不細工ガエル中国へ行く

湖北省の大学で日本語を教えることになりました。その奮闘を綴ります。

囧1

2017-05-20 15:54:56 | 日記
大学側は、外教に対してあまり期待はしてません。とりあえず雇ってこの日本語科の大学には日本人がいるという箔がまず最初にあります。
ですから、それに甘えて適当にやってる日本語教師がいます。かなりいます。

なんか今年は中国での日本語教師雇用が多いですけど、行く方は適当にやるも真剣にやるもあなた次第です。雰囲気に飲まれるか、孤軍奮闘するかはあなたのやる気だと思います。

私はこの僻地に慣れるまで1年目の上学期全てを使いました。部屋は広いのにエアコンの二台付けは出来ない、シャワーと冷蔵庫の故障の多さ、空気の悪さ、殺虫剤の匂い、異常な暑さと寒さ、全ての建物の老築化、タンの吐き捨て、野良犬との共生、ゴミの多さ。。。まだありますが割愛。

慣れるというか「諦める」ことの連続でした。
ただ、仕事だけは諦めないよう頑張りました。でも環境って大切です。後悔することもありましたよ、本当に囧
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれから | トップ | 囧2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。