東日本大震災 現地復興支援センター

・・・真宗大谷派(東本願寺)の東日本大震災による被災地での支援・復興活動ブログ・・・

2017年11月29日~30日 東京教区東京4組/宮城県仙台市・石巻市、福島県【視察】

2017-12-07 10:09:46 | 活動日記

東京教区東京4組の寺族6名による宮城県沿岸部と福島県の視察です。

今回の視察は、1日目に宮城県沿岸部の仙台市若林区と石巻市、2日目に福島県内を訪問いたしました。現地復興支援センターでは、1日目の視察に同行させていただきましたので、その様子を報告いたします。

はじめに、仙台市若林区の海楽寺様にお邪魔いたしました。海楽寺様では坊守様・前坊守様から、震災当時より今日までの復興の歩みについてお話をいただきました。震災当日の海楽寺の様子、仙台教区をはじめ全国各教区からボランティア活動などで様々な支援をいただいたこと。決して望んではいないが、いつかは必ずどこかで次の震災が起こるのは避けられないので、今回の震災の経験をどのように活かすかということ。そして、お寺が地域にとってどのような場所であるべきかということ。一つひとつのお話をみなさんは自分の身に充てて真剣に聴かれていました。

 

その後、石巻市の大川小学校跡を視察しました。

大川小学校跡では、大川小学校児童の遺族である紫桃隆洋さんに語りべを依頼し、震災前の大川小学校の様子と震災時の大川小学校での出来事についてお話をいただきました。

    

また、その後は仙台市に戻り、震災遺構の荒浜小学校を視察しました。

  

東京4組では、毎年春先に組の主催で震災追弔法会が開催されています。また、義援金についても継続的に被災地へ寄せていただいております。

震災追弔法会では、震災でボランティアなどの活動を実際にされた方のお話を聞くことを大切にされているようです。そのとき、自分に何ができるのか。震災を他人事とせず、寄り添い続ける。この姿勢は、被災者の支援という形のみにとどまらず、一人ひとりの防災意識を高め、いつか起こる次の災害時の支援や自分が被災者となった時の行動に必ずつながっていきます。

参加された方一人ひとりの姿勢から、日頃から被災地に寄り添い、被災者を思い続ける大切さを教えていただいた視察でありました。

※「小さな命を考える会」ホームページ⇒http://311chiisanainochi.org/
※震災遺構 仙台市立荒浜小学校→
 http://www.city.sendai.jp/kankyo/shisetsu/documents/mitsuori_arahamasyo_2.pdf


この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月29日 仙台仏教青年会・現地復興支援センター 六郷ふるさと交流会/仙台市若林区

2017-11-01 12:22:06 | 活動日記

仙台仏青及び現地復興支援センターが、仙台市若林区の東六郷コミニュティセンターを会場に行われた『ふるさと交流会』にて活動を行いました。今回は、この活動の参加者の方から活動報告をいただきましたので、その内容を掲載いたします。

 

≪活動報告≫

今回の『ふるさと交流会』は、六郷中学校の武道館と体育館に避難していた人たちの主な移転先、ニッペリア応急仮設に住んでいた皆さんが、仮設や地域との交流を図るために震災後に始めたお祭り、『ニッペリア祭り』が基になっています。

これまで、毎年一回開催されていたニッペリア祭りには、それまでボランティアで関わった人たちが、お店を出したり、地元の皆さんが演奏や踊りを披露したりしていました。

今回の交流会も、大学生ボランティアや六郷すずめ踊り、お母ちゃんズによる豚汁など、仮設の頃から関わっている皆さんが、元ニッペリア自治会長で現在は二木町内会会長の阿部東悦さんをはじめとした自治会の皆さんの呼びかけで集まりました。

当日はあいにくの雨にも関わらず、井戸、二木、三本塚、藤塚など、それぞれの地域に戻った皆さんや、新たに別の場所に移られた皆さんが一堂に会して、賑やかに過ごしていました。

震災後、新たに土地の名物として有名になってきた井戸ネギの販売や、いつも遊具を持ってきて子どもたちと遊んでくれていたボランティアの皆さんも参加され、大変な盛り上がりとなりました。

我らが東本願寺チームも、焼きそば、やきとり、ポップコーンに加えて、カラフルな念珠作りも行い、好評をいただきました。雨で足元がぐちゃぐちゃになりましたが、交流会に参加された皆さんには喜んでいただけたのではないかと思います。帰りには、お漬物やネギのお土産も貰っちゃいました。

「震災後には無かった祭りだけど、今後もやっていきたい」と元ニッペリア自治会長の阿部さん。私たちも、懐かしい皆さんにも会うことができました。

              


この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月19〜20日 名古屋教区第2組/岩手・宮城県【活動・視察】

2017-10-24 16:02:27 | 活動日記

名古屋教区第2組の災害ネットワーク研修・東日本大震災現地研修による本稱寺(陸前高田市)での活動と岩手県・宮城県の視察です。

名古屋教区第2組の方々は毎年この時期に岩手県陸前高田の本稱寺様を会場に活動を続けてこられ、今年度で4回目となりました。今回は8名の方にご参加いただきました(その他、仙台教区仏青より1名、気仙組寺院より1名、現地復興支援センターより2名が参加しました)。

今年度は、前年度に引き続き、本稱寺様の仮本堂前で炊き出しを行い、翌日は陸前高田から海沿いを南下するルートで視察を行いました。

まずは前日の18日、先発組3名(元気な男の子たち)が名古屋を車で出発し、東北別院に到着。別院庫裏で宿泊となりました。  
19日は、朝一番でレンタカーを借り、仙台市内のスーパーで買い出しを行い、後発組が東北別院に到着後、別院本堂にて開会式を行いました。開会式ではお勤めの後、名古屋教区第2組教化委員会の教化方針をみんなで拝読し、今回の活動の趣旨・理念をみんなで確認するところからスタートしました。

その後、庫裡で炊き出しの事前準備(野菜切りなど)を行い、昼食を食べ、陸前高田市に向けて出発しました。
本稱寺様に到着後、仮本堂にお参りをし、佐々木住職にご挨拶をいただいてから炊出し準備がスタート。まずはテント張りからです。当日は、雨が降るか降らないか微妙な天候であり、何よりも気温が下がってしまい意外と寒い状況であったため、今シーズン初!テントに横幕を設置しました。
今回のメニューは、五目御飯、豚汁、おでんです。おでんは、名古屋特製の味噌だれにつけていただく名物おでん!調理がスタートすると、テントの中はガスコンロやBBQコンロの熱気でポカポカ。外は寒かったのですが、半袖になる人もチラホラ。
現地復興支援センターと仏青メンバー、地元の住職さんは焼き鳥を焼きました。そんな中、やはり陸前高田です。本稱寺ご住職は、炭火でサンマを焼いてくださいました!今秋初めはサンマが不漁で身も小振りでありましたが、ご住職が焼いてくださったサンマは脂がのったぷりぷりのサンマでした。

準備が終わるころ、心配していた雨がポツポツとあたりはじめました。どれだけの方にお越しいただけるか心配しましたが、本稱寺様の門徒さんや近所の方を中心に、悪天候の中ではありましたがご参加いただきました。
今年で4回目ということもあってか、お話は大いに盛り上がりました。また、改めて皆さんのお名前をお聞きし、炊出しメンバーも自己紹介を行いました。震災から6年半の年月が流れる中で、それぞれが当時のことをあらためて語り、そしてこれからのことを語り・・・。いろいろな感情がこみあげてくる中、懇親会の時間はあっという間に過ぎました(予定時間を少しオーバーしてしまう位の盛り上がりでした!)。
その後、片づけを行い、大船渡市の「大船渡温泉」に移動し、宿泊しました。

20日の午前は、陸前高田の奇跡の一本松、南三陸町防災庁舎跡を視察しました。昨年も同じルートを通りましたが、どちらもその周辺で工事が進められており、昨年の状況をよく知る人によると昨年とは道も見え方も大きく変わっていることが驚きであったようです。その後、南三陸さんさん商店街で昼食を食べました。

午後からは、石巻市の大川小学校跡を視察しました。大川小跡では、「小さな命を考える会」に語りべを依頼し、児童の遺族である紫桃隆洋さんから震災当時の大川小学校での出来事や、震災前の大川小学校についてお話をいただきました。

大川小学校跡の視察後、女川に寄り、当時小学6年生だった女川町の子供たちが中心となり、大きな悲劇を1000年後の人々にも伝承して、後世の人々の命を守ろうと建設(その他設置を計画)された「女川いのちの石碑」の一つを視察しました。2日目は朝から晩まで土砂降りの雨でありましたが、無事にすべてを回ることができました。視察後は、新幹線で当日名古屋までお帰りの参加者を仙台駅までお送りし、その後、車で帰る組(疲れで少し元気がなくなった男の子たち)をお見送りして日程が終了しました。

今回参加の名古屋教区第2組は、東南海地震が起きた際の津波被害などが懸念・心配されるということもあり、参加者は地震が起きた際に我々が先ず行わなければならないこと、また、地震が起きる前に我々が何をしておかなければならないのかということを真剣に考えられています。大川小学校の視察の際に紫桃さんが話された「ほんと、近くのここまで逃げて来るだけで命は助かっていたかもしれない」という言葉。実際の災害の際には、その場での小さな何気ない判断がいのちを大きく左右するということをあらためて感じたことであります。

現実に東日本大震災のような津波災害が起こらないことが願われますが、必ずまたどこかで発生することは防ぐことができません。私たちはこれからも被災地の声に耳を傾け続けなければならないことを強く実感させられた活動となりました。


「小さな命を考える会」ホームページ
http://311chiisanainochi.org/

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月4~7日 でらボラNAGOYA(北條チーム/名古屋教区)/福島県・宮城県【活動】

2017-10-23 18:10:06 | 活動日記

名古屋教区のでらボラNAGOYA(北條チーム)の福島県・宮城県での活動です。

今回の活動は、歌(ライブ)、紙芝居、交流会(炊出し)などを行いました。

4日は名古屋を出発し、福島県二本松市へ。当日開催されていた「二本松提灯祭り」に参加。

5日の午前は「工房地球村」(宮城県山元町)、午後からはNPO法人「ポラリス」(宮城県山元町)、夕方には大野台第7仮設の自治会長をされていた佐藤信之さんの新居を訪問。

6日の午前は北幹線仮設住宅(福島県福島市)、午後からは郡山朝鮮初中級学校(福島県郡山市)、夜は朝鮮学校の校長先生と懇親会を行いました。

7日は東北朝鮮初中級学校(宮城県仙台市)を訪問。

上記のとおり、各所においてそれぞれ視察・活動をいただきました。活動の詳細は「でらボラNAGOYA」ホームページをご覧ください。⇒こちらから

※ 「工房地球村」ホームページ
  ⇒http://kobo-chikyumura.com/

※ NPO法人「ポラリス」ホームページ
  ⇒http://polaris-yamamoto.com/


この記事をはてなブックマークに追加

2017年9月18日 高田教区有志会・大阪大谷大学学生・仙台仏青/宮城県石巻市【活動】

2017-09-22 11:07:33 | 活動日記

高田教区有志会による石巻の寄磯浜仮設住宅での活動です。今回は、前日より活動に訪れている大阪大谷大学の学生と、仙台仏青のメンバーの方にも一緒に活動いただきました。高田有志会8名、大阪大谷大学6名、仙台仏青2名、仙台駅東口近くにある焼肉店の方2名、現地復興支援センター(仙台教務所)から4名、長浜から念珠づくりのスペシャリストが1名の参加となり、大変賑やかな活動となりました。

今回のメニューは、カレー、焼き鳥でした。

台風一過ですっきりとした天候の中、準備がスタート。高田有志会はさすがの手際でカレーの仕込みを始めます。焼き鳥チームには今回初参加の大阪大谷大学学生が加わりました。炭をおこした経験がない彼らには、仙台仏青のメンバーと現地復興支援センタースタッフが丁寧に炭おこしをレクチャーしました。

また、調理が始まるまでの間、学生たちには腕輪念珠づくりを体験してもらいました。長浜から来られた職人の説明はとてもわかりやすい!学生のみなさんは真剣に集中して、楽しみながら念珠づくりを行いました。器用な学生は普通のお念珠づくりにも挑戦しました。また、作業中には、この念珠づくりが被災地での活動の中で展開されてきたその経緯やたくさんの方に喜んでいただいたことについてもお話いただきました。

その後、本格的に調理がスタート。カレーの調理場からはいい匂いが漂ってきます。焼き鳥も学生のみなさんと仏青メンバーによって600本を焼いていきました。また、焼き肉店からの参加の方には、大変美味しいお肉を炭でその場で焼いていただきました。

炊き出し中には、地元の方が大きな鮭を使って「ちゃんちゃん焼き」を作ってくださいました。これがまた、絶品!!

炊き出し後は、片付けの間まで、地元の方とゆっくりお話をしながら時間を過ごしました。

今回、活動した石巻寄磯浜の仮設住宅は、震災直後の2011年から高田教区有志会が継続して活動を行ってきた場所です。その仮設住宅も閉鎖することが決定しており、この仮設住宅でのこのような活動も今回が最後ということになりました。ですが、高田教区有志会のメンバーは年内に一度会いに来たいと、再会を誓い合っておりました。

大阪大谷大学の学生のみなさんは、色々と感じることがあったようです。不安や迷いを初めは抱きながら参加した学生もいたと思いますが、地元の方との交流はもちろんのこと、継続して活動をしてこられた高田教区有志会の姿に何を思ったのでしょうか。それをまた、たくさんの方に伝えて行ってほしいなと思う一日でありました。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年9月17日 大阪大谷大学学生視察/宮城県沿岸部【視察】

2017-09-21 15:27:50 | 活動日記

大阪大谷大学の学生が宮城県沿岸部を視察しました。

今回の活動は、大阪大谷大学の岡島克樹准教授が数年前より継続されている活動で、学生の被災地視察やボランティア活動を行っていただいてます。今回も岡島先生のゼミの生徒を中心に5名が参加を希望し、仙台に来ていただきました。

初日である17日は、台風18号が日本上陸なりましたが、天気予報で状況を注意深く確認しながら、東北地方への雨風の影響がまだ少なく安全であると確認できたため、宮城県沿岸の名取市閖上地区と仙台市の震災遺構「荒浜小学校」を視察しました。

まずは閖上地区へ。日和山の上にあがり現地復興支援センターのスタッフからお話をききました。閖上地区は東日本大震災の津波の影響によって多くの方が亡くなられた場所でありますが、この地区は昔から津波の被害があるところでです。昭和8年の昭和三陸地震の際にも津波が押し寄せました。人命こそ奪われなかったものの、先人は後世への警告と教訓とするために石碑を建てましたが、今回の津波はその石碑をも押し流しました。「地震があったら津波の用心」と刻まれたその石碑は、現在、日和山のふもとに他にも押し流された石碑とともに置かれています。学生の皆さんはこの石碑を見て何を感じたでしょうか。

その後、震災遺構「荒浜小学校」へ。学校の校舎は津波が押し寄せたその爪痕を残すものであり、数々の写真の展示や映像が上映されています。実際に津波が襲った場所を歩き、その時の証言を聞く中で学生のみなさんもいろいろと考えるところがあったようです。

最後は仙台市内の仙台教務所に戻り、夕食までの時間、東日本大震災による原発事故を主題にした映画「太陽の蓋」を見ました。

決して望んでいなくとも、地震やそれに伴う津波はいつかまた必ずやってきます。それは三陸地方に限ったことではなく、日本全国どこにいてもです。その時に私たちはどのような行動をとらなければならないのか。今回の震災遺構視察で見たもの、感じたものをこれからの生活の中でどのように表現すべきなのかを学生のみならず帯同したスタッフ一同も改めて考えさせられる有意義な視察になりました。

    


この記事をはてなブックマークに追加

2017年9月16日 東北三教区こどものつどい:チーム名古屋教区「でらやっかいな仲間たち」・仙台仏青/福島県二本松【活動】

2017-09-21 13:48:12 | 活動日記

東北三教区こどものつどい:チーム名古屋教区「でらやっかいな仲間たち」のメンバーと仙台教区仏教青年会による活動です。

今回は、二本松市の岳温泉近くのグラウンドで行われた二本松同朋幼稚園の運動会で炊き出しを行いました。
名古屋教区10名、仙台仏青3名と復興支援センター2名が参加しました。

当日は、台風18号が近づく中で天候が心配されましたが、雨があたることはなく、時折晴れ間も見られました。そんな中、園児たちはこの日まで一生懸命練習してきたダンスや体操を披露したり、全力でかけっこしました。会場ではお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが子や孫の雄姿に大きな声援をおくり、大きな盛り上がりを見せました。

その会場を横目で見ながら、炊き出しの準備がスタート。今回のメニューは、名古屋教区が小倉トースト、たません、フルーツポンチ、コーヒー、抹茶ティー、タコ焼きなどなど名古屋名物を取り入れたもの。仙台仏青は綿菓子とかき氷です。手慣れた手つきで手際よく準備が進められます。綿菓子の準備中…あれ?子どもたちのつまみ食いが…(笑)

お昼のお弁当をたくさん食べたあと、いよいよテントの各メニューの提供がスタート!まずはデザートにとかき氷に長蛇の列ができました。かき氷を作るのは…同朋幼稚園を卒園したお子さんたちです。長蛇の列に緊張しながらも、はじめはおぼつかない作業もだんだんとうまくなっていきます。「はい、お待ちどうさまでした!次の方何味にしますか?」大きな声で、おいしくできました。

そのあとも、たませんや小倉トーストなどが勢いよく配られます。たませんのソースのいい香りが食欲をそそります。また、甘いものは別腹と小倉トーストやフルーツポンチも大人気。コーヒーやお茶と一緒に召し上がっていただきました。綿菓子も100個以上作りましたが、すべて配られました。

名古屋教区からの参加となりますと、長い距離の移動と荷物の運搬が大変でありますが継続してご参加いただいています。代表の竜沢さんは、「みんなの顔が少しでも見たいので参加します!」と、到着から2~3時間で帰らなければならない日程の中、準備だけをされて帰られました。本当に頭がさがります。

子どもたちの笑顔と、参加された方の熱い思いがあふれる活動となりました。

       

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年9月5日・6日 災害ボランティアネット(東京教区茨城1組)/宮城県石巻市【活動】

2017-09-13 11:28:56 | 活動日記

災害ボランティアネットの石巻での活動です。

9月5日に石巻市雄勝町・森林公園仮設団地、6日に石巻市・飯野川仮設団地にて活動いただきました。

活動の詳細は、下記のfacebookをご覧ください。

facebook『NPO法人 災害ボランティアネット』⇒こちらから


この記事をはてなブックマークに追加

2017年8月21日 大谷大学生視察/宮城県沿岸部【視察】

2017-08-22 11:38:46 | 活動日記

今回は、大谷大学4回生(1名)が宮城県沿岸部を視察しました。

①仙台市荒浜
名取市閖上「閖上の記憶」(宮城県名取市)
名取市東日本大震災慰霊碑・日和山(宮城県名取市)
仙台市海楽寺(宮城県仙台市若林区)

 現地を訪れた学生は、自身の卒業論文のテーマとして、「震災ボランティアと真宗」ということを課題にされており、自分の目で震災遺構を見て現地の方のお話を聞き、課題に取り組みたいという希望から今回の視察となりました。

 「閖上の記憶」での語りべによるお話、また、海楽寺様では前坊守様、坊守様のお話をお聞きしました。学生は「実際に被災された方に対して、真宗ということを語ることが本当にできるのだろうか」と感じていたようでありましたが、海楽寺の坊守様からは「震災後、様々なことに取り組んできたが、結果的に離ればなれになってしまった被災者の方々が集うことのできるコミュニティの中心となる場所をお寺に作ることができたのではないかと思っている。直接的に真宗ということをお話しすることはできず、寄り添うことしかできないかもしれないが、それが大切」とお話しいただきました。

 卒業論文の課題のための視察でありましたが、被災地の現状をあらためて知るとともに、災害ということを超えて、「お寺が本来あるべきすがた」というこを考える大切な機会となる視察でありました。

  


この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月20日 災害ボランティアネット(東京教区茨城1組)/宮城県石巻市【活動】

2017-08-22 11:18:34 | 活動日記

災害ボランティアネットの石巻市での活動です。

7月20日に石巻市立大須(おおす)中学校で活動いただきました。
ボランティアネットメンバー3名、仙台仏教青年会5名、計8名による活動となりました。

活動の詳細は、下記のホームページまたはFacebookをご覧ください。

ホームページはこちら

facebookはこちら


この記事をはてなブックマークに追加