忠さんの京・近江遊々さんぽ

祭・行事、史跡探訪、季節の花などを紹介します

第64回 「ひこねの城まつり」パレード

2016-11-03 19:21:10 | 祭り
毎年、この祭りに行きたいと思っていながら忘れていて、

いつも終わった翌日の新聞を見て「ありゃ~!」と、

地団駄を踏んでいたので、今年こそはと、年初から

手帳に記入していました。

JR琵琶湖線の彦根駅前にある観光看板と井伊直政公の銅像です。

ここまでの所要時間は、家から電車で1時間程度です。






彦根城までは、JR彦根駅からぶらぶら歩いても、10分少々の

近場なのです。昼が近かったし、パレード出発まで1時間以上

あるから、途中のうどんやさんで腹ごしらえ。

写真を撮るのに背景が美しい城内辺りは、観覧者が多いことが

予想されるし、一度場所を確保したら移動が難しいから、

一番いい撮影場所はどこやろうかと、彦根駅観光案内所で

もらった祭のパンフのパレードの巡行図を食事しながら

にらめっこ。なにしろ、この祭りは初めて観覧するので

まるで想像がつかないのです。


(今日の彦根城遠望)


目を付けたのは、パレード通過直後に行われる火縄銃の

演武場所が近いところでした。

ということで、彦根城の表門前辺りのお堀端に決め、

パレードが正面から向かってくるように見えるコースの

曲がり角に位置取りしました。

時折、小さい雨が降る肌寒いコンデションでしたが、

パレードが始まる1時過ぎにはあがり、1時半ころ、

いよいよ、パレードが近づいてきました。

ここで場内放送を聞いてびっくり!

な・なんと!あの桐生選手がオープンカーで登場すると

言うではないですか!

近づくにつれ、沿道から「桐生く~ん かっこいい~」

「おめでとう~」などと声援が飛び、観客のボルテージが

一気にあがりました。

桐生君の胸には、銀メダルが燦然と輝いて見えました。





(彦根出身の桐生祥秀選手と、彦根のゆるきゃらの

  「ひこにゃん」。

 ※桐生祥秀選手(彦根市立南中~京都の洛南高~東洋大学)は、

  リオ・オリンピック 陸上400㍍リレーで、銀メダルを

  獲得しました)


(桐生祥秀選手と、ひこにゃん)



(ゆるきゃらパレード)


続いて、かわいい子ども大名行列が通り過ぎました。







次は、女子中高生と思われる風俗行列です。











その次は、いよいよ井伊の赤備えの赤鬼家臣団列です。



(初代井伊直政役は、俳優・北村有起哉さんです

来秋公開される映画「関ヶ原」で直政役を

 演じられるそうです)




行列が終わりかけたので、すばやく人波をかき分けて

火縄銃演技のよく見える位置へ移動しました。

城の堀を挟んだ演武場の最前列に位置取り成功!

カメラは連写をセットし、瞬間を撮ろうと構えた瞬間、

発射の轟音にびっくりして、のけぞりそうになりましたよ。

カメラぶれをしたのではと思いましたが、何とか

写っていました。


(彦根鉄砲隊の火縄銃演技)


次は、彦根鳶保存会の華麗な演技です。

でも、人が多くて演技者の正面になる位置取りが

難しかったので、やむを得ず背面から撮影しました。





この祭りでは、彦根市内の児童の他、映画俳優も参加する

総勢1000人程の時代絵巻行列が、市街を華やかに練り歩き、

約2時間、小江戸情緒を満喫しました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下関・北九州(門司・小倉)... | トップ | 大津商人祭り 第1回 「アキ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。