frou*frou

未確認飛行SHO年記9

生劇ラヂオドラマ

2016-11-05 | ラジオ
以前から少しラジオドラマには興味がありました。
子供の頃、物語テープを繰り返して聴くような子だったので文学の朗読を聴くのも好きです。

はっきりとではないけれど、心のどこかでラジオドラマや(ナレーションとか)をやってほしいなーと思っていたかも知れません。ラジオから聴く声だけの演技。新しい分野にわくわくラジオのスタンバイ。
因みに、観覧希望も一応出しましたが落選でした

NHKラジオ第1/NHKワールド・ラジオ日本
2016年10月30日(日)午後4:05~5:55
  『秘剣つばめ返し』
作・演出 丸尾丸一郎

佐々木小次郎 林くん
宮本武蔵 高田くん
他...

林くんとは『アンダースタディ』から続いての共演です。
よもや高田くんがあの剣豪宮本武蔵を演じる日が来ようとは夢にも思っていませんでした。
見た目のイメージは何か違うような気もしますが、そこがいわゆる声だけの劇ラヂライブならでわ。
何気にJに入って初の時代劇ですよね👍

一言で言うと武蔵可愛い奴!でした。まー高田きゅん≒佐々木小次郎ではないのかなあ〜(←どういう意味?w)
女好き‥何故かそのテの役がちょいちょい来ますけど、マジで女好きって感じがしない仕上がりになっていることが多いよね。逆に片恋役は若干重~と思うの自分だけかな。
間抜けな剣士w 私的には思ってたより全然かわいくて(*´∇`*)たまらんかったですわ~❤
(小次郎さんも中々お間抜けな剣士に描かれているんですけどね)
息子の伊織ちゃんとかなり年上味のあるお声の雲井さんとのやり取り。楽しかった。
むさし「だって字〜書けねーもんっ!!」
「寝るわ、」から~のソッコーがあぁぁぁぁーーー(いびき)
まさかの果たし状が代筆www 一人称が「おいら」もミソ。
なんて単純なの!?なんておバカなの!?剣豪の名を欲しいままにした武蔵なのに。
あ~~めっ可愛いいいいんですけどぉ~~⤴⤴(*ノ▽ノ)←悪趣味?

勢いだけでおバカなんだけど、優しくて尚且つどこか只者じゃない感も滲ませているのも絶妙でした。
それと「似てるな~似てるな~」と思っていた(気付くの遅っ)小次郎の師匠、鐘巻自斎の声もやっぱり翔くんだったのですね。師匠にしては可愛い声でしたが一人二役でしたね。

細かい感想はまた後日に記すとして。
翔くん初のラジオドラマ、とても興味深く楽しく聴かせて頂きました。
コメントでは生放送なのに初っ端からかまして来るし(もうこの時点で武蔵になりきっていたのかな?笑)驚き≡3≡3≡3
演出の丸尾さんには「おっちょこちょい」だと言われてしまいました。新しい意外
インタビューでも例の「ほんと」「なんか」を連発していて、誰か指摘してくれ~いや本人が録音を聴いて気付け~と思いました。先ずは自覚からです。

仕事のことでちょっと凹んでいたのに、聴き終わってみるとたかだ武蔵のお陰で何だか元気になっていたのは何力でしょうかwとても有難かったです。
丸尾さんの厳しい稽古帰りに林くんと涙し、センチメンタルな曲を聴いて作り上げた武蔵。
ふと翔くんて暗い役をどう演じていたっけ‥と思ったぐらいです。そう言えば最近、本人も多いと言っていた暗い役が来ないですね。そういう役自体(作品)が少なくなっているのかな。
どうやってあの憂いのある繊細な役を演じていたのか忘れてしまいそうなので、次はおもいっきりどん底に暗~~い役を演じて欲しいです(言霊)

何はともあれ、声だけで役柄も容姿も決闘の場面などもあんなに目に浮かぶものなんだなーとラジオドラマの面白さを知りました。たかだ武蔵「伊織っ!おいらの木刀持って来いっ!!」鮮やかでした。
波の音などの効果音が生だったのも独特の臨場感が味わえました。

また機会があればラジオドラマに出演して欲しいですし、アニメとか声のお仕事に繋がれば良いなと思いました(言霊その弐)

関係ないですけど、丸尾さんは『ライチ☆光クラブ』の演出もなさったようですね。もしアンダースタディのメンバー+αで光クラブだと翔くんは誰役かな~なんてことを思ったりしたのはここだけの話であります。
ラーイッチ≡★


『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 .7 わたしは見てた見て... | トップ | コメログ2010-10 『blog2周年』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。