炉端での話題

折々に反応し揺れる思いを語りたい

再び「丁寧な説明」

2017-06-19 19:48:08 | Weblog
 国会閉会に際する記者会見で首相は「丁寧に説明する」と述べた。もっとも臭い言い草だが、これまではぐらかされてきたので、丁寧な説明とは自分が言いたいことだけを一方的に言いまくることだと思えてならない。そこで、かつて青さんが投稿していた「丁寧な説明」を思い出した。もう一度掲載させていただこう。
*****

どこかの「丁寧に説明する」ためのマニュアルにはこう書いてあるのだろう。

① 答えをはぐらかす。

② 話をすり替える。

③ 都合の悪い事は答えない。

④ 同じ話を何回も繰り返す。

⑤ 話を長くして、混乱させる。

⑥ 独断的な理屈で、臆せず断言する。

⑦ その場その場で発言を少しずつ修正する。

このような手法を駆使した、「いわゆる、丁寧な説明」を尽くしたとして、ゆくゆくは「強行採決」ですか。これも結論の箇所に書いてあるのではないか。
*****

このマニュアルに従うのではなく、こちらが聞きたいことにきちんと正対してもらいたいものだ。(オリ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  共謀罪法案のゴリおし | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL