東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

“お伊勢さん”に緊急帰省!

2017-08-04 22:01:42 | 入院

お盆の帰省シーズンが近づいたが、ひと足早く郷里に帰省してきた。“お伊勢さん”で知られる三重県伊勢市だ。実の姉が入院したというので、そのお見舞いに出かけた。脳梗塞に加え、胆のうがんの疑いもあると診断されたという。8月2日(水)、新幹線の名古屋駅から、さらに近鉄に乗り継いで伊勢へ。

名古屋発賢島行き近鉄特急

※久しぶりの郷里

伊勢市駅前

伊勢神宮外宮への玄関、伊勢市駅に降り立った。若い頃はお盆と正月に帰省するのが慣わしだったが、今回は母親の13回忌を済ませた平成24年以来5年ぶりだったので何とも胸キュンだった。

伊勢日赤病院

姉が入院している伊勢市駅近くの日赤病院。仮に胆のうがんだと、放置すれば余命は半年から1年というので驚いた。静かにノックしながら病室を訪ね、義兄や家族と久しぶりに顔を合わせた。

姉の病室

胆のうの手術は大腸や胃などに比べ難しいと言われるが、姉自身も家族もがんの疑いのある胆のう手術を決断、医師と打ち合わせ、早速、翌3日(木)午前に手術が予定されていた。

※胆のうがん手術は成功!

翌日午前9時から手術が始まった。麻酔を伴う外科手術だったが、医師によると、胆のうの局部と転移が心配なリンパ節の一部の摘出が順調だったとか。それにしても手術開始から3時間後の昼過ぎに麻酔から覚めた姉と会話出来るとは思わなかった。

食事処

手術成功にホッとして伊勢神宮外宮に参拝へ。すると伊勢市駅からの参道で「伊勢うどん」に目が奪われ、食事処に直行!

店の伊勢うどん

 “名物に旨いものなし”とも言われるが、ユニークな伊勢うどんはお奨めだ。普通のうどんに比べて、スープが殆ど見当たらないのでビックリされるが、昆布のダシもたっぷり。

外宮の拝殿

伊勢神宮は内宮と外宮を中心とした社(やしろ)の総体。久しぶりに外宮の玉砂利を踏みしめた。外宮にも様々な祭神が祭られていて参拝客が絶えない。当方は姉の手術が無事終わり、これも神の御加護かも、と手を合わせ、快復を願った。

赤福

こちらは伊勢の代表的な名物。生菓子の表示問題を起こして以来製造元が自粛し、首都圏ではこの名物が手に入らないのは寂しい。ちなみに赤福餅の表面の曲線は内宮を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどっているとか。

※“勝ち抜きます”

4日(金)午後、赤福を土産に帰宅。その夜、義兄から届いたメールを見ると、“勝ち抜きます”と書き込まれていた。姉も含め家族を背負って頑張るという決意表明に頭が下がった。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うなぎで夏バテを吹っ飛ばせ! | トップ | 台風の置き土産は猛烈な暑さ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

入院」カテゴリの最新記事