旦那さまは認知症

32歳で若年性認知症(アルツハイマー)になってしまった夫との日々を綴った日記です。

おっさんとクマちゃん

2017年06月19日 21時00分05秒 | 日記
転院から早くも1ヶ月が経った。
この頃は夫も少し慣れてきた様子で、表情も少しやわらかくなった。
急性期の病院に転院した時も2ヶ月くらいは緊張した様子だったので、完全に緊張が解けるまでもう少しかかるかな…。
私も病院や看護師さんに少し慣れ、以前のような疎外感は感じなくなった。
ある看護師さんは夫の顔を見て、「だいぶ慣れてきたかな?そんな怖がらんでいいんよ~って言いよったんやけどね」と言われた。
夫の緊張した顔とリラックスした顔の変化が判るんだ!と嬉しくなった。
別の看護師さんは夫に話しかける私に「今日は(反応は)どう?」と聞いてくれた。
私が「今日は少~し口角が上がってて良いみたいです」と答えると、隣の患者さんのところから「ちょっと顔見てみよう」と夫の顔を見に来られた。
「あら、ホント。ちょっと違うね!」と。
私が夫に「今日は調子がいいみたいやね」と言うと、夫が小さく頷いた。
それを見た看護師さんは「あ、今頷いたね!」と笑ってくれた。
私は、夫の変化に関心を持ってくれたことがとても嬉しかった。
夫の小さな変化に気付いてくれる看護師さんが増えてくれたらいいな…。

先日看護師さんに夫が小脇に抱えるような小さめのクッションを準備して欲しいと言われた。
同部屋の方も、よく見ると円柱の小さなクッションを腕に持ったり小脇に抱えたりしている。
同じような物を探したが、大きすぎたり硬すぎたり、なかなか丁度良い物がなかった。
そこで私は円柱ではなく、胴の長いクマのぬいぐるみにしてみた。
顔がついているので腕から抜けにくく、お腹の部分がツルツルとした素材で冷たく感じ、これからの季節にはいいかなと。
夫の両脇にクマのぬいぐるみを挟んだ時、あまりの可愛さに大笑い!
それから数日、面会に行くたびにクマを両脇に抱えた夫に癒されている。
今日面会に行くとちょうど作業療法士さんがいらして、「このぬいぐるみ、“逃げ恥”のですか?」と。
逃げ恥は私も見ていたが、ぬいぐるみとか出て来たかな?と思い、「いや~、違うと思いますけど…」と答えた。
その作業療法士さんは若い女性の方で、私にも気さくに話しかけてくださるので、私も「おっさんの両脇にクマちゃんはちょっと悪ふざけが過ぎますよね~」と笑った。
作業療法士さんも笑いながら「いや、いいと思いますよ~」と言われていた。
病院を出た後、逃げ恥のぬいぐるみというのが気になって早速ネットで検索。
夫が両脇に抱えているのと同じだった!(笑)
モチクマというらしい。
知らなかったとは言え、そんな可愛らしいものを中年のおっさんの両脇に挟むなんて、本当に悪ふざけが過ぎたかな(笑)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかく笑ってくれたのに | トップ | お誕生日ありがとう »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くま (べるりん)
2017-06-22 08:09:27
おはようございます。

モチクマ、わたしも逃げ恥は観てましたが知りませんでした。
そんなかわゆいクマちゃんを抱っこして、きっと旦那さんも気分がいいんじゃないでしょうか。
わたしも寝るときに抱き枕使ってます。
脇に空間があると寝やすいんですよね~

病院の人たちも、旦那さんの表情をちゃんと読み取ってくれるなんて、すごいですね!
毎日、決まった看護だけをするのではなく、ちゃんと顔色や表情まで細かに見てくれてる証拠ですね。

梅雨が本番になりそうです。
お体に気をつけてくださいね!
べるりんさんへ (fumii)
2017-06-22 23:39:24
ブログを更新した次の日、夫が1ヶ月ぶりくらいに笑ってくれました。
病室に入って「来たよ~」と顔をのぞき込むと、ちょっと間があってニコッと笑いました。
夫なりに考えて、誰だかわかったのでしょう。
多分今の病院で夫の笑顔を見た看護師さんはいません。
夫が笑えることを証明するためにも、誰かに見て欲しかったです。

同室の患者さんが、普段は無表情なのに奥さんと娘さんが来るととても嬉しそうな顔をされます。
きっと奥さんと娘さんが来るのを心待ちにしているんだろうな~。
私も夫にとってそんな存在になりたいですね。
くまちゃんといっしょ! (musicayorozu)
2017-06-23 17:07:22
両脇にいつもくまちゃん!って いいですね。

病院の方も小さな変化にも見てくださってて 不安も少なくなりますよね
ホントに慣れてリラックスできる日が早く来ますように
今回の (みゆき)
2017-06-23 18:52:33
記事読んで思い出しました!
兄もライオンの抱き枕をしっかり抱えてましたっけ。もう50歳過ぎのおっさんでしたけどね(笑)
ただでさえ殺風景な病室なんですから良いと思いますよ。
笑ってくれて良かった。これから笑顔が増えてくれたら嬉しいですね。
musicayorozuさんへ (fumii)
2017-06-23 23:17:49
夫は私にとって子供のような存在です。
なので両脇にクマちゃんがとっても可愛く見えるのですが、普通に見たらどうなんでしょうね(笑)

今日は夫の笑顔は見れませんでした。
いつものペースで行くと、次の笑顔は1ヵ月後かもしれません。
でも夫の笑顔を引き出せるように、私が笑顔で頑張らないといけませんね!
みゆきさんへ (fumii)
2017-06-23 23:24:47
寝たきりだとクッションとか抱き枕って必須アイテムですよね。
介護用だと値が張るし購入するところも限られるから、どうしても可愛いクッションや抱き枕になってしまうのでしょうね(笑)
夫のクマちゃんを買った時、他に「これいいかな」と思うクッションがありました。
でも大きく“HAPPY”と書いてあり、「病気で寝たきりなのにHAPPYって…」と思われるのが怖くてやめました(笑)
いろいろ考えると、クッション選びも難しいです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。