frou*frou

未確認飛行SHO年記9

2017 ステスク&えんぶ 【FMD】

2017-07-29 | 雑誌
舞台FMD~あなたの初恋探します~の雑誌情報。どちらも坂健さんと御一緒です。


  STAGE SQUARE (vol.27・2017)

この雑誌取材で初めて坂元さんにお会いすることができた。
高田「ものすごい勢いで緊張してます」
「『オーシャンズ11』も拝見しましたし、」 
あおさんも観に行きましたよ。香取さんが主演で、安井くん萩ちゃん真田くんが出ていた筈。
坂元「同じ役を演じていたりね」
高田「僕、子供のころ、ずっと坂元さんの歌われている音源を聴いて練習をしてましたから」

『不思議な“縁”で繋がるふたり』
同じ時期ではないけれど、坂元さんはシンバ、翔くんはヤングシンバを演じていた。という繋がりですね

高田くんのひとりふた役
*探す側:ムン・ミニョク ダメダメっ子。初恋探し株式会社を起ち上げる。  
*探される側:キム・ジョンウク アン・リタのカッコいい初恋の君。  
坂元「どっちのキャラクターが自分に近いと思う?」
高田「100%ミニョクのほうですね。僕、最近ダメダメなんですよ…物忘れとかも激しくって」「自分がジョンウクみたいにカッコいい役を演じている姿が想像できないんです」
今までカッコいい役は少なかったかなー暗い役は多かったですけどw
ミニョクの三枚目な感じはなんとなく分かるので、この際ジョンウクにも期待しておきます!笑

高田「坂元さんは“マルチマン”として24役を演じるられるんですよね?」
もちろん、こちらにも期待しておりますとも

高田「僕、坂元さんにご相談したいことがあるんです」
「いまだに舞台上で歌うと緊張しちゃうんですよ。歌に苦手意識みたいなものもあって」
最近の舞台ではだいたい歌っていますよね。逆に緊張しない俳優さんはあまり居ないんじゃないのかなあ。
高田「子供のころ、変声期に差し掛かった時に、歌の先生から「今、声を出すな」って言われたんです。(無理な発声をすると声が綺麗に出なくなるから)一定期間、歌うことから離れていたら、高い声が出なくなってしまったんです」
歌声について語ったのは初めてじゃないですか?…う~ん、坂元さんが云うには「変声期後に1オクターブくらい音域が下がる」のだとか
気持ちが負けて「歌に対する苦手意識が育ってしまったみたいなんですよね」
う~ん…そう云えば、バック期にマイクを持っていても声を出しているのかなあ~と思ったことはあります。
坂元「そうか~今、23歳だよね?僕の経験から言うと、まだ全然高い声は出るようになると思うよ」
そう思います。苦手意識が強すぎて歌わないと今のままだと思うし...

高田「演技に関しては、ほど良く緊張感を保つこと、自己満足に陥らないことを意識しているつもりなんですが…」
「芝居の方向性を変える時は共演する方に「こういうふうにやらせてください」って事前にお伝えしているんですが、」
坂元さんは「実際にやってみるしかない」言葉で説明し辛いみたいです。感覚的な部分もありますよね。

高田「僕は子供のころ、歌もダンスもほかの子と比べると全然できなくて、泣きながら稽古場から帰ったこともあるんです」
「だけど、あの頃の経験があるから、今も頑張れるのかな、って思っています」
なるほどねえ|•ө•)⁾⁾スンスンスンスン


ミニ記事 Q.好きなアトラクション
「本当にジェットコースターが苦手。でも、テーマパークの雰囲気は大好き。国内(←?)に入ったらショーやパレードを中心に観ます」
好きなアトラクション=イッツ・ア・スモールワールド☆あの平和な感じが良い。
マ、マジですか…いえ、否定はしませんが…(^。^;)ヘェーソーナンダーフーン

ここ数年、歌とダンスへの苦手意識、人見知りなど、自分のマイナスだと思う部分をよく対談や記事で述べていますよね。
自分の中で、どの程度歌えたり踊れたりすれば自信へと繋がるのかなあ。
もしかしたら永遠の課題かも知れないですね?それを追求して向上して行くしかないのかも。
少し気にしいな感じもしますが、やはり感覚は鋭敏でどこか繊細な翔くんなんだと思います。
フリートークへの苦手意識はないのかな~と思ったりもしますがww(←意地悪~


フォトはフライヤーや公式サイトにも使われている茶髪にグリーンのジャケット、蝶ネクタイ、白ズボン。黄色いガーベラを持っていてめっさ可愛いでーす。




  えんぶ (AUG 2017 no.6)

こんな雑誌あったんだ~『旬の“演劇”とコラボレーションを楽しむ』何だかコアな感じ。Jの先輩、かつーんの上田さんが載ってて少し安心w
舞台はやってほしいけど、やっぱり翔くんは映像での演技も映えると思うので、多方面で活躍してほしいなと雑誌を捲り。

フォトや対談の内容は(上記)ステスクさんと合同の取材みたいでほぼ被っています(あるある)ちょっと大人っぽく足を組んで座っての笑み。主演感が出てます?

韓国で8年ものロングランを果たした傑作ミュージカル。『キム・ジョンウク探し(邦題:あなたの初恋探します)』
今回は『Finding・Mr.DESTINY~あなたの初恋探します~』で再演。
横グラに続いて再演の作品です。

高田「3人だけのミュージカルで、劇場のサイズもお客様と近いですからライブ感が強いでしょうね」カッコいい初恋の人役が難しそう。「恥じらいは捨てて(笑)キメるところは思いっきりキメたいと思います!」
お客様とか照れる~

初恋について
「幼稚園の同級生。親同士も仲が良くて、お互いの家を行き来していたので「結婚する」と思いこんでいました(笑)」
「初恋が一番ガツガツしていた気がします。できることならあのストレートな想いを取り戻したいとも思う」
まだ23なのにガツガツしてないのかーいwwまーそんな感じは密かにしていた。


ミニ記事 Q.あなたにとっての「俳優の活力源」
坂元「終わった後に飲むビールです
(でも、今回は24役もあるのでプロデューサーから「ビール禁止」と言われている)
高田「僕も飲むのも好きだし、食べるのも好きですけど、焼き鳥のレバーが好きで、食べると元気が出ます」
「実家で作ってくれるレバニラもパワーになります」

鶏レバーおいしいよねー!あおも好物です
スタミナを付けてがんばれーーo(・ω・´o)Fight



そう云えば、横グラの雑誌記事ってなかったですよね?見落としていなければ...
制作発表の場には居た筈なのに、ネットの記事にも上がらなかったと思うんだけど...
公式サイトはありましたが、インタビュー記事はなかったし…
その分、出演者さまのツイートが頼りでした ^ω^

小さい記事でも、観劇前にどういう心境かとか近況が分かると楽しみが増す気がします。
なので、これからもよろしくお願いしまーす。



『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 第6弾 明くんの父ちゃん | トップ | 24th Birthday »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (らな)
2017-08-22 00:57:06
 こんばんは~ 久々です。

携帯だと、長文は何を書いているのか分からなくなるので、こちらに書くことにしました。

〇〇ロスになるって、すごく魂をもっていかれたってことですよね~ いい事ですね。やっぱり主役をやったら違うということですね。 というか、翔君と目が合ったからでは!!
そういえば、私も終わることが怖くて、録画を見なかったり、本をゆっくり読んだりすることがあります。

観客の反応は、場所によって違うのかもしれません。私は『ライオンキング』を福岡と東京で見たのですが、東京はクールだった。この前の『横グラ』もスタオベしたかったのですが、なんか、客席がそのような雰囲気ではなかった・・・一人でもすればよかった・・・

歌が・・・なのに、主役をもらってすごい!! 芸大出てダンスもできる子っていっぱいいるのに、まだまだ、あの事務所に力があるということでしょうか?雑誌表紙に、元スマメンバーの名前が、個人名で並んでいたのを見たときは、言葉を失いました。。。

それでは、またの感想をお待ちしまして候w

ロス (あお吉)
2017-08-23 23:57:04
こんばんは~らなさん。

まさかこちらとは思わず、返信も遅くなりました。

ロス…ロスの状態がイマイチ分からないのですが、
魂をもってかれたというよりも、なんだかすごーく寂しかったんですよ。
(それを俗にロスというのかなw)
そう、主役って凄いな~とも思いました。
本当に目が合ったかどうかは分かりませんが、取り敢えず合ったことにしておきます
先に目を逸らしたのは翔くんの方ですが笑

観客の反応は場所によって違うと思います。
確かに東京はクールなのかな?でも、地方は地方で恥ずかしがり屋さんだったりもしますしね。
1人でするスタオベ…勇気が要りますね~でも、らなさんならやれそう
私は逆に本当にスタオベしたいと思わなければ、周りが全員立っていても座って拍手することにしています。
FMDの大千穐楽にはスタオベさせて頂きました。

事務所の云々はよく分からないのですが、
本人も10年目の節目にこういう風にやらせて頂いて・・と挨拶(なぜかニュアンスだけで“主役”と云わなかったです)
何か思うところがあったのかなかったのか。
主役って何かが違うなと今回の舞台で思いました。

来週はもへじの放送がありますね。
そちらも楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。