ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

パパが遺した物語

2017-07-23 11:58:54 | 映画


小説家を演ずるラッセルクロウは、交通事故で妻を失う。
ケイティを演ずる子役のカイリー・ロジャーズ、成長した役を演ずるアマンダ・サイフリッドがとても良い。
アメリカ映画とは思えない深みがあるのは、イタリアと一緒に作っているからか。

その他の俳優も素晴らしい。
ただ、心に傷があると男を連れ込むという設定はどうなのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラック奨学金 | トップ | 文部省の研究 「理想の日本人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。