fu-koの小窓

旅と美味しい物、エンタメとSKIと浦和Redsを愛する管理人・fu-koの記憶代わり(笑)の日常記録☆

普通救命講習

2017-04-19 | Medical

ちょうど昨年春の今頃。レッズの試合の終了後にあの出来事(→CLICK)があってから、医療関係者なのに、あの時、何も出来なかった事がずーーーっと気になってました。

実際に目の前に突然そんな場面がやってきた時、知識だけでは何にも役に立たないことを痛感した出来事。もしも、あの時より前にちょっとでも経験があれば、少しでも何かお手伝いが出来たのではないか?と考えつつ、1年が経過してしまいました

市の広報で「救命講習」が無料で受けられるという事は知っていたけど、日程がたいてい日曜日でなかなか都合が合わなかったのですが、や~~~っと先日、「普通救命講習」を受けに行くことができました

日曜日の朝9:00集合。休日の早起きはちょっとつらかったけど、ほとんどが実技だったので3時間寝る暇もなく(笑)有意義な講習会でした 通常は30名くらいの受講者が来るらしいのですが、この日はなぜかたった10名。消防隊員+消防団の方は5名もいたのでかなり手厚い講習でした

_______________

講習内容:成人を対象とした心肺蘇生法、AEDの使用方法、異物除去法、止血法

以前は救急車到着まで6分という時代もあったらしいのですが、現在は9分かかるようです。

脳は、心臓が止まると15秒以内に意識が無くなり、3~4分そのままの状態が続くと回復が困難となります。心臓が止まっている間、心肺蘇生によって脳や心臓に血液を送り続けることがAEDの効果を高めるとともに、心臓の動きが戻ったあとに後遺症を残さないために重要で、救急車到着までに救命処置をやった場合とやらない場合とでは救命の可能性は倍以上の差が出るため、その場に居合わせた人が心肺蘇生を行う事が最も大切。

講習では1人に1体の“上半身だけの人形”(←ある意味ちょっとコワイ光景・汗)が与えられて実技訓練を行ったので、「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」の正しい場所や力加減、気道確保の角度、人工呼吸の方法等を実際に経験することができました。

特に胸骨圧迫の力加減は想像よりかなり強く深く押さなくてはならなくて、規定の30回の圧迫ですぐに汗だく(翌日はしっかり筋肉痛でした~)。実は「押す」ことよりも「きちんと戻す」ことが大事で(ポンプの役割だから)、一人で続けていると段々疲れてきて「戻す事」を省略するようになってしまうので、消防隊員さんも2分程度で交替するらしいです。

AEDに関しては機械が手順を喋ってくれるので、未経験の方でも落ち着けばきちんと出来ると思います。(ただ、何処にAEDが置いてあるのかを知らないとすぐには対処出来ないのですが・・・)

AEDについて初めて知ったこと
1.パッド装着の準備をしている間も胸骨圧迫は継続する(←自分以外に最低でももう一人の協力者が必要)。電気ショック終了後も呼吸や体動が再開しなければ胸骨圧迫はずっと継続する
2.パッド装着位置は通常は「右胸と左脇腹」だが、傷があるとか身体が小さくてパッドどうしがくっついてしまうような場合は、心臓を挟むような位置、例えば身体の「表と裏」でもOK
3.もしも意識が戻っても、救急隊に引き継ぐまでパッドは貼り付けたままにする(再び意識を失う可能性もあるため)

これで、今後また同じような場面に遭遇した際には、積極的に自信を持ってお手伝いが出来ると思います。今回は「普通救命講習」というのを受けたのですが、成人だけではなく小児を対象とした蘇生法や傷病者管理法等のその他の応急手当を学べる「上級救命講習」も無料で受けられるらしいので、日程が合えば受講したいと思ってます。(「普通~」も再確認のために数年毎に受講したほうが良いとのことでした)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当選報告♪ | トップ | ***更新情報*** »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kate)
2017-04-22 23:56:56
あの時のことがずっと心にあって今回の実習に
参加できたfu-koは偉いなぁ。。

人数も少なくて手厚い講習になってよかったね。
同じ内容なら人数が少ない方が絶対いいもんね。

今回のfu-koが書いてくれたことを読んだから頭の片隅に
残しておこうって思います。
いざって時に少しでも知っていれば不安が減るよね。
こちらでもファーストエイドの資格みたいなのを取るときに
そういう実習があるみたいなのだけど私はまだ受けたことが
無くて。。いつか取っておこうかな?
To.kateさん (fu-ko@管理人)
2017-04-23 17:05:30
ホントはもっと早く受講したかったんだけど、あの日から1年も経っちゃった・・・。
今回は受講者2名に対し1人の消防隊員が付いてくれるという有り難~い講習になったヨ!

AUSでも、街中や公共施設にAEDってあるの??
きっとあったとしても英語だよね~(笑)
kateさんのお仕事的にはそれほど必要のない資格かもしれないけど、もし万が一身内が倒れた時にはきっと役に立つと思うよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。