東日本大震災 現地復興支援センター

・・・真宗大谷派(東本願寺)の東日本大震災による被災地での支援・復興活動ブログ・・・

2016年8月30~31日 名古屋教区第6組/岩手県・福島県・宮城県【視察】

2016-08-31 19:53:37 | 活動日記

名古屋教区第6組の岩手県・岩手県・宮城県の視察です。

視察は12名の参加者でした。

30日は、名古屋(小牧)空港からいわて花巻空港までいらっしゃる予定であり、台風10号の影響も心配されましたが、予定どおり出発・到着することができました。

到着後は、参加者の方のお友達でもある気仙組長安寺ご住職のご案内で、本稱寺(陸前高田市)などを参拝・訪問し、その後、台風10号が迫る中、仙台市までお越しになり、市内ホテルで宿泊なさられました。

31日朝、まず東北別院(仙台市)参拝後、南相馬市に向かい、原町別院(福島事務所)でお話を聞きました。

午後は、道の駅南相馬で昼食を食べ、南相馬市小高地区を視察しました。
小高区は、本年7月12日に「避難指示解除準備区域」が解除され、自宅に戻り生活することができるようになったのですが、解除前同様、街中を歩いている人はほとんどなく、生活感がありませんでした。

その後、宮城県に戻り、名取市閖上地区を視察し、海楽寺(仙台市)でお話を聞きました。
そして、荒浜地区(仙台市)を視察後、仙台空港から愛知県にお帰りになられました。

1泊2日、台風にも負けず、岩手県、福島県、宮城県の三県を小型バスで移動し、被災・復興状況を視察いただきました。

       


この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月28日 高田教区有志会/宮城県石巻市【活動】

2016-08-30 10:53:39 | 活動日記

高田教区有志会の寄磯浜仮設での活動です。

今回のメンバーは、高田教区3名、金沢教区3名(子ども2名含む)、大谷専修学院生1名(名古屋教区)、京都から1名、仙台教区1名、仙台教務所2名、合計11名でした。

メニューは、カレーライスと焼き鳥でした。

今回、焼き鳥は800本予定していましたが、人数に余裕ができたため、焼き鳥入りカレーに変更し、焼き鳥を500本追加することとなりました。
バーベキューコンロを5台使用し、追加した500本は味付けなしで焼き、串からはずしてカレーに入れ、800本はタレ焼きにしました。

カレーは、鳥の甘みが出、焼いた焦げ目が香ばしく、ご飯がなくても美味しく食べごたえのあるものとなりました。

平日であれば、水産加工場で働いていらっしゃる方々が、仕事終わりに炊き出しのお食事を受け取りに来られますが、今回は休日ということもあり、いつもよりいらっしゃる方が少ないようでした。

しかし、学校が休みですので、炊き出し準備中に子どもたちが来てくれ、スタッフやスタッフの子どもたちと一緒に遊び、楽しそうな声を聞きながら活動を行うことができました。

       


この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月8日 でらボラNAGOYA(隠チーム/名古屋教区)/宮城県七ヶ浜町【活動】

2016-08-10 11:52:44 | 活動日記

でらボラNAGOYA(隠チーム)の七ヶ浜町での活動です。

今回の活動内容は、例年どおりお盆を前にロウソクとお線香の配布と整体の施術、更に平成28年(2016年)熊本地震に対する支援としてドレスタオルと寄せ書きの作製でした。

スタッフは、名古屋から5名(子ども2名含む)、そして代表者の方が今年5月開催の東北大学主催「実践宗教学寄附講座(臨床宗教師研修)」に参加した際に知り合った時宗寺院(岩手県一関市)の方と曹洞宗寺院(仙台市)の方もご参加いただきました。

会場となった代ヶ崎浜地区避難所では、地域の皆さんがミシンや裁縫道具を持ち寄り、午前10時から午後3時過ぎまでドレスタオル作製を行っていただきました。
結果、90枚を超えるドレスタオルが完成し、熊本地震で被災された方々への応援メッセージの寄せ書きも皆さんで相談しながら作られました。

作製されたドレスタオルと寄せ書きは、名古屋教区のでらボラNAGOYAの方が熊本で活動なさられる際に持っていっていただくとのことでした。

お昼ご飯も地域の方々が準備していただいた、しっぽこ汁、おにぎり、ワカメの和え物、漬物を皆さんと一緒に美味しくいただきました。

          

東北大学主催「実践宗教学寄附講座(臨床宗教師研修)」について
http://www.sal.tohoku.ac.jp/p-religion/neo/wiki.cgi?page=FrontPage


この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月4日 東京教区東京8組/宮城県仙台市・名取市【視察】

2016-08-04 17:28:38 | 活動日記

東京教区東京8組の宮城県仙台市・名取市の視察です。

仙台にはお昼前に到着され、レンタカーを借りた後に東北別院にお越しいただきました。

別院でお勤め後、名取市閖上地区に行き、日和山、名取市東日本大震災慰霊碑、閖上の記憶を視察しました。

閖上の記憶では、資料映像を視聴し、地元の案内人の方から震災当時の状況など、丁寧にお話しいただきました。

次に海楽寺を訪問し、お勤め後、坊守さん、前坊守さんからもお話をお聞きしました。

最後に、荒浜地区を視察し、お帰りになられました。

当初は、せんだい3.11メモリアル交流館も視察予定でしたが、時間の関係上、視察を省略しました。

半日の視察でしたが、じっくりとお話を聞くことのできた視察となりました。

       


この記事をはてなブックマークに追加