忠さんの京・近江遊々さんぽ

祭・行事、史跡探訪、季節の花などを紹介しています
後期高齢者につき、脳トレのつもりで作文と入力に励んでいます

下鴨神社初詣と蹴鞠初め

2017-01-04 19:13:18 | 行事
このところ数年は、格別の用事がない限り、

正月4日は、京都の世界文化遺産17か所の内の一つ

である下鴨神社に初詣に行っています。

何故なら、この日は蹴鞠初めが奉納されているから、

初詣と兼ねて撮影が出来るからです。

午後2時の蹴鞠開始に合わせて、家を12時半に出発。












今年の正月は暖かいから、例年より参拝客はかなり

多いような気がします。

蹴鞠会場には、すごい人垣が出来ていて、背の低い

忠さんには、蹴鞠している人がまるで見えません。

阪神の藤浪投手くらいの背丈があったらなあ。


だから、このところの撮影現場での必須アイテム・一脚に

カメラを取り付け、頭上高く差し上げて、リモートコードで

人垣の頭越しに撮影開始。

ボールをける音を頼りに、高速(11枚/秒)連写撮影です。

レンズの向きは、なんとかカメラの液晶モニターで確認

出来ますが、ピントがどこに合っているのやら。

蹴る人に合っていればいいのだがなあ。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当るや~。と、ばかり連写につぐ連写。

時折、動画で写撮影してみたり。








やっぱりピンボケ写真が多い。もうちょっと「絞り」を

絞って、8か11位にするべきだった。

被写界深度が深くなるので、ピントの合う範囲が広く

なるからです。まだまだ未熟やなあ。



20分くらい経ったところで、少しづつ人垣が空いて

きたので、色鮮やかな楼門が背景になるように場所を

移動して、撮影しました。



(始める前の儀式)









(ビデオ画像から切り出してみました)



(ビデオ画像から切り出してみました)


蹴鞠は3部構成ながら、45分ほどで終了したので、

本殿参拝のあと、境内を歩き回って被写体を探し撮影。


御手洗池では「水みくじ」をしている人が、入れ替わり

立ちかわり、くじを水に浸して文字を浮かびあがらせ、

今年の運勢を祈っていました。







帰りに今出川橋から、鴨川上流をパノラマで

写してみました。


(中央の森の奥に下鴨神社はあります)


帰りに有名な「ふたばの豆餅」買おうと、

店まで行きましたが、正月休日でした。

がっかり!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近江大津宮に遷都されて1350... | トップ | びわ湖ホール四大テノール ... »
最近の画像もっと見る

行事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。