ドロップ日記。

いろいろです。

15・3・8 大山 剣ヶ峰~ニノ沢滑走レポートその2。

2015-03-11 21:42:09 | スノー関係
今日は風が強くて、寒かった~。
あの日から、もう4年か・・・。

さてさて、レポの続き。
大休止中にミーティング。
ドロップ的には縦走して南面の剣ヶ峰からの三ノ沢。
野人さん的には北面の中の沢か弥山沢。
南面は気温が高くてダメじゃろって事で、弥山沢へ。(中の沢か下部の落ち込みの確認不可で却下。)

板を装着しドロップポイントへ。
あれれ~硬いぞ~。
で、到着し覗きこみますと・・・。

うわ~、見るからに堅そうな状態・・・。
弥山沢は中間部から傾斜がきつい状態が下部まで続き、こんな状態じゃリスクが高過ぎって事で撤収~。
登り返して、剣ヶ峰へ向かう事にします。

しかし・・・足が攣ってしまい歩けない状態。
ヤバイ・・・こんな状態じゃ縦走は無理・・・。
足を引き摺りながらトボトボと縦走路へ。

踏み跡が有って大丈夫そうですね。

この頃には足も回復しテクテク進みます。



一枚目まではニノ沢を滑った時に来た事が有りますが、そこからは未知のルート。
両側が切れ落ちた幅約40cm位の痩せ尾根。
こわ~。
けど、以前ほどじゃないですね。

で、途中から見た中の沢。

斜度的にはそれほどでも無いですがが、やっぱり先の状態が確認できませんね。
ん~どんな状態なんでしょ?
そんな状態ですが、野人さんがテストで滑ってみましたよ。
動画はこんな感じ→大山 中の沢 試滑走?

私は登り返しが面倒なのでキャンセル。

中の沢でワイワイ言いつつ進んで・・・。

剣ヶ峰に到着~!
縦走して初めてで、ちょっと嬉しかった~。

そこからの景色は・・・。





うひょ~!

で、目的の三ノ沢方面への沢を覗くと・・・。

あれれ?思ったより緩いぞ?
野人さんには、感覚がマヒしてるって言われましたが・・・。

となると、帰りを考えると三ノ沢よりニノ沢の方が時間が短縮できます。
それに三ノ沢へは滑った記録は見た事が有りますが、ニノ沢への記録は未確認。
初滑走かもしれませんからね。
そして一応下部が繋がってるのが確認できましたので、ニノ沢へ滑走です。

で、ドロップイン~!
動画はこんな感じ↓
15・3・8 大山 剣ヶ峰~ニノ沢滑走

わゎゎ! 
やっぱり重いぞ~!
デロデロだ~!
おまけに湿雪雪崩でうひゃ~な状態で悪戦苦闘。

安全地帯でほっと一息。

あ~きつかった~。
やっぱり気温が高かったですね。
ここまでグズグズになるとは思ってませんでした。

で、ノドを突破。



雪的には残念でしたね~。
良い雪の時に滑りたかったな・・・。

で、環状道路をトボトボと滑って車の元へ。
野人さんとお別れし、車を走らせ展望台へ。

赤いのが滑ったライン。
アップで撮るとグダグダなラインが見えますね・・・。
ん~なんか消化不良~。
まあ、初めてのポイントですから良いか~。

さて、また寒気でドカンと積もりましたね。
今週末は・・・雨かな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15・3・8 大山 剣ヶ峰~ニ... | トップ | 今日は。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (eisaku)
2015-03-19 09:55:45
すごいなー。
こんな絶景生でみると気持ちいいだろうなー!
きをつけてね
Unknown (ドロップ。)
2015-03-19 21:28:25
ヒーヒー言いつつ登って、達成感と共にこの景色。
最高じゃわ~。
今度帰った時、行こや。

メール見たけど、好評でなによりじゃね。
また良い奴があったら買って帰るわ~。

で、最後のフォトは微妙に怖い・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。