、きっと大丈夫。
応援しています。
ブログ更新 (みゆき)
2017-05-12 19:46:03
お疲れなのにありがとうございます。
大丈夫ですよ ふーみんさんの不安や緊張は病院サイドにもわかっています。患者さんのご家族の不安を取り除くのだって、大切な仕事なんですもの。初日からいきなり親しげに話さなくても良いんです。ゆっくりと前に進んで行けば良いんですって。今夜は早くお休みくださいね。
くーちゃんさんへ (fumii)
2017-05-12 20:52:32
今日は遅い時間に面会に行ったら、ちゃんと起きていました。
手をつないでいろいろ話しかけましたが、はっきりとした返事はありませんでした。
でも「こっち向いて」と言ったら、何度も振り返ってくれたのでやっぱり理解は出来ているのだと思います。
もうすぐ消灯時間です。
ちゃんと寝てくれてるといいです♪
みゆきさんへ (fumii)
2017-05-12 21:04:41
今日夫の所へ行くと、脇にアイスノンが挟まれていました。
お風呂にも入っていなかったようなので、きっと熱があったのだと思います。。
私が額を触ると熱はなかったので、夕食の注入に来られた看護師さんに「熱があったんですか?」と聞いたところ、「どーなんかな?」って感じでそのまま行かれてしまいました。
部屋の担当などあると思うのですが、誰かに聞くなりはっきりとした返事がいただきたかったです…。
その点はがっかりしましたが、脱がされたパジャマと肌着がきれいに畳まれていたのはとても嬉しかったです。
やっぱりどこも善し悪しがありますね。
Unknown (ひまわり)
2017-06-17 21:28:27
お久しぶりです。最近、仕事が忙しくブログの拝見が出来ていませんだした。色々なことが起きていたんですね。病院も変わり環境の変化大変でしたね。私も人見知りなので環境の変化は一大事です。看護師さん怖い方も多いので不安ですよね。看護師さんは仕事なので仕事としてやってる方もいれば、本当に患者さんのことを思ってくれる人もいると思いたいです。逃げないで一生懸命に旦那さまに寄り添っているふみさんは本当にすごいと思います。母はお風呂に入るのを嫌がったりトイレに行くのも嫌がったり、こだわりが強くなってどう接するのが1番良いのか分からず。仕事も自分で忙しい道を選びましたが、母との時間を選ばなかった自分が恥ずかしい時もあります。最近、大事な人ができ今の状況を話しました。私より全然大人な人でした。理解してくれました。1年前はこんな日がくるなんて思えなかったです。ぼろぼろな私に優しい言葉をかけていただいたふみさんに感謝しています。介護から逃げている自分に向き合うときがきたと思っています。
ひまわりさんへ (fumii)
2017-06-18 21:54:53
お久しぶりです。
お忙しい中、コメントありがとうございます。

転院から1ヶ月、夫は特に大きな変化もなく過ごしています。
私も夫が不安にならないように、毎日面会に行っています。
以前の病院は面会時間が短く仕事の都合で行けなたかったり、休みの日に起きれず間に合わないなんてこともありましたが、今の病院は面会時間が長いので助かります。
が、逆にサボりたくても「まだ間に合うから行かなきゃな…」ともなるのです。
もう少し落ち着いたら、たまにはサボらせてもらおうかな…と思っています(笑)

大切な人が出来たのですね♪
私はそのような感覚はもう忘れてしまいましたが(笑)、きっと仕事やお母様のことで忙しくても頑張れるのではないですか?
理解してもらえたのなら、いっぱい頼ってください。
あまり急がず、ゆっくりゆっくりあたためて行ってください。
全てが良い方向に向かうことをお祈りします!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。