忠さんの京・近江遊々さんぽ

祭・行事、史跡探訪、季節の花などを紹介します

三井寺の千団子まつり

2017-05-20 18:27:57 | 祭り
先日の午後、電話が鳴った。

ナンバーディスプレーを見ると、市内局番の番号だった

ので、受話器をあげると、

「〇〇警察署 生活安全課の△△です」

私「はい」

△△さん「振り込め詐欺に気をつけて下さい」

概ね上記のような内容でした。

切った後、「本当に警察からの電話だったのか?」

「なんで?わざわざ警察からかかってくるの?」

と、思ったので調べると、番号は間違いなかった。


だから、その番号にかけ直して、△△さんに

取り次いでもらって、事情を訊くと、捕まえた

詐欺犯が持っていた名簿に家族の名前が載って

いたかららしい。 怖い 怖い!


我が家は、非通知と公衆電話からの電話は、

一応、着信拒否設定をしています。

振り込め詐欺には、十分注意しましょう。




今日は午後から、三井寺の「千団子まつり」に

出かけてきました。

このまつりは、三井寺の守護神である鬼子母神

の祭礼で、千個の団子を供えることから

「千団子祭り」と呼ばれ、600年以上続く

伝統的な祭礼として大津の人々に親しまれています。



(護法善神堂です)



護法善神堂前の放生池では、生きとし生きるもの

すべての命を大切にする「放生会」が行われて

いました。

これは子供の無事成長の願いをこめて、その子の

名前と年齢を亀の甲羅に書いて池に放す行事です。

今日行ったときは、亀ではなく鯉の放生会でした。

多分、申し込みが多くて亀の数が足らなくなった

のではないかな?







また、境内では、大道芸や植木・苗木市で賑わって

いました。


(鮮やかな皿回し)



(南京玉すだれの芸)



(河内音頭を披露する)


この後、歩いても5分とかからない大津歴史博物館

で開催されている「第63回 滋賀県美術協会展」に

行ってきましたが、その模様は次回にします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津市の俯瞰図 | トップ | 第63回 滋賀県美術協会展 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。