霜菓子工房*別館

霜幽の日常の出来事やイベントレポを書き込む場所。
霜菓子工房の雑記置き場です

連休日和

2017-06-25 16:43:22 | 雑記
久しぶりに連休を取れています。月始めはライブの為に土日休みだったけど、ライブに行ったからカウントしてません。

先々週は半年ぶりに友達と浅草でぶらりと食べ歩き。

ひんやりたい焼き。



浅草メンチ



アイスメロンパン



どれもおいしかったです。アイスメロンパンは中ひんやり、外サクサクで最高でした。プレーンのメロンパンも食べてみたかった。
他にも煎餅とかかりんとうとか食べたかったんだけど、お腹にも限界があります故。

食べ歩きの後はマックで3時間くらいひたすら喋ってました。久しぶりだから会話も弾む。
と言っても、ほとんどは次のイベントについての打ち合わせだったんですけどね。どんな感じにしようかをいろいろ話し合ってました。
本当にイベントで隣になったことがきっかけで話すようになった知り合いですが、長いこと続いております。
今となってはイベントで隣になっただけで仲良くなるってことはなさそうですね。会話するにはSNSにて事前予約的な空気ですし^^;

ようやく話し終わって店を出たら他のお店がほぼ閉まっているという。
ちょっと喋り過ぎた。ラーメン屋が見つかったのでそこで食べて解散。
楽しかった。

昨日は地元の友達と宅飲みでした。
その前に64のポケモンスタジアムをやりました。
せっかくコンボ決めたものの、ねむるの前に敗れてしまいました。
結構接戦になった勝負が多かったです。
最後はネタに走って一撃必殺技と自爆のパーティーにしたのですが、ハサミギロチンが2回連続で当たるミラクル。これはもうお互い笑うしかなかった。

宅飲みの方では本当にひっさし振りにお酒飲みました。
でも、私はお酒がない方が良いみたいです。すぐ眠くなるから。
350の缶も半分飲んで満足してしまうので、紙パッククラスのお酒があったらいいのにと思う。
つまみの量を間違えて食べ過ぎたので、次やる時は気を付けたい。でも、次は外食にしよう。

そんな感じでお休みを過ごしてました。今週ももう終わるから明日からまた仕事ー。
今週末は奥華子さんの弾き語りコンサート。アルバム聴き込んで挑みます!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Kalafina “9+ONE”」国際フォーラムA公演2days 行ってきました。

2017-06-18 09:04:43 | イベントレポ
月の頭、Kalafina “9+ONE”の東京公演へ行ってきました。

国際フォーラムは行き慣れたもの。
このホールは好きです。

グッズも買い終わっているし、特に見るモノもないので会場内で待つ。

セットリストがこちら↓

・五月雨が過ぎた頃に
・misterioso
・Lacrimosa

-MC-

・明日の景色
・光の旋律
・未来

-MC-

・oblivious
・storia
・五月の魔法
・consolation
・to the beginning

-MC-

・春を待つ
・君が光に変えて行く / believe

・バンドメンバーによる演奏。

・メルヒェン
・Magia
・Kyrie
・heavenly blue
・One Light

-MC-

・in to the world

-アンコール-

・overture ~ 音楽
・blaze

-MC-

・symphonia / 夢の大地


毎度書いておりますが「五月雨が過ぎた頃に」は泣く。

2ブロック目の曲の後のMCで、Kalafina倶楽部で結婚式で流すKalafinaの曲を決めてほしいというメッセージが来たそうでかなり候補が出て最終的に決まらなかったという話がありました。
ただ、光の旋律と未来は推していました。Keikoさんが「未来は明るい曲だよね。希望に満ちていて」というとざわつく観客。そして「曲と歌詞だけだったら明るいでしょ?」と訂正。
確かに、まど☆マギはラストがハッピーエンドとは言い難い作品だけど、曲はとても希望に満ちているから曲だけで見たらとても明るい曲だと思います。
私もその回を聴いていたのですが、確かに挙げたらキリがないくらいKalafinaの楽興の中には結婚式に合う曲が存在しますね。
歴史秘話ヒストリアの楽曲からファンになった方も多く親子3世代でKalafinaの曲を聴いているという意見もいただいてるので、身が引き締まるとKeikoさん。
確かにアニメだけの活動ではないからいろんな場所からKalafinaの曲を知った方は多そうですね。

9年間で変わったこと変わらないものという問いに対して、Wakanaさんが造語の曲を歌うこと、造語のない曲なしでは歌えないという意見。
造語はKalafinaになくてはならないものかなって思います。ない曲もあるけど、やっぱりあると雰囲気がガラッと変わりますし。

アルバム「consolation」では立って聴きたい人と座って聴きたい人とで分かれると思うというKeikoさん。確かに幾つか公演を観て、座っている人と立っている人で分かれる曲が多かった印象を受けています。
それに対してWakanaさんは「立ったり座ったりしたらいいんじゃないでしょうか」と斬新なコメント。完全にスクワット状態ですね。
KeikoさんとHikaruさんはロックな感じになっていくけど、Wakanaさんは自然体でいることが多いということに対してもWakanaさんが「クラシカルだけど、ロックに引っ張られてはいる」という意見。
そこから生まれたロックとクラシカルを組み合わせた「ロックラシカル」という言葉が誕生。略して「ロックラ」

「to the beginning」の時、HikaruさんがWakanaさんの手を取るシーンがあり、そこが歌詞とリンクしていてグッときました。
ステージが進むにつれ、Keikoさんも時折2人の肩を抱いたりして、歌う姿が見られました。自由な感じが好きです。

believeのアコースティックバージョンがまた聴けるとは思いませんでした。イントロが始まった瞬間この曲なんだっけ?ってなったけど、歌が始まった時、衝撃が走りました。
昨年の春のアコースティックツアーで歌って以来だった。早く音源化をしてほしいところ。今年はアコースティックアルバム出すのかな。
今回のツアーのセトリにはbelieveなかったから凄く嬉しかったです。

恒例のHikaruさんのグッズ紹介コーナー。
ペンケースの説明をスクリーンを使って紹介。リポーターのようでした。
後はパンフレットの説明ではいつも通りポージングの説明。
スクリーンでWakanaさんとKeikoさんがワイプになったりとちょっとした演出もありました。通販番組のようでした。

後、オブジェの説明では衣装について。衣装を引っ張り出した時、どれが誰の衣装だかわかったとのことでした。
終演後に近くで見てみたら迫力ありましたねー。

そして、結成10周年記念で武道館でのライブが決定したそうです。
いつもはライブハウスだけど、10年目はたくさんの人と過ごしたいとのこと。
当日のセットリストに繁栄される楽曲投票もあり。
行きたい、絶対行きたい!平日だけど関係ない。休み取って行くし!
前回のライブでリベンジしたいってKeikoさんが言ってたからチャンス到来ですね。

今回の席は35列目という後方辺りだったんですけど、2日目は前の人が本当に盛り上げにいく曲以外では立たなかったのですごく快適でした。「oblivious」座りながら3人を見ることができました。
東京公演両日ともKalafinaの音楽に癒されました。楽しい時間を過ごせました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume FES!! 2017 行ってきました。

2017-06-14 20:11:54 | イベントレポ
先々週の金曜日。午後にお休みをいただきまして、幕張メッセに行ってきました。1か月半ぶりです。



Perfume FES!!やってまいりました。

とりあえず館内に入って荷物を置いて会場内へ。
Bブロックだったのでステージが近かったです。

電気グルーヴは曲の予習を全くしていなかったんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです。とにかく踊りました。

ピエール瀧さんがステージを歩き回って
ふざけながらたまに歌い
時折卓球さんが前に出て歌う。
このスタイルがずっと続く。
これでステージ盛り上がるって凄いなって思いました。飲み掛けのペットボトル投げたり、投げキッスしたりとフリーダムすぎるパフォーマンス。DJスタイルだからノンストップだし、いつまでもこのステージを観ていたいって思った。電気グルーヴでここまで楽しめるなんて、なんでもっと早く気付かなかったんだろう!

Perfumeのステージになると一気にファンたちが前に押し寄せる。ぎゅうぎゅう詰めになった。

・TOKYO GIRL
・I still love U
・FLASH
・Magic of Love
-MC-
・宝石の雨
・いじわるなハロー
・GAME
・エレクトロ・ワールド
・P.T.Aのコーナー
・Party Maker
・Puppy love
・チョコレイト・ディスコ

現在・過去の曲をまぜまぜしたセットリストでした。ようやく「TOKYO GIRL」を観ることができた。彷徨うような振付は見惚れてしまいます。
スタンディングってことで結構ちかくで3人を見ることができました。だけど、周りがおじさんばかりで加齢臭がきつかった^^;今回の客席は40代の方が多かったようで。
終演間際で後ろに退散したら、そっちの方が見やすかった。うーん、前に行って盛り上がりを重視するかステージの見やすさを重視するか。悩むこともなく後者ですね。3人のステージを観に来ているので。
今度からスタンディングになったら後ろに行こう。
憧れの電気グルーヴさんとの対バンにテンション上がりまくりの3人はすごく生き生きしていました。元気を貰えました。
FESの見どころであるコラボがなかったのが残念でした。観たかった…。次は実現してほしいところ。
だけど、その代わりに「チョコレイト・ディスコ」が聴けたので良かったと言えば良かった。前回のライブで聴けなかったから。
終演後は即効で駅へ急ぐ。終電なくなる寸前だったので結構冷や冷やモノでしたね。
秋にも別のグループとの対バンをするそうで。行けないけど、誰が来るのか楽しみ。
今年は単独ライブやらないのかな…。待ち遠しい。
久しぶりのPerfumeのステージを観て、また家でBDを観直そうと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加