ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

日本の愛国心 - 序説的考察

2017-07-16 09:13:24 | 本と雑誌


佐伯啓思先生の本は、気宇壮大な思想。
一度読んだのだが、再度時間をかけて読む。
明治維新とは何かを問うところにポイントあり。
日本とは何か、西洋とは違う整理とは何かという視点が大事。
政治家は読まないのだろうな。

目次

序論 なぜ愛国心なのか
第1章 愛国心という難問
第2章 愛国心と愛郷心とナショナリズム
第3章 愛国心と近代国家の論理
第4章 「負い目」をもつ日本の愛国心
第5章 歴史観という問題
第6章 日本の歴史観と愛国心
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡椒息子 | トップ | ブラック奨学金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。