介護はイヤだ

両親への積極的な介護をしていなかった(両親は平成24年度に相次いで死亡)、ダメな子供の戯言を書いています。

献血事故

2016-12-24 17:21:07 | 日記
本日、145回目の献血をしてきました。

いつもは渡されたパンフレットはさっと読み流しているのですが、ある箇所で目が止まり、『あぁ~そういう事だったのか』と納得することが有りました。


☆☆回想☆☆
あれは・・・昨年の5月下旬の事です。
ハイキングの帰りに成分献血をしたら、残り1サイクルとなった時に胃の辺りに違和感を覚えたのですが、『あと10分程度だから大丈夫かな?』と考えて我慢していたら・・・いつに無く気分が悪くなりました。

看護師を呼ぼうと、空いている方の手(腕)を挙げようしたら、感覚はあるのに反応しない・・・私の前を通り過ぎようとした看護師が異変に気づき『大丈夫ですか』と声を掛けた途端、意識を喪失。

数秒後に私の名前を呼ぶ声が聞こえたので目を開けると・・・採血用ベットは倒され、看護師3名と医師1名が私を見下ろしており、管が多いと思ったら輸液パックが見えます。
怠いので目を閉じようとすると、医師から「眠いと思いますが、目を閉じると副交感神経が活発になり、血圧が下がって又意識を失います。目を開けていて下さい」と注意。
輸液を2パック行いながらも献血は続行され、数名の監視の下いつもよりも長めの休憩してから帰宅しました。
☆☆回想終了☆☆

で、先ほど目が止まった箇所には次のような事が書かれておりました
『•万一、採血中や採血後に気分不良やめまい、皮下出血などが起こった場合は、我慢をせず、すぐに看護師や医師らにお知らせください。
  •献血後の副作用発生率は気分不良、吐き気、めまい、失神などが0.9%、失神に伴う転倒が0.008%、皮下出血が約0.2%、神経損傷(しびれ、運動障害など)が約0.01%です(平成22年度)。』【日本赤十字社HPよりコピペ】

あの日、既に献血回数は120回を超えており、あの時が初めての献血事故。
実際の所、疲労と軽度の脱水症状が原因で意識を失ったのでしょうが、0.9%(111回に1回)の確率に当たっていたのですね。


その後は事故が起きないように「腹部を圧迫しないようにベルトを緩める」「献血前には、看護師や職員が言うように水分(温かい飲み物)を多くとる」等をおこない気を付けております。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「初日の出」の準備 | トップ | 2017年 初日の出[景信山] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。