FTS

ウスい方はお断りなディープワールド
おもちゃ遊びの濃いブログ
極めろ!玩具道!

NERFイベント 「NERFest新木場3」に参加してきました!!

2009-11-03 17:17:02 | NERF -ナーフ-












はやくも三回目となったNERFest新木場ですが、今回も参加してきました!!



今回も簡単にイベントレポートと写真を掲載します。

写真は個人特定を防ぐため、今回はクリックしても拡大しません。




まあイベントには、またもや寝坊で一時間遅れでの参加だったんですが・・・






今回は、初のゲームとしてクイックドロー大会が行われました。


西部劇などでおなじみの1対1での早撃ち対決です。


SHOWさん製作の特製ホルスターと、主催者側が用意したクリアーマべかスイッチショットを使い、対戦条件はなるべく平等に。

3mほどを隔て向かい合わせになった対戦者の間に審判員が立ち、準備が出来たらマイクロリフィールを大きく空へ!!


落ちてきたリフィールが地面に着くと同時にブラスターを抜き、そして撃つ!!



単純明快なルールですが、マベはジャム(弾詰まり)、スイッチショットはホルスターの微調整がうまくいかず抜きにくい、と意外と難しいゲームとなりました。







対戦中のSHOWさんと蘭剣さん。



自分も「Time To Nerf」などで競技内容が発表されてから自宅で一人で練習していたのですが、基本的にNERFは発射前にコッキングという作業が入るので、なかなか素早く撃つのは難しかったです。

もっとも本番では自分は遅刻したせいで不戦敗だったんですが・・・














そして優勝したのはくすりやさん。


なにげに勝率高いんですよねぇ・・・












昼食タイムを挟み、午後は恒例の対戦ゲーム。
















ただし、前回までとルールが大きく変わりました。

・対戦コート自体が今までより広く、横8m×縦12mくらいの広さに。

・オフェンス、ディフェンスでの攻守交代がなくなり、相互攻撃制に。

・今までは攻守を分けるラインを越えての攻撃はNGでしたが、今回は相手陣地へ移動しての攻撃もあり。

・ただし、ゴール前1.5mほどのエリアには進入禁止。

・時間は3分で2ラウンド。

・チームで色の違うビブスを着用し、観戦者はジャッジとして「○番(ビブス番号)ヒット!」と叫ぶ。

・前回まではヒットしたら攻撃側はコートから退場だったのが、自軍最奥部にタッチすることで復帰が可能なルールに変更。


と、かなり戦略を変える必要がありました。




























今回このようなルールになったのはコート内のバリケードが増えたので、より立体的、行動的な動きが可能になった為です。

これは、みなきちさんの作成した分解式のシールド(写真の白い衝立)と、SHOWさんが持ってきたペイントボール競技用のバルーン(凹型の赤と青の風船)が今回は使えたことが大きいです。

そして、参加人数が多かったので1チームが5人となり、よりアクティブなゲーム展開となりました。


前回までの問題点として攻撃側がバリケードの裏に隠れ、時間いっぱいまで膠着した状態が続く、というのがあったのですが、このルール改正で常に休んでいられない緊張感のあるゲームとなりました。

バリケードに隠れつつ敵陣に攻め込み、相手チームを狙い撃ち、そして隙を見てゴールに弾を撃ち込む!

とにかく三分間走り回り、撃ちまくれた面白いゲームでした。












実は今回、自分は「レイダー祭り」になることを予測していたんですが、実際にゲームが始まるともっとも多くの方が使っていたのはなんとリーコン!

これは、リフィールの飛距離がレイダーよりリーコンの方が高いからですね。

リーコン本体に35発ドラムマガジンとレイダーのストックをつける組み合わせが一番使われていました。

まあ、自分も自宅であれこれ試した時にはこの組み合わせが一番良かったですから・・・


ちなみに自分もリーコンを使用。

ドラムマガジンの代わりにフリップクリップを使ったのですが・・・

これが失敗。


自分がフリクリに慣れていないため、バリケード越しに撃つ際に接続した下側のクリップをぶつけて落としまくっていました・・・



ただ、リーコンは焦って撃つとジャムが多い(ちゃんとコッキングスライドを押し切らない為)ので、二戦目以降ではレイダーや他のブラスターに変えるプレイヤーも多かったです。




1チーム5人で6チーム。

これを2部に分けてリーグ戦を行い、勝率の高いチーム同士で決勝戦を行いました。











優勝したのはこちらのチーム。

みなきちさんがまた居ます!

優勝賞品は日本限定商品のオフィシャルターゲット!















休憩を挟み、今度はNERF自慢、MOD披露大会。








くすりやさんのレーザータグ。

NERFの光線銃です。

これは数を集めて対戦したら面白そうです!










SHOWさんは、またもや珍品ブラスターをたくさん紹介されていました。

写真のはラナード製で、先端のリフィール部分がくるくる回りながら撃てるブラスター。

他にも、スパイギアのブラスター等を紹介していました。









がるるさんはおなじみのパルスライフルリーコンと、試作型ロングショットを披露。

また、ヘイローのスパルタンヘルメットを紹介していました。









くだんさんが披露されたのは自作の革製ホルスター。

なんとNERFを始められてから革細工も始められたとか!

この革ホルスターはかっこよくて自分も欲しくなっちゃいました。










そしてみなきちさんの紹介したエアゾーンのパニッシャー!

電動で砲身がぐるぐる回り連射できる大型ブラスターです。

これは自分も空撃ちさせてもらいましたが、NERFバルカンを超える快感でした!












会場に持ち込まれたカスタムペイントのマーべリック。













そして、今回は時間的に余裕があったので久しぶりに無差別撃ちあいタイム!

リフィールが当たっても関係なし!というルールでとにかく撃ちまくりで盛り上がりました。












と、いうことで10時~17時まで時間いっぱい使って楽しみました。









戦い終わって後片付け。

リフィール職人が熟練の技で箱詰めしていきます(嘘)













さて、今まではここで解散、お疲れ様、となるのですが・・・










なんと今回は二次会も開催!

t2さんのお店に場所を移し、美味いアジアン料理と黒ビールで打ち上げ二次会を行いました!

お店に設置されたシューティングレンジでの射撃大会なども行い、こちらも深夜まで大盛り上がりでした。
















さて、次回イベントは新木場の会場が取れそうなのが来年との事なので、年内に出来るとしたら別会場になるとのこと。

またスケジュールが合えば参加させていただきます!











---おまけ----

二次会会場でt2さんのアルティメットを見せていただいて発覚したこと。





国内版はシリンダー先端部分がリフィールを入れやすいように外壁が短くなってるんですね。

海外版はリフィールのゴム部分まで隠れる長さです。

まあ、単純に生産時期による物なのかも知れないので、今後は海外版もこのシリンダーになるのかも知れません。

























ナーフ N-ストライク レイダー CS-35 トミーダイレクト(発売中)


ナーフ N-ストライク ナイトファインダー EX-3[トミーダイレクト]《発売済・取り寄せ品》


【25%OFF!】ナーフ ダートタグ アルティメット2プレイセット(おもちゃ) 【ラッピング対象外】
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BANDAI 眼魔伝「ガンダイス... | トップ | NERFイベント 「NERFest新木... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (がるる)
2009-11-03 18:47:57
当日はお疲れ様でした。
ファーストドロー 久々に緊張しました。アレは面白い!次回は是非参加して蘭剣さんとあたってください。超怖いですからww。
ちょっと待て^^; (蘭剣)
2009-11-03 23:17:25
お疲れ様でした~
今回ラスト時間余ってた時に練習兼ねて
早撃ち戦やれば良かったですね^^;
服装決まってたのでFTSさんとも
是非対戦したかったです

しかし何故そうも怖がるかなぁ
単なる「えんたーていめんと」ですよ
Unknown (がるる)
2009-11-03 23:42:04
笑ってる画像 怖いですよ?
Unknown (FTS)
2009-11-07 12:23:09
>がるるさん

今回は参戦できなかったので次回はファストドロウに挑んでみたいですね。
せっかくホルスターも入手したので。


>蘭剣さん

そうですねぇ!
空き時間利用すればよかった!
まあ、ゲーム中はジャッジに夢中だったんですけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL