東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

江戸前トラフグごちそうさん♪

2017-04-16 20:30:10 | グルメ

 先日(12日)、トラフグ乗合で東京湾に出撃すると、本命1尾ゲット。釣って楽しく食って美味しいフグ。昨今、料理店などに出回るトラフグは養殖物だが、こちらは正真正銘、れっきとした江戸前の天然物だ。虎の子のトラフグは関西で“てっちり”と呼ぶフグ鍋を楽しむべく、まず三枚おろし~。

トラフグの身欠き

左右二枚の身欠きと真ん中は中骨。この中骨からコクのある出汁が出るので鍋の底にしのばせる。野菜は白菜のほか、長ネギ、エノキにハルサメ。ときにシイタケや春菊も使うが、今回はシンプルな鍋だ。

フグ鍋

調味料と薬味はポン酢に刻みネギと、もみじおろし。変哲もない定番レシピながら、もみじおろしに、さらに一味唐辛子を加えたピリ辛がお気に入り。取り皿の表面が赤く見えるのはそのためだ(^^♪。

取り皿

フグ鍋は夕食と晩酌を兼ねて堪能した。鍋を楽しんだら、翌朝の〆はフグ雑炊♪ この朝食のために前夜からご飯を冷蔵しておいた。炊き立てのご飯だと、雑炊が水っぽくなり旨くない。冷たく固くなったご飯を熱い鍋で加熱、最後に溶き卵を入れると、味も食感もgoo!そのためなら、わざわざご飯を冷蔵しておく労は厭わない(^^)。

雑炊

天然トラフグの雑炊など、滅多に望めない(^^♪。鍋に沈めた中骨のおかげで、雑炊も美味しく頂いた。フグの雑炊と言えば、前回はアカメ狙いでキムチ雑炊を食した。アカメに続いて、今度はトラフグ。絶品フグの雑炊連発は釣り人ならではの幸せだ(^0^)。

トラフグの虎の子

鍋や雑炊を堪能した江戸前トラフグ。トラフグ乗合にもう1回乗りたいが、乗合がいつまで出船出来るのか先行き不透明だ。東京湾で去年4月に起きたあの椿事。湾フグ各船が釣場に殺到したが、騒動はあっという間に終了したものだ。まだ気が早いが、東京湾ではショウサイフグの白子シーズンも次第に近づいている。

 只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京湾トラフグ乗合の虎の子(... | トップ | トラフグ狙いか白子フグか?(^^♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。