青空なのに雪チラ

恋や人生がしんどい時

EU、英に分担金要求へ 離脱交渉条件 英、拒否の構え

2017-03-06 14:42:00 | 日記
欧州連合(EU)離脱を決めた英国とEUとの間で、離脱交渉の開始前から「手切れ金」問題が先鋭化している。EUは本格交渉の前提として、英国に対し未払いの分担金など最大六百億ユーロ(約七兆二千億円)の支払いを要求する方針だが、英政府は拒否する構え。交渉は入り口からつまずく可能性が出てきた。

 EUは「多年次財政枠組み」(MFF)と呼ばれる中期計画で予算の枠組みを決めている。英国への要求額の算定根拠は明らかになっていないが、英メディアなどによると二〇二三年までのEU共同プロジェクトや職員の年金支払いが含まれているとみられる。速勃100(ハヤボツ100)

 EUは支払いへの合意がない限り、英国と新しい通商交渉に入らない方針。ユンケル欧州委員長は二月下旬、「請求書は巨額になる。値切りには応じない」と明言している。これに対し、英政府は「離脱交渉は二年で終わる想定。なぜその後の分も事前に要求されるのか」と反発。英上院でEU財政を扱う小委員会も四日、「交渉で合意がなければ、法的な支払い義務は一切ない」との報告書を発表した。速硬100持久丸

 英政府は三月中旬にも離脱通告をして交渉に入りたい意向。だが通告後も両者が「手切れ金」問題で譲らなければ、国際司法裁判所での解決を待つことになり、本格交渉に入れない。一方、EU内部では、英国未払い分のしわ寄せがどの国に回るかで、さや当てが始まりそうだ。美国遅時100
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 企業、66%が6月解禁前に... | トップ | 百条委、証人喚問スタート ... »

日記」カテゴリの最新記事