東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

遅ればせのショウサイフグ参戦♪

2017-05-14 20:21:48 | フグ

 新緑の12日(金)、東京湾へルンルン。横浜・金沢八景「野毛屋」フグ船で出撃だ。連休中の釣行をしそびれ、湾フグは先月12日のトラフグ乗合以来1か月ぶり。今度の目当てはショウサイフグ。釣り場は内房の大貫沖へ。

フグ船「第一忠丸」

早朝に岸払いして東京湾に出ると、間もなく第2海堡を通過。当方には去年10月以来の光景だったので懐かしい♪。

開発が進む第2海堡

大貫沖に錨を降ろし、係釣りが始まると、すぐに“型を見たよ~”と健船長がアナウンス。左舷胴の間からは目撃出来なかったので、右舷トモ側だろうか^^。

各種カットウ針

ナツメや丸型の錘を使ったフグ独特のカットウ針。潮が早いので、錘はナツメ10号と丸型15号を使い分けた。曇り空から日も差してきて、すっかりバカンス気分だ。そうなるとクーラーボックスから取り出したのはコレ!

爽やかに缶ビール

エサの赤エビは殻を剥き終えていたし、臨戦態勢バッチリだったが、困ったことに仕掛けが船底へ流れ、釣りづらい。塩尻らしい()。魚が掛かったら注意しようと思った。道糸が船底に擦れると新素材のPEでさえ簡単に切れてしまうからだ。しかし、そんな心配はご無用!なにしろ竿先は一切揺れなかったのだ()。

ヒトデばかり連発!

賑やかな右舷側とは対照的に釣り開始から4時間余り、当方に釣れたのはアナゴの仲間のほかは次々と迷惑なヒトデばかり。殺生はしたくないが、フグの天敵というので、“死刑”の天日干しを励行。

富津岬

フグ船は昼前、富津岬や第1海堡を見渡す釣り場へ移動。これが当方には大きな転機となった。正午過ぎ、誘いを繰り返していると、穂先が一瞬おかしい!合わせると重く強い引きが腕に伝わった!負けずに抜き上げると待望の本命だった^^。

今季ショウサイ第1号♪

喉元にカットウがクリーンヒット!サイズはまずまずの28cmだったが、体型がややスマートなので気になった。白子持ちのオスなら背中の左右が菱形に見えるのに…(^^♪。

ちょっとスマートだねぇ~

何はともあれ本命ショウサイの今季第1号を素直に喜んだ()。これからの白子祭り、真夏に向けて暑くなってくるから、冷えたビールが一段と旨くなるので楽しみにしている

尾目のショウサイ

右隣のミヨシにも注目していたが、熱心に誘っているのにエサさえ取られないと、ぼやいていた。こちらも大苦戦だが、第1号から2時間余り、空合わせにガツンと来た!一瞬、こりゃ~大きいと抗戦したが、意外や意外、第1号とさして変わらない30cm弱の29cm。

白子持ち有望♪

しかし、よく太っていたし、体型が菱形にも見えて白子持ちかもとワクワクしたのだが、沖揚がり前に船長に捌いてもらうと、何と2尾ともメスで白子は空振り!“白いダイヤ”とも称される絶品白子は残念ながら、次回以降にお預けだ~()。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魚市場はゴミ捨て場!? | トップ | フグ刺しの晩酌と一汁一菜^^ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした~ (もと)
2017-05-15 07:36:30
厳しい前半、アタリも無いのは大変でしたね。
でも久し振りの大貫沖とショウサイ、楽しめ
ましたねぇ。今シーズン初白子は次回の
お楽しみということで。

私も先週8日に行きましたが、3匹中後半の
ポイントで釣れた2匹が白子持ちでした。
ポイントによって雄ばかり群れている時があると
健船長が言っていました。

もとさんへ (fu-goo-log)
2017-05-15 13:43:30
コメント有難うございます。
とても渋い釣り座でしたが、ミヨシの人に比べれば幸運だったと思います♪
紙一重で、その立場になっていたかも知れません。なにしろミヨシは当たりどころか、エサをまったく盗られなかったんじゃないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フグ」カテゴリの最新記事