忠さんの京・近江遊々さんぽ

祭・行事、史跡探訪、季節の花などを紹介します

びわ湖大花火と花火観覧船

2017-08-13 19:51:27 | 歳時記
11日から始まった阪神の対DeNA戦は、2連勝となった。

大黒柱のメッセンジャーが腓骨骨折と診断され、長期離脱が

避けられない状況で、阪神投手陣は大変なことに。


その中で11日は、岩田投手が7回を投げ、3安打1失点の

好投で今期2勝目をあげた。打っては、中谷が13号3ラン、

ロジャースは4号2ランがでて快勝。 8-1。


12日は、能見投手が6回を8安打されながらも、筒香の

HRによる1失点しただけの好投だったよ。

打っては、福留の攻守にわたる大活躍で延長戦を、2-1

で制した。メモリアルな250号HRが決勝点となった。

外野で的確なボードを掲げるあの有名な2人の少女。

それにしても、色々な記録を調べてボードを準備して

いるねえ。




関東での試合なら、ほとんどの球場で、テレビ画面に

写るし、関西の球場ならば、土日に見かける。

但し、福留選手がHRを打ったときは、テレビの放映が

終了していて、観ることが出来なかったが、後の

スポーツニュースで確認した。上の写真もおそらく放映する

だろうと、カメラを準備して構えていたもの。


今日13日は、今現在 1-6で、5点のビハインド。

残り5イニング、がんばれ~~。



NHKの連ドラ”ひよっこ”は、毎朝の楽しみだが、

2,3日前に懐かしい光景が映し出された。

奥茨城に帰った実とみね子が、家族全員で田植えを

する前に、苗束を水田に投げいれていたシーン。


農家に育った私の小学校時代には、田植え休みと

いうのが1週間位あって、子どもが手伝えるのは、

苗束を適当な間隔に、ばら撒くことくらいだった。

そして、早乙女さんが、ジョウギ(定規かな?)という

簡単な道具を使い、5,6人並んで植えていたのを

鮮明に覚えている。

農家にとって、田植えは、大変な仕事の一つだった

と思う。



ところで、このところ暑いし、これといった被写体を

思い出さないので、パソコン内の写真整理にかなりの

時間を割きながら、テレビで高校野球を観戦している。

郷土の代表・下関国際は残念ながら、香川・三本松に

敗れた。

そんな中、過去の花火写真を整理していたら、4年前の

びわ湖大花火大会には、花火観覧船がでていて、それが

鮮明に写っていたので、紹介させていただくことにした。

今年は、観覧船はなかったのかなあ。

















結構いい場面を撮っているじゃあない?なんちゃって!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びわ湖大花火大会 第2弾 | トップ | 私のお盆週間 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。